リズン(risen)は文字通り“復活”、そうねがう

2017-08-05 17:49:02 | 日記
愛犬リズンの体調不良(子宮蓄膿症)が注射や投薬で3週間余も試みたが、今回はなかなか出血が止まらない。W動物病院N院長(主治医)も慎重を期して評判の良い千里桃山台動物病院K院長に紹介してもらう。そして今日、開院(9:00)の1時間前にリズン共々家族も駐車場でスタンバイ、それでも診察順は3番目だった。15分程度の待ち時間で診察、飼い主への問診、レントゲン撮影、血液検査など手術に耐え得る体調なのか否かをK院長は診られたようだ。丁寧な説明で「手術に耐えうる」と確信することができたので、正式に依頼した。ただ、麻酔ショック等の発症さえなければ99.9%の手術成功が見込めるとも聞いた。手術日は明日の午後と予定した、善は急げだ。来週は、台風5号が日本列島を直撃しそうだ。名前のリズン(risen)は文字通り“復活”、そうであってほしいと心から願っている。きょうの出来事としては、○リズンの手術日が決まったこと、○家族の思いも一致したこと、○ランチはヒレカツ弁当、ウマかったことだ。(12,070歩)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明治維新期のような英傑はい... | トップ | リズンの手術が無事に終わっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。