goo

基本中の基本

時に「まさか・・・」と思えることが起きます。

最近、仕事の上でも基本中の基本ができていないことによる「まさか・・・」が起きたばかりだったので、この記事に反応してしまいました。

新聞記事なのでテキストそのままの言質とは思いませんが、「観光放流は今回が初めてだった。下流に伝えるべきだった」って・・・おいおい。

通常の2倍の放流量を流したら何が起きるか、シロトでも想像できます。

ダムの関係者が放流量を増やす時に下流に知らせるのは基本中の基本のルールではないのでしょうか。

「まさか・・・」と驚き、そしてその呑気さに唖然としました。

 大事に至らずにホント不幸中の幸いでした。
😒
----------------------------------
<ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡なし 新潟>
ヤフーニュース 朝日新聞デジタル配信 https://headlines.yahoo.co.jp/ 2017年6月18日

 新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。

 県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の様子を近くで見せる「観光放流」をした。その後、高まった貯水池の水位を下げるため放流量を通常の2倍以上に増やしたが、下流への事前連絡やサイレン警告などはしなかった。

  男児は流された直後に公園職員らが浮輪を投げるなどして救出され、母親は100メートル流されて自力で川岸にたどり着いた。男児はひざにすり傷を負い、母親は低体温症と診断された。通常30~40センチの現場の水深は、事故時は85センチほどあったという。同課は「観光放流は今回が初めてだった。下流に伝えるべきだった」と話す。(岩波精)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 峠の釜めし その席は・・・ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。