岡山で公務員を目指すならビーマックス!

公務員試験結果、学生の成長、学校生活の様子、普段授業で学生に伝えているような話…などの情報をお伝えしていきます☆彡

★岡山県警察官に合格した学生(2年生男子)を紹介します★

2016-10-16 06:31:27 | 合格者の声
公務員合格した学生のリアルな声を紹介します

以下、学生が書いてくれた作文をそのまま紹介します



高校生の頃の私ははっきり言ってクズでした。

学校がめんどくさいと仮病を使って学校をサボったり、

勉強も部活も何もせず遊んでいたりしました。

そんな生活を送っていたので、

成績はもちろん最下位を争うレベルで、

自分に自信がなく、

何もやる気が起こりませんでした。



そんな私がなぜ警察官という職業を目指し始めたのかというと、

正直最初は興味とかっこよさだけが理由でした。

私がビーマックスに入学しようと考えた理由は

ビーマックスのオープンキャンパスに参加した時に、

話している先輩方がとてもかっこよく、

ここなら変われるかもしれないと思ったからです。




入学して最初に新入生研修がありました。

初めは何のためにこんなことをしているのかわかりませんでした。

しかし、研修が進むにつれてその考えはなくなりました。


警察官になるという前に、

「人としてやるべきこと」

「当たり前のことを徹底する大切さ」

を学ぶことが出来ました。


「人として当たり前に大切なこと」がビーマックスでは徹底されていて、

先生たちも「公務員合格よりもそっちの方が大切だ」とよく言われます。

そういう先生たちと学生でチームのような雰囲気ができるので

この学校の強みは「環境」だと思っています。




個人で頑張るというよりも「クラス全員で頑張る」という環境でした。

だから私も自然に頑張るようになっていましたし、

それが当たり前になっていました。



私のやる気が下がっていたら本気で叱ってくれたり、

一緒に勉強をしてくれたり、

本当に良い仲間に出会えたと思っています。



良いのは仲間や環境だけでなく、先生もです。

ビーマックスの先生は本当に親身に対応をしてくれます。

勉強のことだけではなく、

困ったことなどがあれば何でも相談に乗ってくれます。



私が一番相談したのは、面接のことです。

私は本気で警察官を目指して頑張っていましたが、

一年目に受けた試験の全ての面接で不合格になりました。

この時は本当に悔しかったですし、

もう警察官になれないのではないか…

と諦めそうになってしまうこともありました。



この時に、支えてくれたのが仲間や家族や先生です。

励ましてくれたり、私に足りないものをアドバイスしたりしてくれました。


公務員試験に受かるとか落ちるとか、そんな目線ではなく、

「警察官としてどうあるべきか」ということを

ほぼ毎日クラスメイトや先生方と話し合っていました。

そんな中で自分に足りないところや

改善すべきところは徹底的に治しました。

この時に付き合ってくれた友人や先生方、誰一人となく

嫌な顔ひとつせずずっと付き合ってくださいました。




その結果、岡山県警察に最終合格をもらうことができました。

私がここまで辿り着けたのは、ビーマックスや家族のおかげです。

正直、私は1年目で合格しなくてよかったなと感じています。

不合格になり続けて苦しんだおかげで、今と1年目を比べた時、

今のほうが何倍も人間的に成長していると感じていますし、

「警察官への思い」や「人を助けたい」「人を守りたい」という思いが

遥かに強くなっているからです。




不合格にならないと得られない強さや思いもあると思っています。

諦めずにずっと努力していれば

その分だけ確実に目標に近づくことを身をもって実感しました。



もし、仮に私が警察官になることが出来なかったとしても、

私は「ビーマックスに入学してよかった」と本気で言えたと思います。

これからは、私を育ててくれた親やビーマックスに恥じないように、

岡山県民のためならどんな行動でもできるような警察官になります。









公務員に興味のある方はコチラもご参考になさって下さい☆彡

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★大阪府警察官に合格した学生... | トップ | ★岡山県小中学校事務職員に合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。