goo

プロじゃない?

博多山笠のクライマックス追い山を昨年に続いて今年も見物しました。
朝は3時半起き。

昨年は金曜日でしたからその後に出勤、特に昼からは睡魔との闘いでしたが、今年は3連休初日でその後朝の新幹線で自宅への帰省。
車中で朝食後に爆睡のつもりがこういう時には意外と眠くならないものです。

10時頃に自宅に着きましたが、その後は待ってましたとばかり雑用がありました。
さすがに昼からは睡魔に抗えずに昼寝しましたが、さすがに午前3時半から長い1日でした。

さて帰省の新幹線車中でのこと。
始発の博多からヴァイオリンケースとスーツケースを抱えた女性2人組が乘ってきました。
連休を利用してどこかへ遠征でしょうか。プロかなアマチュアかな・・・

彼女たちはひとしきり荷物の処置に迷っていましたが、結局スーツケースを上の棚に上げて、ヴァイオリンケースは足元に置きました。
オヤジの感覚はどちらかと言えば逆です。

しかも彼女たちは2つのヴァイオリンケースを床に横に並べて置き、通路側の女性のケースは通路にアタマがはみ出て・・・。
車内販売のカートが通り切れないところで気付いたようで、はみ出しは無くなりましたが足元に横置きしたままでした。
こりゃプロの方ではないな。

他人事ながら、しばし気になっちゃいました。
彼女達が通路挟んで1列後ろの座席だったこもありますが、無雑作に置かれたケースばかりが気になっていて、彼女達のご尊顔をちゃんと見ていないことに気付いたのは、オヤジが先に新神戸で下車してからでした。(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« このまま進む... ど根性 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。