Be Chair 七飯Salon

ココロとカラダが喜ぶ sweets & salon Be Chair です!!!

不完全を愛する

2017-05-14 13:24:40 | salon







                                  


昨日、数のレッスン4、終了しました~
長年通ってくださっているクライアントさんたちと
久しぶりにお会いしてうれしかったです


みなさん、日々のいろんな体験の中から、たくさん学ばれていて、
発言される言葉の数々に
気づかされることも多々ありましたよ。


そのうちのお一人は1年ぶりの再会!
帰りにポツリと
「わが家に帰ってきたような気持ちです」
と言っていただけたときには、
このお仕事をやっててよかったな~
としみじみ思いました。


いつでも、帰ってきてください
そのためにこのサロンはあるのですから


それ以外にも、最近、
長年通ってくださっていたクライアントさんたちから
お久しぶりにご連絡をいただくことが大変多くなっております。


先日はTさんからお電話をいただきました。
「あら。久しぶり。元気だった?」
外で電話をかけたので、
車の音がうるさかったのですが、
よくよく耳をこらして聞いてみると、
電話の向こうで泣いていらっしゃいます


「ええええ?
どうしたの~??」と私。


するとTさん、
「長年のわだかまりが消えて、
久しぶりに会った母と妹に対して苦しい感情がなくなってたんです~」
と。
どうやら、うれしくて泣いている模様


「あれ~
良かったね^^」


Tさんはこれまで、ずっとお母さまと妹さんに対してインナーチャイルド(傷ついた自分)がいて、
お母さまに会うと、愛されていない自分を感じて苦しく思われていたのです。
それはいくらなくそうと思っても、
決して消えない感情でした。


毎年故郷から母親がやってくるたびに
すごく傷ついた自分に向き合わなきゃいけない。
だからうれしい反面、センシティブになって、
素直になれず、会うたびに苦しい気持ちがあふれていたんですね。


Tさんから、電話の後にもらったメールを紹介します。
(Tさんに了解済みです)


「今回も、ママ、妹の訪問がございました。
今回も、気が重く、来る前のメールもらった文章でも、ざわざわ
でも、今回の目標は穏やかに〜

無理かなって思ってたんですが、
なんと、なんと、本当に穏やかに時を過ごすことができました。

今日お見送りして来たのですが、こんなに穏やかにバイバイできて、嬉しくて嬉しくて
帰りの車で嬉し泣きしてました。

色々思い返して、コーチングしてもらって手紙書いて、向き合って、ここまでこれたのは
ともこさんのサポートのおかげです。

いつも、寄り添って、信じてくれて、暖かく見守ってもらって、ありがとう。
こんな日が来るとは思わなかったから
本当に嬉しくて、帰りの車はセラフィムの伝授後のようにみたされて、帰りに神社にありがとうを伝えに行っちゃいました。

でも、まだ課題もあって、素直にありがとうが言えない。
もうちょっと整理して、時がきたら妹にもきちんと謝ろうと思います。
それができたらこの課題はクリアかな。

これを体験できて、やっと人の本質をみなさいということがちょっとわかった気がします。
そのイライラの裏側みたいな
まだまだですがちょっと成長できた気分で
とってもうれしいし、自信になりました。


本当に本当にありがとうごさいました
セラフィムもまたよろしくお願いします



Tさん、本当によかったですね~


うふふ。
それにしても、Tさん、一つ終えたら、もう次の課題について考えています。
素直にありがとうが言えなかったのが後悔だったんですね~


でもね。
それでいいんです。


物事はカンペキにはいかない。


そんな何かに欠けている、不完全な自分こそ、
愛すべき自分なのではないかしら?



今は穏やかに過ごせた自分を手放しでほめてあげること、
シンプルにそれでいいんですよ~


そして、まだ完全に癒されきっていない自分も、
手放しで受け入れ、許してあげる。


ありのままを受け入れるのです。


私たちは日々カンペキを目指して、
必死でひた走ります。
失敗やカンペキでないことが許せない。
小さなことでも、ネガティブを嫌います。


でも、この世の中でカンペキなモノなんて、そうそうありません。
もともとこの地球は、光があれば影がある、太陽が出れば月も出る。
成功があれば失敗もある。
陰と陽のまじりあう、不完全な要素でできているのです。


人も同じ。
素晴らしいところもあれば、ダメダメなところもあって、
それが人間。それが人生。


常にカンペキを目指す、
そんな途方もない努力に時間と労力を奪われ絶えず緊張するより、
不完全な自分を許しながら、
それでいて一歩一歩魂を成長させていく。
光に向かって進んでいる、そのプロセスこそを楽しんでみる。


それでいいのでは?


ほら、昔の日本のお城もね、
築城の際に、カンペキに作ると縁起が悪いから、
わざと瓦をひっくり返して不完全な失敗の部分を作ったりしたというでしょう?


何もかもカンペキにみえる人は、憧れるけど
ちょっと近寄りがたいでしょう?


すべてカンペキにしつらえた住宅展示場のモデルハウスは
美しいけど、落ち着かない。


不完全って、案外いい感じ


日々の現実のなかの不完全さを愛してみる。
自分の中の不完全さを愛してみる。


すると、世界はもっとやさしくなって、
居心地がよくなることでしょう


そして、実は不完全な現実こそが、
大いなる流れの中では、カンペキだったりするんですね


不完全、バンザーイ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Let's グラウンディング! | トップ | パソコンが!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。