Be Chair 七飯Salon

ココロとカラダが喜ぶ sweets & salon Be Chair です!!!

歌の力♪

2016-10-12 17:10:10 | lesson



                





今日は、ゴスペルサークル『リトルグレース』の日。
私、はりきって、45分前に家を出たのに、
ついたら遅刻(爆)
なんでこんなにかかるの~??


どうやら私は、相当の方向オンチらしいです(泣)
みなさんに「どうしてそんなにかかる?」と言われ、
私、そういうの苦手なんだな~と自己認識。
次回は50分前に家を出ます(涙)。



今回は新しい方が参加されていて、
また新鮮な会になりました
はじめに、みんなで輪になって自己紹介。



近況などを話し始めたのですが…
その近況がみなさん、ドラマチックで。
それぞれの人生のストーリーが満載で
どのお話も楽しくてすばらしくて、
(もちろん大変な部分も含めて)


自分のファンの歌手の話とか、
あだ名の由来になっている昔のTV番組の話とか、
びっくりするような人生の流れに乗っている話とか、
一人旅を満喫した話とか、
お仕事で一歩踏み出した話とか、
今までやってきたことがすべて点が線でつながった話とか。


Tさんのチャネリングの話とか、
魂の言葉を聞いたHさんの話とかも
盛り上がりましたね!(←歌はどこいった?)


こんな感じで自己紹介が進むにつれて、
なんだかあたたかく、純粋なエネルギーに包まれていった感じでした
(参加された方はわかりますよね?この感じ)


私は一番最後で、何を話すか全然考えてなかったのですが、
前のTさんの話が涙ながらで、感動していて、
その流れがふわ~っと自分に来たときに、
気がついたら最近の気づきについてしゃべっている自分がいましたよ。


で、自分でもびっくりしたのですが、
そうしたら、魂かハートがさらにふわっと開いて、
私の目から涙が


これには自分でもびっくり!
「え?私どうして泣いてるの??」
全然泣く気なんてなかったけど、
(しかもこんな自己紹介で)
自然にあふれる涙でした。


そしたら、気づくと
何人かの人が涙を流していて、
それにもびっくり??


「あれ、私のことなのに、
なんでみんな泣いてるの?」


きっとその方たちの中に、
私の感じた何かが触れたのかもしれません


自分のことを正直にシェアすること、
そしてそれが輪のようにつながって、
だれかと一緒に涙を流すことのすばらしさ


たかが自己紹介なのに、
ハートがふれ合って、
一人一人が楽しいことも苦しいこともシェアする中で
みんなが文字通り輪になっている感じが、
すごく不思議で神聖な時間でした


そのあとの歌の練習と言ったら!
もう『アメージンググレース』は文字通り、神聖なメロディーになってて、
ピアノ伴奏も荘厳な感じを醸し出して、
すごく気持ちよくて楽しかったです!


あの自己紹介があったからこそ、
感動する『アメージンググレース』になったような気がします。


しかも新しく参加されたMさん、
すごくパワフルな歌声で、
みんなびっくり!


来月にはさらにお友達を連れてきてくださるようで、
その方も楽しみです!


ピアノ練習を一生懸命がんばってやってきてくださったTさんにも
感謝です
ピアノがつくと、こんなにも歌が別物になるんですね~


『糸』や『はなみずき』など、
親しみやすい歌も楽しんで、
声が枯れるほど歌いました


なんだか、歌を歌うことに、
みなさんの人生が重ね合わさって、
さらに深みが増します


今日は、あの自己紹介とピアノ伴奏のおかげで、
歌がさらにすばらしい癒やしの力となって
心に響いてきました。



最後に、海をバックに写真撮影!(はずかしいのでちっちゃくね)
写ってない方もいらっしゃいますが、
みんなでわきあいあい!


             



来月も練習があります!(まだ日にちは未定です)
クリスマス会までに、また上手になるように
楽しんで歌いましょう
今日もご参加、ありがとうございました~

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなで楽しく♪ | トップ | セラフィムブループリントと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。