文庫本「論語と算盤」、やっと読み終えた・・・

2017-03-21 14:27:37 | 日記
『道理は天における日月のごとく、終始、昭々乎(しょうしょうこ)として毫も昧(くら)まさざるものであるから、道理に伴って事をなす者は必ず栄え、道理に悖って事を計る者は必ず亡ぶることと思う。一時の成敗は長い人生、価値の多い生涯における泡沫のごときものである。しかるにこの泡沫のごときものに憧憬(あこが)れて、目前の成敗のみを論ずる者が多いようでは、国家の発達進歩も思いやられる。宜しくその様な浮薄な考えは一掃し去りて、社会に処して実質のある生活をするが宜い。苟も事の成敗以外に超然として立ち、道理に則って一身を終始するならば、成功失敗のごときは愚か、それ以上に価値ある生涯を送ることができるのである。況(いわ)んや成功は人たるの務めを完(まつと)うしたるより生ずる糟粕(そうはく)たるにおいては、なおさら意に介するに足らぬではないか』(「論語と算盤」最終節)さすがに渋沢栄一翁の訓話、小生にとって読み下しも難解、だが内容は読み応え十分、文庫本の一章一節を理解しつつ読んで約7日間掛かってやっと読了。きょうの楽しかったことは、○「論語と算盤」を読み終えたこと、○小雨の中を黙々と日課歩数を達成したこと、○納豆、豆腐、味醂干し、アサリの佃煮、ブロッコリーなど健康食材中心、ウマかったことだ。(12,660歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池田はいい街だなぁ~とあら... | トップ | 勝たなくてもよいが、負けな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。