教団「二次元愛」

リアルワールドに見切りをつけ、二次元に生きる男の生き様 (ニコニコでは「てとろでP」)

残念美人論

2016-12-20 23:58:48 | オタネタ全般
社食にて
奴「今日の味噌汁はいつもよりうまいな」
俺「俺にはまったくわからん」
奴「そりゃ離婚だな」
俺「どゆこと?」
奴「そうやって何出しても良いとも悪いとも言わずに黙って食う夫がいる家庭は数年しか続かんのだよ」
俺「ようわからんがそうなんか」
奴「主婦っていうのは目に見えた報酬も成果もない仕事だからね。反応がなければどんどん悪くなるよ」
俺「俺が主婦だったらそうはならんような」
奴「なんで?」
俺「いまは1人暮らしだからコストがペイしないから自炊しないけど、俺が主婦なら自炊するし、だから食うヤツの感想がないからどうとうのは思わんような」
奴「違うんだよ」
俺「?」
奴「そこはコストの問題じゃなくて愛情なんだって」
俺「なるほど」
奴「細心の注意をはらいながら適切に良いとか悪いとかいえば、そこは料理はどんどんうまくなるんだよ」
俺「それはそうかもだな。俺1人が食うぶんなら自分が食うのにガマンできるギリギリまで手を抜くからな」
奴「そうだろ?」
俺「でもそれは料理の腕前が上達しないだけの問題であって…」
奴「うんわかった。やっぱりおまえは結婚しないほうが幸せだわ」
俺「そりゃ離婚まっしぐらってことかw」
奴「そのとおりw」
俺「つうかこの歳になると、するかしないかより、ハズレを引くリスクについての議論のほうが重要な気がするのだが」
奴「それは大丈夫だ」
俺「?」
奴「良い人はもう全員結婚してるから」
俺「んー、いや」
奴「違うと思うのか?」
俺「良いかどうかは俺が決めることだ」
奴「なるほど。マニア好みなすごく特殊な人なら残ってるかもしれんてことか」
俺「一理ある。けど俺から見た世界はもっとはるかに特殊性がかなりうすい方向にあるように見える」
奴「どゆこと?」
俺「つまりだな。まれに人づてに紹介をもらうことはあるんだけどさ」
奴「いい話じゃないか」
俺「まあありがたい話ではあるけれど」
奴「んで?」
俺「でだ。そこで話をしてみるとだな。特徴がないんだよ」
奴「ん?」
俺「とにかく特徴がない。これじゃあ良いとも悪いとも判断できんという意味もあるけど…」
奴「女性はそういうもんだよ」
俺「そりゃまあ猫かぶってそうだとは思うけど」
奴「女性っていうのは、だいたいね、身長は何cm以上あって、年収はいくつ以上で、親と同居なしで、髪は薄くなくて、などなど。そういうなるべくふつうな人であることが前提である場合が多くてだな」
俺「つまり減点方式で採点したら最も減点が少ない人間が好まれる、と」
奴「そう。特徴がない人なんていないんだよ。だから会ってすぐから我を出さないのはふつうじゃないかな」
俺「そりゃまたビミョーすぎる話だな」
奴「なんで?」
俺「減点方式で採点したら最も減点が少ない、いわゆるふつう以上の表現方法がない人っていうのは、俺からみるとそれはモブキャラにしか見えん」
奴「モブキャラって何だい?」
俺「アニメとかで、通行人Aみたいにキャラ名がつかない単なる背景に近い登場人物のこと」
奴「それとどういう関係が?」
俺「つまり、特徴がないというのは、通行人Aにしか見えないと言っている」
奴「だからすばらしい人なんて残っていないんだって」
俺「ちげえよw」
奴「なにが違うんだよ」
俺「モブキャラの反対というと、こっちの世界では例えば残念美人というのがある」
奴「なんだいそれ?」
俺「残念美人というのは、誰もが付き合いたいと思うほど美人だけど、付き合うにしては致命的な何らかの欠陥がある人のことだ」
奴「例えばどんな?」
俺「うーん…、たとえば料理をすると必ず皿が何枚か割れるとか」
奴「そりゃまたずいぶんアニメチックな例えだな」
俺「だからこっちの世界ではと言っただろw」
奴「よしわかった。現実世界でいうと、盗み癖があるとかってことか」
俺「酒癖が悪いというも入るだろうな」
奴「なるほど。それはビミョーだな。世間でもメシマズは夫婦生活において致命的らしいからな」
俺「そういう意味ではおまえのとこの奥さんはいい嫁だな」
奴「まあ俺が教育したからな」
俺「そういうのもあるんかいw」
奴「で。そこに目をつぶってもいいってことね」
俺「だいぶ違う」
奴「?」
俺「モブキャラより残念美人がいいとは言った。アニメを見てて、いまの通行人Aかわいい!なんて思うことなんて、よほどのアニメでないかぎり起こらないだろ?」
奴「うん。んで?」
俺「残念美人とはいったけど、俺は美人であれば多少残念でもガマンするとは言ってない。良くも悪くも残念美人とはモブキャラとは対照的な映える人だとは思うだろ? べつにツラの皮が美人かどうかが重要とは全然言ってない。違いがわかる?」
奴「つまりそういう人ならあまってる可能性はあるってことか」
俺「そういう観点で考えたことはないけど、そうかもな」
奴「で、どうするの?」
俺「どうもせんけど」
『恋人』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人工知能(AI)なんてダサい | トップ | 秋葉原戦果報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL