IT技術駆使の戦争=兵士が現地に出動しない?

2017-07-23 13:48:10 | 日記
約1週間前の早朝から家人が運転する車の後部座席に小生とリズンが乗っかってドライブ散歩、(糞尿の習慣がついている)動物病院の駐車場やお気に入りの近くの公園を廻る。家人のアイディア、リズンの心臓数値が標準値×2倍の高さと判明したことで「無理をしないで散歩させよう」と彼女の思いやりから生れた小ルーティンだ。帰宅後は、いつも通りの小生の行動ルーティン(リスニング&ウォーキング)と行動パターン(朝食~朝ぶろ入浴~TV「サンデーモーニング」鑑賞~日経朝刊記事チェック)を実行。それから、今日は映画の日。映画(DVD)『アイ・イン・ザ・スカイ』(英2016年 ドローンを使い、戦場から遠く離れた場所で進められる現代の戦争の闇を描く軍事サスペンス。罪なき少女を犠牲にしてまでテロリストを殺害すべきかという究極の決断を通し、真の正義やモラルを問い掛ける作品)を鑑賞した。IT技術を駆使した近年の戦争は軍事型のドローンをつかって、ピンポイントで標的を抹消することができるので兵士が現地に出動しない戦争が増えてきているんだなと映画から学んだ。そういえば20~30年後には弾道が直線から角度付となると某誌で読んだ。さらにAI(人工知能)戦争も想定されている、まるで映画そのものだ。きょうの楽しかったことは、○朝の小ルーティン、リズンの元気快復しつつある姿にちょっと安心できたこと、○IT技術駆使の戦争=兵士が現地に出動しない戦争となる?と気づいたこと、○ランチは梅の花弁当、美味しかったことだ。(10,810歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 趣味の映画2本で終日を過ご... | トップ | 罪悪感という心理は自己の判... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。