華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

失って知るもの

2006-12-29 22:21:49 | 雑感(貧しけれども思索の道程)


 失って、初めて「なくしてはいけなかった」と気付くものは多い。失って、初めて「なぜもっと大切にしなかったのか」と後悔するものは多い。

 ひとりの男がいて、異性に夢中になった。わずかの暇を盗んで会わずにはおれず、一緒に飲み食いするものは安いだけが取り柄のサービスランチだろうが、ドトールのコーヒーだろうが美味しかった。そして相手の話す言葉に全身で耳を傾けていた。だが月日が経ち、側にいることが日常になってくると、次第に相手の存在を粗末にし始めた。むろん自分ではそんなつもりはなかったのだけれども。小さなアラが目についたり、もっと素敵な異性が何処かにいるような気がすることもあった。やがて絆が失われ、思い出だけが手の中に残った時、男は自分がいかに無神経だったかが初めてわかった。

 ひとりの少年がいて、両親がもらってきてくれた犬を可愛がっていた。引っ込み思案で体も弱かった少年にとってその犬は一番の友達で、犬と一緒なら淋しい道を歩くのも怖くなかった。時には自分も犬小屋にもぐり込んで抱き合って寝たりもした。だが月日が経ち、上の学校に進学して大勢の友達ができると、次第に相手の存在を粗末にし始めた。雑種で見栄えがしないことが恥ずかしかったりして、ろくに散歩にも連れて行ってやらなくなった。そしてある日、いやいや散歩に連れ出し、公園のフェンスにつないだままで友達と喋っていた時、綱がほどいて少年の方に駆け寄ろうとして犬は車にひかれた。その瞬間、少年は自分がいかに冷酷だったかが初めてわかった。

………………………………

 我々は多くのものを失いつつある。今年はたとえば教育基本法という、我々を守り育て、これからも我々と我々の子供達を支えてくれるはずのものを失った。まるで化粧だけは美しい妖婦に迷って、古女房を追い出すように捨てたのだ。「旧」と冠せられた教育基本法を読み直す時、私はひそかに涙をこぼさずにはおれない。おそらく何年後かに、我々は失ったものの大きさに呆然とせざるを得ないはずだ。我々は――いや、私は守れなかったのだ。その一点で、私は後世の日本人に(日本人というものがいつまであるかわからないけれども)激しく非難されるだろう。

 もうこれ以上、失いたくない。私を愛し、私が愛したものたちを。あと2日で2006年は終わる。年が改まるからといって別に何の感慨もないけれども、来年はもう、喪失の悲哀を舐めたくない。いや、そんな言葉は後ろ向きすぎる。取り戻せ。奪還せよ。私は深夜に独り、決意を新たにする……。



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなたに守ってもらわない... | トップ | 今日から2007年、ひとま... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「絆」と「愛」ですね(笑) (dr.stonefly)
2006-12-30 04:01:57
おはようございます。
前半部分は井上陽水の「限りない欲望」という歌を思い出しました。ニンゲンの駄目な部分ですね。いずれも個人の問題であり、それでもおそらく「彼女」や「犬」を失って「後悔」や「反省」することを暗示している。
個人(少数)の醜悪な欲望が全体(多数)を犠牲にしても、「後悔」も「反省」もされない、期待もできないでしょう。それが今のニポンですね。
そして、仰るようにワタシたちもやはり「大切なもの」を忘れている。
自分をふり返らなければならないのでしょう。

年の区切りなどどうでもいいのですが、特に強く否定する理由もないので……、
華氏さんには、いろいろ教えていただきました。感謝です。
来年もよろしくお願い致します。

再改正の道を諦めてはいけません (あめんほてっぷ)
2006-12-31 17:51:54
まるで未来永劫「旧」教育基本法が還ってこないかのような書き方に違和感を持ちます。あれは法律であって、憲法と違って議会の過半数の可決で再度復旧することが出来ます。「次は憲法」と抜かしている輩もいるようですが、粗雑に改正した法律は粗雑に廃棄してやるべきです。そんな粗雑なやつらが憲法に手を付けるなどおこがましいにも程があります。
劣化することにあらがう・・・。 (こば☆ふみ)
2006-12-31 23:03:32
華氏さま 今年一年有り難うございました。
やっぱり「教育基本法」があっけなく改定されてしまったことがショックでした。不細工でしたがプラカード街宣したりいろいろしてみましたが、正直有効な歯止めがなかったですね。世の中いろいろ劣化してしまったのでしょう。
ただ、多くの連携・連帯の確認もでき、多くの仲間が実際に行動したことは大きな成果だったと思います。来年はそんな動きが実体として潮流を作るところに差し掛かっているを私は感じます。
華氏さんらしい「温かい熱情」をもって!来年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【共謀罪】共謀罪の対象削減 大幅修正与党検討(東京新聞) (散策)
犯行に至らなくても話し合っただけで罪に問われる「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、与党が大幅修正を検討していることが二十九日分かった。提出後四年近く経過しても成立のめどが立っていないためで、修正は、現在の政府案で六百を超えている対 ...
社会と市場 (美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・)
今年を象徴する一文字は『命』だそうだ。我が国の首相は一文字の意味も解らない人物だが、では、私たちが失いつつある言葉とは何だろう。それは『社会』という言葉だろう。それが『市場』と言う言葉に取替えられつつあるのが現代だろう。いや、完全に社会は市場に ...
太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
弁護士の津久井さんのブログで教えて頂きました。 ただいま,ヤフーのサイトで,  Book of the Year というWeb上の投票をやっています。 (→こちらhttp://yahoo-award.yahoo.co.jp/book/43.htmlです。) 見て頂くとわかるんですけど、エン ...
ホワイトカラー・エグゼンプション?? (天賦人権)
厚労省は、一定の年収などを条件に「1日8時間、週40時間」の労働時間規制を撤廃す
イラク元大統領「フセイン死刑執行」 (競艇場から見た風景)
1982年、イラク中部ドジャイルでイスラム教シーア派住民を虐殺した「人道に対する罪」で死刑が確定していたサダム・フセイン元大統領(69)に対して、絞首刑による死刑が30日午前6時(日本時間正午)ごろ執行された。国営テレビが発表した。判決確定から ...
大掃除を終え…、フセイン刑死など (オギノフの肖像)
大掃除に明け暮れた一日だった。 外はいい天気だったが、このくらいはやっておかないと無事に年を越せなそうなので一年の「義務」としてちょっとはね。 まあ、ウィンドウズのパソコンでいうところの「デフラグ」ってやつかな? 掃除と言ってもほとんどは「整理整 ...
死刑制度をめぐる世論 (とむ丸の夢)
  論理を旨とするイメージのある役所で、どうみても道理に合わないことが平然と主張されているのを見て、素人としてその意図を考えあぐね、疑問にとらわれるときがあります。 共謀罪もその一つで、そもそも「国際的
「日本人」ならば,正月の朝食はパンだ!(笑) (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 しょうもない話ですけど,冷蔵庫に食材がたくさん余っているので,明日の朝食と昼食は3割引きを含む菓子パンと蕎麦の余りで済ませようかと思っています。  だって,明日は月曜日なんだもーん!(笑) 意識の上には「正月」なんて意識もないし,教会の元旦礼拝 ...
みんな、ちゃんとそこにいるんだね。 (とくらBlog)
 今年中にどうにか更新したいので、ちょっと酔っ払いだけど、PCの前に座りました。でも、なんて書けばいいのか・・・、ちょっと緊張してしまい、いろんなところにお伺いして、うろうろしていたら、懐かしい玄耕庵日乗さんが久しぶりに更新されていた記事を読み ...