カームラサンの奥之院興廃記

好きな音楽のこと、惹かれる短歌のことなどを、気の向くままに綴っていきます。

今宵の月

2009-10-31 18:21:57 | Weblog
今宵の月。大町桂月邸跡から見上げた月です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロコフィエフチャイコフスキー

2009-10-30 23:13:01 | Weblog
本日の「東京芸術大学学生オーケストラ演奏会Ⅲ」。

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第二番ト短調(ピアノ:野田清隆氏)


チャイコフスキー:交響曲第六番ロ短調「悲愴」


指揮:尾高忠明氏

管弦楽:東京芸術大学学生オーケストラ



私の独断と偏見に満ちた感想を綴らせて頂きます。


最初のプロコフィエフ作品の野田さんのピアノ、たいへん素晴らしかったです。楽譜が手元にないので確認できませんが、かなり昔にFMから録音して聴いていたロジェストヴェンスキー指揮のロシアの演奏と比較してなにかちがう感じがしました。今夜の演奏のカデンツァはもしかしたら野田さんのオリジナルがだいぶ含まれていたのではないかと思いました。フリーな感じ、アドリブ感覚に満ちていて面白かったです。


チャイコフスキーの悲愴。第一楽章の演奏には豊満の対極の厳しく鋭く削がれた感じを受けました。テンポ速めで過剰なふくらみを抑制したストイックな演奏という印象でした。それに比べ、第二楽章の豊満なこと。5拍子のワルツのメロディを弾くチェロの音色の円やかさ艶やかさにびっくりしました。神が降りてきた、顕現された、と思いました。この第二楽章から明らかにオーケストラが変化したようでした。つづく第三楽章、第四楽章もたいへん素晴らしかったです。感動しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神が顕現した悲愴第二楽章

2009-10-30 21:25:00 | Weblog
あとで書きます。。

学生オーケストラ演奏会3
日時:2009年10月30日(金)18時30分開演

会場:東京芸術大学・奏楽堂

曲目
プロコフィエフ作曲「ピアノ協奏曲第2番」
チャイコフスキー作曲「交響曲第六番」

指揮・尾高忠明
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

深大寺の夢

2009-10-30 06:39:28 | Weblog
今朝の夢。東京調布の深大寺城跡に行かむとて、今の深大寺の隣り、昔深大寺城内にありしとふ、山の森のなかの二つの社にお参りしてゐると、深大寺の鐘がゴオンと大きく鳴りました。その音でおもはず目が醒め、寝床の隣りをみると強力目覚まし時計がてふど鳴りだしてゐるところでした。。さういふ夢でした。


今週末の横浜歌会、久しぶりに参加の予定。今から楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日の無料演奏会

2009-10-29 14:22:43 | Weblog
無料演奏会情報メモです。

学生オーケストラ演奏会

日時:2009年10月30日(金)18時30分開演

会場:東京芸術大学・奏楽堂

曲目
プロコフィエフ作曲「ピアノ協奏曲第?番」
チャイコフスキー作曲「交響曲第六番」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穂村さんの言葉

2009-10-29 08:24:59 | Weblog
 メモです。

穂村弘対談集「どうして書くの?」(筑摩書房)59ページ(「長嶋有×穂村弘」より)の穂村さんの言葉。

 *****

短歌の世界だと、戦後最大の歌人だとも言われる塚本邦雄が、57577を、77577や57576の可能性もあるっていうことを示したんです。もちろんやるだけなら誰にでもできるんですけれど、実作で説得的に示すことができたのは彼ひとりだけでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽譜SNS《A da Coda》など

2009-10-28 15:48:35 | Weblog
 メモです。。。


塔短歌会の公式サイト
http://toutankakai.com/index.php

楽譜SNS《A da Coda》
http://www.adacoda.com/?m=pc&a=page_o_login
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009-10-27 08:07:46 | Weblog
今朝の澄んだ素晴らしい空気に、思わず写真を撮影したくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラボー

2009-10-26 21:06:31 | Weblog
 今夜のラヂオのNHK音楽祭のパーヴォ・ヤルヴィ指揮シンシナティ交響楽団演奏会。アンコールは、パーヴォ・ヤルヴィの恩師、バーンスタイン作曲『キャンディード』序曲でした。

 コープランド、バーバー、バーンスタイン、ドボルジャーク、どの曲も見事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱帯植物園

2009-10-25 18:56:11 | Weblog
お寺から帰ってくるとラヂオは芥川作曲賞作品を特集した番組をやってゐて、おととしの受賞作品、小出雅子さん作曲の『ケセラン・パサラン』が流れる。聴くのは三回目。不思議で魅力的な響きのなかでいつも視えてくるのは夢幻的な熱帯植物園の様子。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加