OBU 日本ミツバチ倶楽部 :大府の丘陵に四季、花を咲かせて和蜂達と遊ぼう。

春、和蜂の大軍団飛来、感動!
夏 休み
秋、蜜を少し頂く、感謝、感謝
冬、巣箱を作って養蜂談議、自然と遊ぶ会です。

アカリンダ二と戦う

2017-05-05 17:46:24 | 倶楽部便り

○自宅庭のアカリンダ二被害の経過

5月5日、前回から10日 徘徊も無くなりかなり蜂数が増えています。

もう大丈夫だと思います。

同じ時期に発生していた倶楽部メンバーのアカリンダ二被害の二群も復活の兆し。 

百均で買った50㏄のスプレー容器に蟻酸50%を入れる。

師匠に教わった蟻酸スプレーが抜群の効果か?

下4月25日 復活の兆し

 

下4月4日、前回から二週間、さらに蜂数が減っているようです。

 

下3月20日、1月19日に徘徊を見てから二ヶ月後の巣箱内部

年初では二本の針金も見えず軽く一万を超す蜂数が今はご覧のとおり

下の写真、入り口でウロウロ

毎日、塵取りで集めてオリーブの木の下に蜂塚を作っています。

寒さで蟻酸が気化しませんでしたので強制気化です。

これ以上蜂数が減っては持ちません毎日ドライヤーを当てるつもりでいます。

熱い風は当てません、4月までが勝負でしょう。

今、倶楽部内で3群がアカリンダ二の被害にあっています。

同じような蜂数だと思います。

全部助けるつもりでいます。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年春の金稜辺 | トップ | 巣箱のリフター試作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。