華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

「多様性」と格差は無関係

2006-03-03 02:13:18 | 格差社会/分断・対立の連鎖
格差の存在について、小泉首相の発言はあいかわらず強気。2月28日の衆院予算委員会では、「どの国にも、どの時代にも格差はある。そういう中でどのように活力を持った国にしていくか。違いや多様性を認めながら、お互いの力を、能力を高める社会をつくることが望ましい」と述べたそうである。

「違いや多様性を認めながら……」は大いに結構。その部分は、私も大賛成である。しかし、「違いや多様性」がなぜ「格差」に結びつかなければいけないのか。それが私にはどうしても「理解できない」。頭が悪いと言われてもいい、負け組の泣き言と言われてもいい、理解できないと私は死ぬまで執拗に繰り返したい。

「どの国にも、どの時代にも格差はある」
それはそうかも知れない。だが、この言葉には「今、現在の時点で見渡す限り」という注釈がつかねばならない。「喜八ログ」さんの所でコメントをやりとりした時、喜八さんがこんなことを書いてくださった。
「たとえば数百年前の人たちに「普通選挙」を説いても「なんだ? それ?」となったでしょう」(http://kihachin.net/klog/archives/2006/02/horitakeaki.html)

そう……たとえば私たちが何百年も前に生きていたら、「人間が月へ行く」ことは単なる空想に過ぎなかっただろうし、ギリシア・ローマ時代(でも何でもよいが)の奴隷身分に生まれていたら「おまえも主人と同じ尊厳を持つ人間である」と言われてもキョトンとするだけだったろう……。過去のどの時代にも、そして現在の何処の国にもないからといって、イコール、それが空想ということはできない。私たちはしばしば理想と空想とを混同してしまうけれども、「非常に困難な道であっても不可能ではない」ことは空想とは言わない(いや、私は空想も非常に好きなのであるが、それとは話が別)。そして……たとえ自分が死ぬまでに到達できないとわかっていても、私は自分の理想の方に顔を向けていたい。

突然、ピョートル・クロポトキンが『相互扶助論』の中で、生き物の世界には相互闘争(生存競争)の原理のほかに相互扶助の原理があり、生存と進化のためには後者の方がはるかに重要である。生き物は優勝劣敗、弱肉強食の原理によって進化するのではない――という意味のことを述べていたのを思い出した(意味、である。言葉の使い方は少し違っていたかも知れない)。もう1度、クロポトキンや幸徳秋水でも読んでみよう……。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつのまにやら慣らされて | トップ | 「世論調査の陥穽」ということ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (Zarathustra)
2006-03-03 04:29:43
華氏451度さん、こんにちは。



記事の考え方が非常に近かったので、思わずTBしてしまいました。(^^)



> たとえば数百年前の人たちに「普通選挙」を説いても「なんだ? それ?」となったでしょう



なるほど。



私も「完全に実現」することが不可能でも追求する意義があると思います。



ただ、それと同時に、「格差」があっても「誰もが満足に生活できるなら『可』」とも思っています。



こちらは、たとえ理想的ではなくても許容できる、という意味ですが。
Unknown (農婦)
2006-03-03 13:38:18
初めまして。貴方様野お考え方に同意です。優勝劣敗、弱肉強食、の原理で人間が生きてはいけないし、その原理で人間社会は、成り立たないと思ってます。ある植物学者は植物社会も、人間社会も、無駄な物、者はない。みんな必要とされて、生まれ生きているといってます。格差はあっても、自殺しないで生きていける社会にしてほしいです。自殺者が多すぎます。他殺的な自殺ともいえます。消費税は、すぐ15%までいくでしょう。税金のかけ方が大間違いだと思います.政財界の皆さん、私達を踏みにじれば、手前のくびが自然に閉められてくることにキズイテほしい.
わかるけど (ましま)
2006-03-04 08:47:11
 どこかおかしい・・・・と感じている人が一番多いのはアメリカと日本じゃあないですか。
近頃は (とむ丸)
2006-03-04 14:05:24
辛うじて見ていたニュースでさえも見るのが嫌になって、その発言を知りませんでした。



なにしろ、詭弁を弄することにかけては超?一流の人です。それも、すごく自然にさらっと言ってのけてしまう。才能ですね。



こうした言葉を聞くたびに、戦略があって言っているのかな、どうなのかな? と疑問に思っていましたが、なにかこの人の発想そのものが、自己弁護と詭弁の塊のように思えてきました。
国語学者よ。突っ込んで! (レッツら)
2006-03-04 16:44:00
>「違いや多様性」がなぜ「格差」に結びつかなければいけないのか。

一般的に違いにしろ、多様性にしろ、上下関係ではなく、見た目や性質に差異があるなかで、その違いを乗り越えて、お互いに尊重し合う、そんな時に使われる概念なのかなあって気がします。それに対して、格差って、明らかにピラミッド型の概念。所得が多い、少ない、資産が多い、少ない。上下の別というか、優劣と関係がある概念な気がします。



これを並列してしまうところが小泉さんなんですよね。小泉さんの場合は、経済学者が突っ込むより、まず、国語学者に突っ込んでほしい気がします。
Unknown (華氏451度)
2006-03-05 06:06:53
皆さん、コメントありがとうございました。



