ビーケア訪問看護リハビリステーション

看護のお悩みを個々にお聞きしながら共に寄り添い、負担を軽く出来るようにスマホなどを活用する新しい形のステーションです。

食事療法されている利用者さんのお話

2017年04月20日 15時42分19秒 | 訪問看護について

道端にタンポポがきれいに咲いていたので撮ってみました!
すっかり春になりましたね~


さて、本日ご紹介させていただくのは、
慢性腎不全、緑内障による視力低下のある独居の70代男性です。
週1回の訪問看護が入り、体調確認、腎不全食事療法の相談対応、
コミュニケーションによる精神的支援をしています。

家事、調理はヘルパーさんが入っていますが、利用者さんに食事療法の知識があるため、
ヘルパーさんと相談しながら食事療法をしています。



食材の買い出しもヘルパーさんにお願いしているのですが、
どこのスーパーに何が売っているのかわからず、ありきたりなものしか買えないため、
最近は食事がマンネリ化してあまり食べれなくなっていました。。。

そこへ私たち看護師が介入し、どのお店にどんな商品があるかをお伝えして、
そこからどんな調理ができるか、どのおかずが食べられるかをよく相談した上で
腎不全に適した食事メニューを提案させていただきました。
メニューの幅が増えたことで利用者さんにとても喜んでいただくことができました

私たち看護師は一般的な食事療法を知識としてお伝えすることができます。
その知識をただお伝えするだけでなく、利用者さんが何を望んでいるのかを一緒に考えることで、
オンリーワンのオーダーメイドサービスとして、利用者さんの満足度がUPするケアができると思います。

ビーケア訪問看護リハビリステーションは利用者さんにとってオンリーワンのケアができるステーションです。
『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リハビリページをリニューア... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。