一陽来復

『一陽来復』昔出会った子の好きな言葉でした。

サッカー日本代表戦を観て思う

2016-10-12 07:55:43 | 日記
昨日行われたサッカーワールドカップ予選の日本代表戦。
アウェイで引き分けなら上等という意見もあるようだが、本当にそうだろうか?

この先の予選の展開がどうなるかわからないが、勝ち点1、2を争うアジアの戦いのなかで、ワールドカップ進出を逃したとしたら、昨日の試合が分かれ目になるのではないだろうか?

ハリルホジッチの采配は本当に勝ちにいっていたのだろうか?
試合後のインタビューには、本田圭佑の名前を出しコンディションが云々と言っていたが、その選手を起用したのはハリルホジッチ自身である。

また、齋藤学の扱いについても疑問が残る。
確かに齋藤学は追加招集された選手ではあるが、日頃からスタジアムに足を運んでいれば試合勘のない海外組よりも、はるかにコンディションが良いのがわかるはずである。

後半、ケーヒルを投入したオーストラリア同様に日本も齋藤学を投入して、ドリブルで足の止まった相手を切り崩しても面白かったのではないだろうか?

Twitterのハッシュタグ#学ぶを出せ、がトレンドキーワードになるのも頷ける一戦だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はちと遅刻気味 | トップ | 広告学研究会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。