カームラサンの奥之院興廃記

好きな音楽のこと、惹かれる短歌のことなどを、気の向くままに綴っていきます。

音色。

2016-11-07 06:09:43 | Weblog

ヴァイオリニスト、ワディム・グルズマン氏の使用しているストラディバリウスは、かつての名ヴァイオリニスト、レオポルド・アウアーが所有し愛奏していた楽器との由。ということは、そのヴァイオリンの音色は、チャイコフスキーがあの素晴らしい〈ヴァイオリン協奏曲ニ長調〉を書いたときに頭の中で思い描いた音色であり、グラズノフが名曲〈ヴァイオリン協奏曲イ短調〉を書いたときに想像した音色、ということになる。グルズマン氏によるチャイコフスキーやグラズノフのヴァイオリン演奏を聴きながら彼ら作曲家の頭の中をいろいろ想像してみるのも面白い。

 

 

レオポルド・アウアーの弾く、チャイコフスキー作曲『メロディ』

https://youtu.be/EP-zopH3o_k

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動明王さん。 | トップ | 昨日は。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。