大好きな音楽、わたしなりの楽しみ方

大好きな音楽について書いていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビルボード大阪へ

2017-02-09 03:57:42 | 音楽
10月12日から2泊3日で大阪に行って参りました。こないだ名古屋いったばかりなのに、許してくれた夫に感謝です。
そんな無理をした理由は
skoop onsomebodyのビルボードライブがあったからなんです。
ビルボードってホールライブにはないラグジュアリーさがありますからね。
前回ゴスペラーズでは体調悪すぎて擁護室に運ばれた経緯があり(何の曲をやったのかすら記憶が曖昧)今回はなんとか頑張って体調整えて参加しました。

旅の連れはいつもの和歌山美人雅子嬢。
彼女とは好みが合うので大概のライブでは一緒です。

前回たけてつでは村上さんに押され気味?だったTAKEさん、ビルボードではどんな曲を聴かせてくれるのか、ワクワクドキドキ。

1What's Going On …Marvin Gaye

2THE MUSIC

3Sunny Day

4壊したい

5Nice'n Slow

6Actor

7Everlasting Love

8Set me free

9UP

10君なき日々

11 sha la la

最近の曲をいれつつもskoop時代の曲が多め
4〜7までの流れが素敵でした。

一部2部、両方席がとれたのですが
2部のほうがあったまってきてる感じで良かったです。
カバーは一曲でしたが、真似ではなく日本のソウルをやりたいと強く感じたというお話からも納得できました。
私も英語がペラペラというわけではないので何を歌ってるのかわからない曲もあり、メロディとリズムだけできいているわけで
歌詞が分かるっていうのも大事なんだなあと
改めて思いました。

skoop on somebodyの魅力はシンガーとピアニストのユニットであること。
タケさんの声量あるパワフルな声に、締め付けられるような胸キュン要素
ドラマティックで、なおかつ明るいコーイチローさんのピアノの音。
ソウルフル、R&B感がありながら日本人好みの湿っぽさも併せ持っている事に尽きると思います。

素晴らしいライブに参加できて
まだ余韻の中にいます。

沢山の愛を与えてくれるライブです。

ライブがなくちゃ、生きていけない!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 広がる音楽の世界 | トップ | 遡り »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。