熊 今日はどこに出没!!

今日はどこへ行こうかな 

シルクロード・敦煌から西安へ

2016年10月29日 | 旅行

7:30起床、8時から朝食。強行軍に備えて沢山頂きます。

深夜便移動に変更されたため、11:30までフリータイム。

   

デパート内のスーパー等で土産品物色。

11:30にホテルを出発。

快適なホテルと連日の快晴に感謝。

【10/17、ホテル-玉門関-漢代長城-西千仏洞-白馬塔-敦煌空港-西安空港-ホテル】

葡萄の葉が艶やかなレストランで昼食。

  

玉門関に向かいます。街灯は天女の姿です。

  

郊外のゴビ砂漠を走行。

観光エリアの門でチェックを受けます。

  

世界遺産・玉門関に14:20到着。

玉門関(ぎょくもんかん)は甘粛省敦煌市の北西約90kmにある、かつて建設されたシルクロードの重要
な堅固な関所の1つ。漢と唐2度に渡り建立された。現存する玉門関遺跡は唐代のもので、俗称は小方盤城。
元来は漢代に武帝が河西回廊を防衛する目的で、長城をこの地域に建設し紀元前108年から107年にその
最西端に建造されたとされる。その後、六朝時代には交通の要綱として栄え、唐代に再建された際は安西
の東側に建設された。同じく南西に設置された陽関とともに、西域交通で北ルートを通ると玉門関、南
ルートでは陽関を通過していた。宋代になって西域交通が衰え衰退した。古代より文化人が辺境の地での
戦いや孤独な生活を思い詠嘆する地で、2014年にシルクロード:長安-天山回廊の交易路網の構成資産と
てユネスコの世界遺産リスト登録物件に含まれた。

   

かってのシルクロード跡。

   

周辺にあった関所の長城類は消失しています。

四角い土塁を一回りして当時を偲びます。

漢代長城に10分程で移動。

玉門関の西から疏勒河の南岸に沿い、安西縣北湖、金塔縣まで延々と築かれた漢代の長城。2000年に
わたって風触されたため現在残された部分は少なく、玉門関付近が最も保存状態がよい。植物に砂を挟
んで積み上げたもので、最も高いところで4m程。紀元前121年、酒泉郡が設けられた後に、漢武帝は
令居(今の永登)の以西の亭、障、塞を建てはじめた。塞は長城、烽火台で大きいのは障、小さいのは
亭と呼ばれる。候官と候長から兵士を率いて守備し、
開墾することと辺境を守る二重の任務を負った。

  

烽火台まで歩いて見学。

   

砂と葦や紅柳、胡柳を層にして固めた長城、間に烽火台がつくられています。

敦煌に戻りながら西千仏洞を見学。

一時間程で西千仏洞に到着。窟内撮影禁止。

敦煌市から西南に約35kmの、党河の流れる断崖上にある石窟で、莫高窟の西にあることから西千仏洞と
呼ばれる。現存する石窟は合計19ヶ所で、莫高窟と同系列の様式の北魏と唐の壁画は
大半が破損している。

   

施錠された06~09窟の仏像、壁画を見学。

   

党河の流れる断崖。

   

党河と砂漠の山並み。

   

敦煌近くの白馬塔に向かいます。

   

映画・敦煌で作られた敦煌古城。

17:40に白馬塔に到着。

白馬塔は386年に建てられ、敦煌市の西に2km程の七里鎮白馬塔村にある。甘粛省の重点文物保護地に
指定され、4世紀末頃、亀茲国出身の高僧-鳩摩羅什(クマラジーヴァ)が敦煌を訪れた
際、経典を積んで
いた白馬が死んでしまったことを悼み建立されたといわれている。

   

帰りかけた土産店の叔母ちゃん達が慌てて店を広げました。

白馬塔を一周し、せっかくなので叔母ちゃん達から影絵等を購入。

川沿いのビューポイントで撮影タイム。

  

静かな川面に映える塔。

敦煌最後の夕日を鑑賞しました。

ホテルに戻って18:30から夕食。

深夜までお腹が空かないようしっかりと頂きます。

しばし出発までフリータイム。

   

深夜便変更のお影でたっぷりと滞在できました。21:30に敦煌空港へ移動。

22時に敦煌空港に到着。

    

23:20発の西安行きに搭乗します。

   

予定時刻に離陸できて一安心。

西安まで所要時間2時間25分です。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シルクロード・敦煌民族舞踊鑑賞 | トップ | シルクロード・西安観光 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。