bebeの気まぐれ日記

ようこそ、bebeの気まぐれ日記へ。

私らしく、心のままに、日々のできごとを綴ります。

2016年参観後の学級懇談会

2016年10月14日 | 子どものこと
人権参観が終わった後、学級懇談会が開かれました

meicaのクラスには出席する気にもなれず

tontonのクラスも出席する気はなかったのですが、ママ友さん1人だけが参加すると聞き、

これはチャンスと急遽出席しました

なぜ、チャンスかと申しますと…。

1学期、親子共々イタい目に遭いまして…代償1 代償2

2学期からは心を入れ替え、tontonの傍に座り宿題のチェック

漢字は随分改善されたのですが、今度は算数で問題が発覚

算数の宿題はクラスでこのようなルールがあるようです。

計算ドリルは授業中に答え合わせ 計算スキルは自分または保護者が答え合わせ 教科書問題は先生が答え合わせ

計算ドリルのノートを見たら、4ページほど答え合わせせずやりっぱなし発見

bebe:「これなんで答え合わせしてないん?」

tonton:「先生出張でおらへんかったり、お説教タイムが長くて授業が短いねん

お説教タイムって何

tontonに詳しく話を聞くと、

クラス全体を叱るワケではなく、個別に叱るそうですが授業時間中に叱るそうで、

その分授業時間が減るそうです

で、答え合わせする時間が削られてるらしい

やりっぱなしで次の単元に突入してるので、とりあえず計算ドリルは私が答え合わせ

間違えてるところは一緒に考え、しっかりやり直しさせました

この状況、もしかして息子だけと心配になり、

同じクラスのママ友さんに尋ねたら同じ状況でした

この現状を先生はどう思ってるのか聞きたくて、急遽学級懇談に参加となりました

tontonママの「言いたい事」がとっても気になるというママ友さん2人も急遽参加(笑)。


ということで、


先生と保護者4人で学級懇談スタート ←少なっ

はじめは人権参観の感想を述べました

・お友達が発表するとき、言い間違いにあげ足を取ったりする子、

 真面目に発表せずウケを狙う子、先生が話してるのに遮って話をしだす子、突然立ち上がる子…。

 ザワザワし落ち着いて授業を受ける雰囲気ではなかったのが気になったので指摘。

ちょっと学級崩壊しかけてる印象でした


・取り上げる教材が古く、先生の授業の進め方もイマイチで、 

 結局収拾がつかず、時間切れで強引に終わらせたのは子ども達には伝わってない気がする。


・発表する子はいつも同じで、じっくり考えて自分の意見を言える子が少なく、
 
 発表しない子が取り残されてる感じがするので、

 手をあげてない子にも発表を促す声かけをするなど対策を取った方がいいのでは?

他にもさまざまな意見がでました。

先生も思い当たる節があるのか、終始苦笑い

1学期はもっとヒドい授業態度だったそうですが、これでも少し改善されたそうです



息子からの情報が正確なのか、確認したくて質問

お説教タイムが長くて授業時間が短くなってるのは本当ですか?

先生:本当です。休み時間が終わっても教室に戻ってこない子を個別に叱るので時間がズレてしまいます。

   待ってる間にドリル問題を解いたり、サポートの先生がいるときは助けてもらっています。

   実は…子どもを褒めるのが苦手なんです

先生、まさかのカミングアウト

子ども褒めるのが苦手って 何で教師になろうと思ったん 4人の保護者ドン引き

先生:1学期は子ども達のダメな部分が目につき、それを正そうと必死だったのですが、

   それではダメだと気付き、2学期は子ども達の良いところを見つけ褒めるよう努力しています。

気付いてくれて良かったわ

ママ友さん:「この前、先生に褒められて嬉しかったと言ってましたとフォロー。

bebe:「子ども達は親よりも先生の言うことを聞くし、先生が褒めてくれるとさらに頑張ると思います。」

ママ友さん:「家ではなかなか褒めないので、学校で子ども達をたくさん褒めてあげてください

私たちなんで先生を励ましてるんやろ


計算ドリルや教科書問題の答え合わせの件。やりっぱなしで答え合わせしてませんが…。

先生:先ほどの話に繋がるのですが、時間がなくてやりっぱなしなのはとても気になっています。

bebe:「ルールにとらわれないで、例外もあっていいと思います。
   放置のまま次の単元に進んでますよね?間違えたまま次に進むと必ずどこかで躓いてしまうし、
   後々困るのは子ども達で、問題は小さいうちに摘み取りクリアにして進んでほしいです。」


ママ友さん:「計算ドリルがそんな状況になってるのは知らなかったのですが、
      他の学校では答え合わせは全て保護者がやってると聞きました。
      臨機応変に対応していいと思います。」


bebe:「時間が足りないというのなら、子どもを個別に叱るのは次の休み時間を使うとか、放課後にするとか、
   ちゃんとしてる子を巻き込まないで授業を受けさせてほしいです。」


この先生「保護者の同意を得れてないので」とか言って、放課後に子どもを残すのをとても嫌がるんですよね…。

他の先生はかなり放課後に居残りさせてますけどね、保護者の同意なしに(笑)。


授業時間が少ない繋がりで、

先生:「実は、1学期道徳の授業が1時間他のクラスより少ないんです。申し訳ありません…。」

先生、ぶっちゃけすぎ

bebe:「新任の先生は研修が多く不在にすることが多いのは知ってます。お忙しいのも理解してるつもりです。
   だけど、先生がなんでもかんでも抱え込んだら倒れてしまうので、
   任せられる所は保護者に任せてもいいのでは…。」



先生を気遣ってる発言のように見えますが、全ては子どものため(笑)。

本音は大学卒業したばかりの先生にいきなり担任を持たせるのは反対だし、

答え合わせも間違い直しも学校で行い、親の負担を増やしてほしくないと思ってマス。

だけど、

実際はtontonの国語&算数は自宅で私が見てるのが状況で「何しに学校に行ってるの?」と感じること多々。

4年生に進級した時に他のクラスの子と学力の差が付いてるのは避けたいので、ワタシ必死


あとは、

子どもが体操服を持って帰ってこない 忘れ物が多い 

毎日全教科ランドセルに入れて登校してる すぐモノを失くすなどなど母の不満爆発(笑)。


最後に、


先生:「貴重なご意見ありがとうございます。活かせるようにしたいと思います。」

そう言うてるワリには45分間一切メモ取ってなかったけど大丈夫なん


聞きたいこと、言いたいことが言えて良かった

ちょっとモンスターだったかなぁ…と思うけど、ま、いいか(笑)。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2016年人権参観日 | トップ | 唐・栗・生・枝 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

子どものこと」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています