華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

「愛国心」はなぜ危険か

2006-09-21 01:23:50 | 非国民宣言(反愛国心・反靖国など)

〈前口上〉

愛に関するメモ――愛国心に興味はない」「愛国心・お客さまコメント(番外)」など、「愛国心」関係のエントリで、コメンテーターの議論が続いている。 さまざまな意見をいただくこと、知識や情報を提供していただくこと、そして活発な議論を展開していただくこと――原則としてすべて大歓迎である。賑やかなのは大いに結構。ただ、ポカンと口開けて横で見ている間に、どんどん話が拡散してきているので、昨日、次のようなコメントを入れた。

【議論のテーマが「愛国心」そのものから少しずつ逸れてきているような気配が……。むろん人権の問題も共謀罪の話も愛国心問題と根っこの所でつながっていますが、それを言えばきりがない。たとえば先日ご紹介した『虫たちの墓』紹介の記事を読み、戦争に関わる問題として東京裁判についてのコメントを入れる――ご自身の感想にからめて軽く触れる程度ならいいのですが、唐突な感じで持ち出してこられたり、コメント欄で東京裁判論争が始まったりするのはちょっと違う気がします。私はせっかくいただいたコメントはなるべく読みたいと思っていますので、あまり広げてくださらぬよう、お願いします(関係ない話が出て来た時に、すぐにストップかけなかった私が悪いのですが……すみません)。】

 これからも、そういうことでよろしくお願いします。愛国心の問題はきっちり煮詰めていきたいと思うので、「国を愛するのは自然なことでしょ」といった粗雑なご意見や、言葉尻を捉えてうんぬんするようなことは御勘弁を。

〈愛国心の定義〉

 愛国心というのは人によって受け取り方が違うので、まず愛国心の定義をはっきりてせるべきだという提唱があった。どんな言葉であれ、その解釈や感じ方は人によって違う。ひとつひとつについて定義づけながら話を進めていかねばならないとすると、もともと言葉に変なこだわりのある私なんざ、それこそ何も書けなくなってしまう虞もあるのだが……「愛国心」に限っては議論の方向性を明らかにするためにも、定義した方がいいだろう。まずは一応、私の愛国心の定義を書いておく。

私が解釈している辞書的定義/ごく単純に「自分が生まれた国、あるいは育った国、住んでいる国等、自分自身がそこに帰属していると考える国」に対して、特別な思い入れ(愛着する心)を持つこと。

(自分の国という簡単な言い方をしないのは、生まれた国、育った国、いま所属している国等が異なる人もいるから。たとえば小泉八雲が自分は愛国心を持っていると言ったら、その対象は母の祖国であり彼が生まれた国でもあるギリシアか、父の祖国であり幼児期から育ったアイルランドか、最も長く生活したアメリカか、それとも最後に国籍を持った日本か。何処でしょうね)

私自身の愛国心の定義/「自らが帰属している(あるいは帰属していると考える)国」に対して、それを特別なものとして思い入れを持つこと。その思い入れの中身は「愛着心」と「忠誠心」の2種類がある。

〈問題は忠誠心〉

 愛着を持つというメンタリティは、誰も否定・非難することは出来ない。子供が「うちのお母さんは世界一すばらしい人」と思ったり、特定の土地が好きで好きでたまらなかったり、伝統芸能を大切に守りたいと思ったりすることについては、基本的に(あくまでも基本的に、である)問題はない。

 問題は「忠誠心」の方にある(それはまあ、持ちたい人は持ってもかまいませんけれども)。そして国家に代表される人間の集団においては、しばしば「愛着」よりも「忠誠」が重視される。愛国心なるものの危険性は、そこにある。

 よく「自分の国を愛するのは自然なことじゃないか」と言う人がいる。愛着を感じる、という意味だけならばあるいは「自然なこと」に近いかも知れない。私は愛着心も比較的薄い方だが、それでも日本の文化の中で育った人間として、ヘソの緒でつながっている感覚はある。イヤな国にはなって欲しくない。

 しかし、本当に「ごく自然なこと」であれば、なぜわざわざ「愛する心を育て」なければいけないのか。答えは簡単で、実は自然なことでも何でもないからだ。前にも書いたような気がするが、誰も絶対に立ち小便や違法駐車するわけない所に「立ち小便禁止」「駐車禁止」の張り紙などするわけがない。そういった張り紙があるのは、そこでする奴がいる、という証拠みたいなものである。「愛国心教育」の必要性を声高に叫ぶ人々がいるのは、自然に任せていては生まれにくいものだからであり、その場合の愛国心の中身は間違いなく忠誠心の方である。

