OBU 日本ミツバチ倶楽部 :大府の丘陵に四季、花を咲かせて和蜂達と遊ぼう。

春、和蜂の大軍団飛来、感動!
夏 休み
秋、蜜を少し頂く、感謝、感謝
冬、巣箱を作って養蜂談議、自然と遊ぶ会です。

巣箱のリフター試作

2017-06-29 19:22:25 | 倶楽部便り

庭のアカリンダニ復活群が凄い勢いで増加する。

今年の分蜂を諦めてもらうことも含めて6月になってから2段採蜜しました。

そのあとの増箱では4段が重くて巣箱の下へはみ出した巣脾が増箱に当たって

えぐられて落ちました、腰にも負荷大 年ですねぇ~。 

小型のフォークリフトがあれば楽なのに

 だれか作っている人がいるだろうと思いネットを見る。

幾つかをアレンジして設計図を作りました。

材料は120㎜の杭、畑に有りました45㎜角です。

残りは家にあったは端材

ほぼ設計図通りだが足の踏ん張り部は変更、少し小さくする。

ネット通販に小型ウインチを注文する、2日ほどで届くかな。

もう少しで完成のつもりです。

通販から届いた小型ウインチを取り付ける。

箱の直角を決めるアングルを転用してフォークを作る。

試しに庭の巣箱にセットすると入らない!

巾が25㎜大きい、巣箱台の固定ネジに当たってしまう。

最近チョンボが多いのですわ、物忘れもしょっちゅう。

次の日、畑仕事を終えてから手書き設計図からやり直し

25㎜小さくしました。

 箱の寸法も複数あるのでそれにも対応したい。

アングルを使ってアダプターを作る。

また問題発生、金具の幅が大きすぎる

重箱の連結材に当たってしまう、どうしょう

脱着式で二個作りました、統一したいのですが2群が入居中

庭の巣箱でテスト

少し前にたわみますが良好な作動でした。

この写真どうなっているんだ? さっぱりわからん と言われる。

下から2番目の取っ手部分にフォークを入れています。

できるだけ上部にフォークを入れて安定性を上げます。

巣箱の連結はガッチリが条件です。

巣箱台の鋼管にリフターを載せます。

ブロック台も280㎜以上の間隔があれば使うことができます。

 

蜂球捕獲箱や巣箱の中蓋など作りましたので何時か投稿したいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカリンダ二と戦う | トップ | 予期せぬ来訪者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

倶楽部便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。