ツァラトゥストラさん;そうですね。人間社会の多くのことは「これだけが正しくて、それ以外はすべてペケ」というわけではないと思います。「優・良・可・不可」の考え方っていいですね。少なくても「不可」は嫌だ! というところで大勢の人と手をつなぐことが出来る。



農婦さん、はじめまして。無駄な人間、生まれてこなかったほうがよかった人間、などはありませんよね……。



レッツらさん;国語学者に突っ込んで欲しい……まさしくそうですね! 多様性というのは水平な関係で、「バラエティーに富んでいる」ということなのですよね。日本語の意味からして、「格差」とは全然違いますよね。
無政府主義から考え直す (kaetzchen)
2006-03-05 07:11:09
のは良いことで,科学的だと思います。要するに,議論の一番基本に立ち返って,考え直すことですね。例えば,算数が分からないという子供に対して,単に計算テクニックや公式だけを丸暗記させて分かったふりをさせるのか,それともどんどん学年を遡って,どこで引っかかっているのか(遡及主義と言われそうですが)を分析して,そこから再構築するのかでは,全く効果が異なります。もちろん,後者は非常にコストがかかりますけど,少なくともその子供が入力に対して出力ができない理由だけは分かります。



華氏451度さんにもう一つ参考書:マルクス『ゴータ綱領批判』 ないし戸坂潤『日本イデオロギー論』『科学論』。『科学論』は文庫化されてないので,入手不可能かも(神田なら見つかるかも)。

ありがとうございます (喜八)
2006-03-05 11:40:36
華氏451度さん、こんにちは。



私のぼんくらなコメントを取り上げていただきまして、ありがとうございます。

よくよく考えたら「なんだ? それ?」どころではなくて、「命が危ない」というケースのほうが多そうです。

税金を多く払っている「金持ち」と少しか払っていない「貧者」が同じ一票の投票権を持つ、なんてのはものすごい「危険思想」だと思われてしまうでしょうから。



「多様性」と格差は無関係とういのはまったくその通りだと思います。

小泉首相や竹中大臣の「詭弁」は聞きあきました・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「格差」と「差異」 (ツァラトゥストラはこう言っている?)
小泉首相がメルマガで格差についての彼の見解を述べている(注)。 (注)私見では、メルマガに格差の問題を出してきたことは、民主党がメール問題で瓦解したことなどにより、この問題でも小泉の構造改革路線が大きな打撃を受ける可能性はないという判断が背景にあるように
昨日のコメント欄盛上がりました。 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
  どこまでが専守防衛?にたくさんのコメントをありがとうございます。お返事はゆっくり読ませて頂いてからにさせてくださいませ。<(_ _)> ただ気になるところだけ。紅葉さん、あなたがおっしゃっていることはたぶんレッツらさんのお考えに近いように思います。
嫌んなったぁ~ - 今日は憂歌団な気分。 (とくらBlog)
 テレビをつけたら、憂歌団が出ていて、「嫌んなった」をやっていました。わぁ~~、今日の気分にぴったり!  BS2でやってたんですけど、正確には、憂歌団の元リードボーカル・木村充揮のデビュー30周年コンサートを送る。らしいです。「パチンコ~ランラン・ブルース
少子化問題と格差社会 (へっぶしんのニュースや日記)
 へっぶしんのニュースや日記です。  格差は広がっていないと強弁した日本の首相がいますが、現在の少子化問題を考えると格差社会と少子化問題には少なからず関連性があることについての指摘は、新聞やテレビでは見かけない。この問題を指摘したのは、統計学から年収と結.
小泉政権は悪くない? (嗚呼、負け犬の遠吠え日記)
 先日、小泉支持の人からお便りをいただいた。  3月6日の私のコメントにあった小泉批判に対してのものだ。  以下、紹介する。 ---------------------------------------------- 小泉純一郎は間違ってないと思いますよ(^-^) 間違っているのはその逆手、抜け道を
国民を「使い捨て」にする外務官僚 (喜八ログ)
先日(2006-03-04)、幣ブログの記事『直言』で外務省職員がシロウトの中国残留孤児二世を諜報活動に引きずり込み、工作が失敗するとあっさりと見捨てたという件について触れました。この事件について追加情報をアップします。 この事件をスクープしたのは「産経新聞」。同
『良い格差』『悪い格差』 (関係性)
 日本経済新聞(6月24日付け朝刊)の大機小機という欄で、「『良い格差』『悪い格差』」が掲載された。「わが国経済は約半世紀に驚異的に成長を遂げ、今や世界のトップランナーに躍り出ている・・全員参加で力を合わせて勤勉と努力によって一億総中流といわれる社 ...
20%以上の所得下落 (関係性)
 平均所得が580万円だそうだ。そして、この年収以上であれば上位39%の位置を獲得していることになる。要するに、平均以下であれば下層61%内にいる訳である。平均値は上下の数値に制限があるときにはそれなりの意味があるが、下は0円で上が無制限の世界では全く ...
平等の不平等 (関係性)
 7月3日に政府・与党は「経済財政運営の基本方針(骨太の方針)」の原案をまとめた。これを朝日新聞朝刊(7月4日付け)はこの中で「消費税については、引き上げ時期や上げ幅など増税の具体論に踏み込まず」「社会保障財源に限定する『目的税化』を検討」と伝えた ...