 コメント欄で「アメリカでもドイツでも国旗に礼を払うのは学校で教えます。国家ならば当然の行為でしょう」と書かれた方がおられるが、そう、まさにその通り。国旗にせよ国歌にせよ忠誠心を養うための小道具であり、だから私はいかなる国のものであっても国旗や国歌は好きになれないのだ。

〈忠誠心にNOを〉

 忠誠心というのは相手が何ものであれ、その相手だけに捧げられる(あなただけを愛する、というやつだ)。そして、忠誠を誓った相手のために、彼の敵を滅ぼすことに情熱を燃やす。忠誠心は一面美しいものであるらしく、王に忠誠を誓ったり、帰属集団に忠誠を誓って華々しく戦いそして死んでいった英雄達の物語は世界中に枚挙のいとまもないが、一歩下がって見てみれば「何だそれ」でしかない。忠誠心に燃えた人間達同士が殺し合って、いったい何してるんだ。いや、本気で忠誠心に燃えている人はいいとしても、巻き込まれて犬死にしたり家を焼かれた人間はどうなるんですか。

 愛国心、などという曖昧な言葉がいけないのかも知れない。いっそ「忠国心」と言っていただければ、わかりやすいと思うのだが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご一緒に「いくじなし宣言」... | トップ | 祝・「国旗・国歌」学校強制... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
愛国病のメリット (愚樵)
2006-09-21 05:36:15
華氏さん、おはようございます。



愛国心は一種の病気のようなものでしょうか。伝染性の病気です。シンタロウやシンゾウはその感染源ですが、その病気に対して免疫力を持った人もいます。「いくじなし宣言」なんて非常に優れた免疫でしょう。



伝染病は体力のない人に感染しやすいものですが、愛国病も同じ。心が弱っている人が掛りやすい。この病気は致死率がかなり高い病気ですが、困ったことに感染すると快感を感じるようなのです。興奮状態に陥る。心が高揚して強くなったように感じるらしい。だから患者は自ら積極的に治療しようとしない。



この患者たちに「愛国心は必要ない」なんて冷や水をブッ掛けたって効果なし。ますます興奮する。罹患してからだと免疫もダメ。今のところ、特効薬なし。

この病気を治療するには、栄養をつけて基礎体力を向上させるしかないようです。心の基礎体力。一昔前までは、いろいろな「共同体」があって、皆そこから栄養を吸収して心に基礎体力がありました。

真の愛国心とは? (眠り猫)
2006-09-21 08:14:45
 こんにちは、華氏さま。

 実は、私も昔から持っているブログで、「愛人心」と言う言葉を使ったことがあります。

 愛国心とは、各人の内心の問題であることは間違いありません。私は、愛国者であると自認しています。

 しかし、その中身は、家族を、友人を、そしてこの日本の山河と文化を愛する気持ちです。

 決して、誰かから、考え方を押し付けられるべき問題ではありません。

 アメリカの手先となって、集団的自衛権のもと、他国に軍隊を送り、殺し殺されすることは、私にとって、愛国の範疇に入りません。



 「愛国」を呪文のように唱えたり、人に押し付けようとする人たちは、自分達の概念に従わない人を、「非愛国者」と非難します。

 まるで、オウム真理教で、上位の者に逆らった信者に、「信仰心が足りない」と言って、懲罰を科したのと、なんら変わりがありません。



 また、ドイツにおける、ネオナチの言動を見てわかるように、自ら確固とした愛国心や、理想をもてないレベルの人は、愛国=他民族排斥という行動に出ます。

 今のネット右翼の、根拠の無い、中韓への誹謗中傷などは、自らが誇るものを持たない人間が、無理やり他者を貶めて、自己満足の疑似優越感に浸るだけの未熟な考え方です。



 上記のように、愛国心は、人に共用されるべきものではない、個々人の内心の問題ですし、他者を貶めることで成立するものでもありません。

 私は以上のように考えます。

 また、愛国心は、全員が持つ必要もありません。アメリカ文化にあこがれたり、アジア文化に魅せられて移住する人などがいても、それは各自の内心のことですので、全く問題ありません。

