goo

日中相対して睨み合い

福岡空港しかり那覇空港しかり、管制官の方が本当によく捌いているなと感心するくらい1本の滑走路で離着陸、そしてゲートと滑走路間の移動の管制をしていると感じます。

だからミスがあってもしょうがないなんてことはありませんけど。

それでも飛行機は自力でバックできませんから譲り合いたくても譲れない、日中相対して睨み合ってしまったというわけですか。。。(笑)

睨み合うまでで衝突には至らず本当に良かったです。

衝突と言わずとも接触してしまったら洒落になりませんからね。(爆)

----------------------------------
<管制ミスで27便が遅延=航空機同士対面、動けず―那覇空港>
ヤフーニュース 時事通信配信 https://headlines.yahoo.co.jp/ 2017年5月19日

 19日午後2時30分ごろ、那覇空港(那覇市)の誘導路で、仙台発の全日空の旅客機1863便(ボーイング767型機)と、上海行き中国東方航空の旅客機2086便(エアバス321型機)が向き合う状態になった。

 管制官の指示ミスが原因で、27便が最大約1時間遅延した。乗客乗員にけがはなかった。

 国土交通省那覇空港事務所によると、管制官が離陸前の中国東方航空機に対し、誤った待機場所を指示したことが原因。着陸して駐機場に移動しようとしていた全日空機と誘導路で対面状態となり、両機は約40分間、動けない状態になった。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« マイノリティー メッキが剥がれる »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。