 ではでは。
愛国心の次 (赤白だすき)
2006-09-21 13:25:34
初めてブログなるものにコメントさせていただきます。

 愛国心の強制の次に来るものとして教育基本法の改正を危惧しています。この教育基本法の改正から憲法改正そして徴兵制への流れがあるように思えてならないのです。仮に徴兵制でなく、志願制だとしても誰が志願するのでしょう。それは、愛国者ではなく貧困層(私もその中の1人)でしょう。大きな流れとして、格差社会を作り大多数の「負け組み」をその予備軍として作り出しておくと思われてなりません。

 なお、私も「いくじなし」の一人に加えていただきたいと思います。
国旗・国歌強制に違憲判決 (Looper)
2006-09-21 17:07:07
当然ではありますが、画期的な判決が出ましたね。

http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200609210287.html



愛国心の強制は思想・良心の自由を保証した憲法に違反するいう至極まともな判断ですね。

ただ分からないのは (トントン)
2006-09-21 20:41:35
国歌・国旗は法制化されたんですよね? 式典で国歌を歌ったり国旗掲揚をしたりすることに抵抗するのはなぜなんでしょうか?ごく自然なことに思えるんですが。 その辺りの違和感が右傾化した若者の日教組批判とか杉並区を中心とした扶桑社教科書採用とかを生む地盤になるのかなぁ、なんて考えます。 安倍総裁誕生の翌日に地裁判決が公表\されると、安倍支持層への勢いづけになる気もして、反対に心配しています。たかが地裁、今後の判決が心配です。 統制・強制は認めぬけれど、国旗国歌をないがしろにする姿勢も賛同しかねる私がいます。 他国で国旗が焼かれる映像を観れば快感は感じないし、かといって祝祭日に旗を掲げる習慣もありません。 それは皇室関連についても同じで、象徴天皇家を受け入れつつ、皇紀うんねんたる思想解釈はおかしいと思う私です。
もうひとつ (トントン)
2006-09-21 21:00:27
華氏さんのエントリーと皆さんのコメントから学ばせていただいております。 ちなみに、息子が中学生の時、国歌校歌を歌わぬクラスメイトがいました。偶像崇拝を認めぬ宗教心からだったそうです。個人的にはそれでもかまわないと思います。 一方、卒業式に起立しないで下さいと叫んだ人は出席者に強制していることになりはしないか。もちろん、ビデオを提出させて厳罰主義で臨む都教委は権力を盾にした強圧的強制で、これも認められない。 田舎ではごく自然に国旗校旗を飾り国歌校歌を歌う式なもんで、その辺りの緊迫感が分かりにくい感じがします。 ご伝授いただけたらm(__)m
服国心というところでしょうか (luxemburg)
2006-09-21 21:37:26
出来の悪い親が「子供が親を敬わないのはおかしい」というと要するに悪い親でも服従せよ、と意味でしかなく、実際戦前はほとんど誰も愛国心を持っていませんでした。そうでなければ捕虜になった途端に味方を平気で売るヤツが続出するわけがありません。強制されて従わされ、命をとられていただけです。戦争なんてみんなそうだ、という意見もあったようですが、国が崩壊してもゲリラ戦を戦って郷土を守ろうとした人はたくさんいます。日本の愛国心は偽物なのです。

 要するに「郷土」だの何だのをだしにして服国心を強制したい、ということでしょう。愛国心をいう人たちに、では戦前の愛国心教育をどう評価しますか、と聞いてみたいですが、政治家たちはあれを模範としているようですね。

 ところで「和をもって尊しと・・・」の「和」ってその時の使い方は、服従という意味らしいですね、しょうがないですね、いつの時代もごまかして。

 そんなことより、麗子のことよろしくね♥。

Unknown (久々)
2006-09-21 22:28:23
私の定義する愛国心は「日本を良くしたい」ただそれ一つ。

華氏さんたち左翼は「愛国心」は皆を強制するものだといいますけれど、憎むべき相手は「愛国心」という道具を使い、国民を振り回す政治家などでしょう。

「愛国心」も、例えが悪いかもしれませんけど、鋏と同じ。

使い方、捕らえ方によって良くも悪くもなるものだと思いますが。



>忠誠心

ようは、信頼の強くなったものでしょう。

私はこういう物は好きですけどね。



今回の都教委通達は地裁、高裁の判決はあくまで参考かな。

絶対に最高裁に行くことが目に見えてるし。

靖国の時も結局そうだったし。
日本を良くする、とは、具体的には... (村野瀬玲奈)
2006-09-21 23:57:41
「日本を良くしたい」という、久々さんからの「愛国心」の定義ありがとうございました。



では、「良くする」ということの具体的な内容について論じることになります。市民のどのような言動が日本を良くすることになるのか、という議論ですね。(今晩はしないけど...。そうすると、議論の前に、「日本を良くする」とは何か、という定義をまたしないといけないかな。)



確認のための質問です。「憎むべき相手は「愛国心」という道具を使い、国民を振り回す政治家など」と久々さんはおっしゃいます。では、久々さんはそういう政治家などを憎む(私の言葉でいうなら「批判する」ですが)と理解してよろしいですか?
「強制」の定義 (村野瀬玲奈)
2006-09-22 00:05:36
「卒業式に起立しないで下さいと叫んだ人は出席者に強制していることになりはしないか」とおっしゃるトントンさん、こんばんは。私の考えを述べさせていただきます。



卒業式に起立しないで下さいと叫ぶのは、要請あるいはお願いではあっても、「強制」ではないと思います。拒むと不利益(減給とか解雇とか意に沿わない配転とか)をこうむるような状況に追い込んだり、権力を背景にした有形無形の圧力を使って無理に従わせることを強制というのではないでしょうか。



「国歌・国旗は法制化」されましたが、「国歌・国旗の強制」は法制化されてないです。
Unknown (メロディ)
2006-09-22 00:48:03
>村野瀬さん!!

>「国歌・国旗は法制化」されましたが、「国歌・国旗の強制」は法制化されてないです。



目からウロコです。そうか、国家が君が代で、国旗が日の丸ということが法律で定められた、というだけのことで、それを歌わなければ法律違反、ということではないんですね。つまり勝手に、世の中が拡大解釈してるってことですね。合点です!ありがとうございました。
Unknown (久々)
2006-09-22 01:31:53
村野瀬玲奈氏

「愛国心」と叫ぶこと自体は別に問題にはしてませんので。

問題自体は政策と、その時の状況かな。



>卒業式に起立しないで下さいと叫ぶのは、要請あるいはお願いではあっても、「強制」ではないと思います。

この前威力業務妨害で逮捕者が出てるんですけど……



そもそも、公務員なんだから国の命令に従うのは当然だと思うんだがな。

だから公務員にはストも許されていない。

君が代反対をやりたいなら、私立にでもいけばいいのに。



http://atsupeugeot.seesaa.net/article/20158620.html

それとこんなのもありましたので。

幼稚園で教育勅語。

いやはや、すばらしい。



http://mondlicht.seesaa.net/article/15351414.html

ちなみに、君が代反対派へレッテルを貼るわけじゃないけど、これは酷いw

カメムシが偵察ロボですか。日本の技術も格段に進歩したものだw

これだけ重症だと君が代どうこうの前に教師としてだめだろw



まぁ、このサイトの下の方も呼んでほしい。

というよりも、君が代ほど平和な国歌は他にないんだがなぁ。

フランスのとかすごいじゃんw

「血塗られた軍旗は 掲げられた」

とか言ってるし。

(無論、俺は好きだけど。カコイイし)
考えてみると (McRash)
2006-09-22 03:05:54
>華氏さま



先日はあたしのUTSコラムに過分な賛辞をいただきましたにも拘わらずお返辞しませんで申し訳ございません。



さて、前回のいくじなし宣言にもTBしようと思いつつ、多忙にかまけてエントリーを書けてなかったので、今回こちらにTBさせていただきました。考えてみますと、愛国心、という言葉には、くにのすがた、について思考を停止させる働きもあるんじゃないか、ということを考えています。こうした面からも、やはり愛国心は危険なんじゃないかなぁと。
Unknown (華氏451度)
2006-09-22 23:14:21
「いくじなし同盟」(!?)のお仲間になってくださる方がおられるふうで、嬉しい限りです。



愚樵さん;

そうか、あれは伝染病だったのですね!



久々さん;

あなたが忠誠心が好きでも君が代が好きでも、私はイチャモンをつける気はありません。それこそ心の問題(笑)。それから平和な歌であろうと戦闘的な歌であろうと、「国歌」というものの存在に私は疑問を持っているのです。何度も言っておりますが。



国家を、社会を、愛して何が悪い (愛国心)
2009-02-10 14:27:28
愛国心の無い政治家は

どこの国の愛国心なら

あるんでしょうねえ(笑)
 少なくとも日本人であればマゾヒスト以外は、大小あれども少しは国を愛すると言う心があると思うのですが? 自分の住む社会を良くしたいと言う心からも一種の愛国心は育まれると思います
しかし…戦後の異常なまでの「愛国心は悪」「日本は悪」と言う教育が、かえって若者を右傾化させてるのも事実だと思いますねえ いい加減気付いたら?

愛地球心? 国を、社会を、愛せない者は地球を愛する資格なんてないんじゃないですか? 

愛中心や愛朝心もいいですが
イデオロギーに染まって日本だけを批判するのなら

どうぞ、あなたの望む自由にそちらの国や
国歌も国旗も政府も無く、愛国心を禁止しているような「クニ」に亡命してみては?

「躾け」の問題 (一知半解)
2009-02-15 15:38:02
華氏451度さん、初めまして。

村野瀬さんの記事「国旗・国歌・国歌意識(「愛国心」)を考えるリンク集」から飛んでまいりました。

華氏451度さんのように、強制反対派の先生達の主張が「国歌」そのものに対する反対なら、問題もややこしくならないのですが、「思想・信条の問題」を持ち出されると、論点がずれて収拾不能になるような気がしますね。

私個人的には、強制する側は、「愛国心」なんてものを押し付けるつもりではなく、集団生活をおくる際に必要な「礼儀」を躾けているだけだと解釈しております。

拙ブログ記事↓でも、そのことについてUPしてみましたので、よろしかったらご覧ください。

・日の丸・君が代強制問題は、決して「思想・信条の自由」の問題ではない。
http://yamamoto8hei.blog37.fc2.com/blog-entry-180.html
おかしなにほんのへいわしゅぎしゃ (さだまさっっし)
2009-06-04 11:27:46
愛国心、愛国心、って騒いでいるのって、日本の左翼ぐらいじゃないの?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
お玉邸にて死刑廃止論大いに語る (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
麗子:ふ~~~やっとたどり着きましたわ。なんて、ど田舎なのでしょう!!ばあや、車酔いは大丈夫?ばあや:はい、お嬢様・・あまりにもくねくね曲がった道で、一時はどうなるかと思いましたが・・まさか、お玉様がこんな車一台が通れるのがやっとの秘境に お住ま ...
何言いたいの?朝日記事『市場生かし食糧安保』 (関係性)
 世界的に健康志向が進み、鳥インフルエンザや牛肉のBSE問題が水産物需要を推し進めていると言われている。これに拍車をかけているのが、経済の急激な伸びを示しているロシアや中国の需要増がある。  事実、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脳卒中等々)やメタ ...
NYテロから5年の世界情勢(長周新聞の記者座談会から) (なんで屋-驀進劇-)
9・11陰謀説・疑惑問題に引続き、第7段を以下記載。 本日取り上げる内容は、長周新聞の記者団の座談会から、 ●主要項目と、本文を一部『 』内に抜粋した。 何故、今回『長周新聞』を抜擢したかというと、内容が真っ当だからだ。  編集綱領では、 ...
スウェーデンは可燃性? (薫のハムニダ日記)
まずはこちらのニュースをお読みください。 スウェーデン総選挙:野党連合が勝利 12年ぶり政権交代 (毎日新聞 2006年9月18日) あれですよ。ほら。 ≪いきすぎた性教育と性差別解消を押し進める「ジェンフリ軍団」は、嫌な男とはSEXしない、自分の身 ...
予想 主戦場は「教育基本法」かな? (みんななかよく)
安倍セイケンになって、どこが最初の政治的攻防の舞台になるかをちょっと考えます。 まあ、運動圏で課題とするところと、国会内で「政局にする」テーマと、マスコミがアジェンダとして設定するところと(今はそんな能力なさそう)、それぞれ差異があるでしょうが ...
「国旗、国家強制は違憲」…当然であるけれど、よっしゃぁ!!(嬉々) (dr.stoneflyの戯れ言)
 都立教職員400人が教育委員会を相手におこした「日の丸、君が代強制は憲法で保障された思想・良心の自由を侵害である」と訴え、勝訴した。  よっしゃぁ!! 当たり前の判決なのに喜びをとめられない。当然のことであるのにクールに記事を読めなかった。それほど ...
東京地裁:日の丸、君が代の強制に、違法判決。 (平和のために小さな声を集めよう)
愛国心の強制やらの、教育基本法の改悪のおそれが高まっている中、画期的な判決が東京地方裁判所で下りました。東京都の教員に、東京都の教員に対して、各種式典において、日の丸掲揚と君が代の斉唱、さらにその際の起立を求め、従わない場合には戒告などの処分を ...
異議があります! (Non-Fiction)
 国旗掲揚時、都教委の教職員への起立強制は違憲…地裁  国旗国歌の強制に対する違憲判決ということで、確かに喜ばしいことではある(地裁なので上でひっくり返される可能性はあるのだが)。だけど、ちょっとだけひっかかるのだよ。それは、 判決はまず、「日 ...
●戦争責任は一体誰にあるのか!? (思想)
第二次世界大戦についての戦争責任論をややこしくしてるのは、恐らく次の点であろう。●欧州と太平洋で発火点がそれぞれ違う事。(勿論、欧州ではドイツであり、太平洋では日本である)●各国の利害関係が複雑であり、多くの事象が複雑に絡み合っている。●戦後 ...
「普通」という思考停止 (徒然気儘な綴方帳)
「日本がアブナイ!」さまへ投稿させていただいたコメントが切っ掛けとなって、今回のエントリーを書いているのだが、思えば、過去にも、想像力の貧困こそが問題、あるいは、考えることをやめてはいけない!、といったエントリーで折に触れて提起していたことと繋 ...
ENJOY 楽しんで! (とくらBlog)
 さっき、打ち合わせが終わって帰ってきたばかりですが、帰る前に小力に寄ったら、昨日、小泉さんを主人公とするドラマをみてしまい、あれはどういうことだ、と大将が怒っていました。お客さんも怒っていて、そこにいた常連さんの某日本テレビ系列の社員さんは、 ...
原理主義と宗教が結合すると気違いになる [再掲載・編集] (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 まだ風邪が治りきってないのですけど,安倍死が関与している統一協会と非常に近いカルト宗教である「福音教会」のバイブル「ID」について,ちょっと紹介。これも半年前に書いた記事のリバイバルです。 ---------------- 知的計画派に打撃、進化論批判の授業見 ...
金木犀の季節ですね (オギノフの肖像)
キンモクセイの香る時期になった。 私の一番好きな季節である「秋」の到来を知らせてくれる。 ひと雨来ると終わってしまう、あの「匂い」の儚さが好きである。 先に書いた「クチナシ」同様、本物の「キンモクセイ」もまた北海道を後にしてから知った。 子供の頃は ...
死刑廃止論について (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
死刑廃止論についての麗子様玲奈はあやさんたちとのお話に、沢山のコメントをありがとうございます。 お玉はお玉らしくしか語れないので、皆さんのような深い考察が出来ていない・・・けれども、被害を受けた当事者の方々以外が「悪」と確信の持てるものにたいし ...
「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」 (観劇レビュー&旅行記と日記)
物騒ぎなタイトルである。  アメリカのネオコン派と気脈を通じる自民党・民主党・外務官僚・防衛官僚が、 国会近くのホテルで、「政策研究集会」を開催し、 「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」 を研究したと言うのである。  これは、「大津留 ...
「君が代」強制は違憲 東京地裁判決 (9/21) (9条の会を応援する有志のブログ)
原告完全勝訴!  憲法と教育基本法に言及する判決   昨日(2006年9月21日)東京地裁は、東京都教育委員会が「日の丸・君が代」を強制する通達を出したことに対して、教育基本法第10条の「不当な支配」に該当するとし、また教職員の思想・信条の自由に反し ...
「出口のない海」  (観劇レビュー&旅行記と日記)
映画 「出口のない海」 を見た。 公式ホームページ 六大学野球の投手であった主人公・並木浩二(市川海老蔵)が、特攻兵器「回天」の乗員に志願し、死に至る心の動きを丹念にフォローした作品である。 実際にあった歴史的事実であり、安倍晋三首相の言うように ...
誇れない議論@愛国心教育 (Muse on Music.)
「愛国心」「国や郷土を愛する」・・・このような文言を教育の目標として教育基本法に盛り込むかどうかの議論が国会で続いている。このような議論をすればするほど、日本の政治のレベルの低さがわかってしまうから、早くやめて欲しいと僕は思っている。 僕は、「 ...
日の丸・君が代強制問題は、決して「思想・信条の自由」の問題ではない。 (一知半解なれども一言申す)
日頃、左翼のブログをオチしている私ですが、この度、村野瀬玲奈の秘書課広報室の「国旗、国歌、国家意識(「愛国心」)を考えるリンク集」...