ボルネオ通信

特定非営利活動法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパンのカジュアルなブログ。熱帯雨林やパーム油や生物多様性保全のはなし

"ボルネオへの恩返しプロジェクト" が再始動

2017-01-27 | プロジェクト
BCTJが手がけているプロジェクトは複数ありますが、2017年はそのなかでも「ボルネオへの恩返しプロジェクト」が前進しそうです。

ボルネオへの恩返しプロジェクトでは2014年にボルネオゾウの保護・飼育を目的とした施設をつくり、現地に寄贈しました。現地から支援の相談が来てから構想数年、支援金5000万円を活用して実現まで5年を要したその施設は当初「野生生物レスキューセンター」として、今では現地で「ボルネオ・エレファント・サンクチュアリ」の一角を占める施設として稼働しています。

その後は運営を見守りながら、いつでも協力できるように機会を伺っていたところ、ここにきて機が熟したようです。寄贈した頃から現地の状況も変化し、BCTJとして新たに支援を行う必要性を感じてきました。

BCTJ理事で旭山動物園園長を務める坂東元氏を中心に前回も活躍いただいた企業の方も再集結し、新しいプランを元にああでもないこうでもないと意見を交わしています。現在、現地の担当者とのミーティングを重ねて丁寧に説明し、現地の要望を汲み取りながら微調整し、ゾウの保護環境をより改善する方向で話をまとめているところです。

半年後までには結果を出したいと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。

2017-01-04 | 動物のこと
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

ブログの更新頻度があまりにも少なくてこれでは「ボルネオ "通信"」とはとても言えない、と猛省。もう少しだけ頻度を挙げるようにしたいと思います。

2017年はとても悲しいニュースから始まりました。BCTJが活動するボルネオ島サバ州で、象牙を目的にゾウが2頭殺されたとのこと。

こちらがその報道です。

このゾウはボルネオゾウにしてはキバが長く、しかも普通とは逆の方向に反って生えているため珍しかったというのも狙われた原因かもしれません。

ボルネオゾウはアフリカゾウと違ってキバも小さいし森の中を移動するため追いかけにくく、密猟により大幅に数が減っているということはありませんでした。今回の事件をきっかけに密猟が増えるということも現実的には考えにくいです。

それでも、こういうことが起きてしまった以上現地では対策を講じなければなりません。すでに大臣がサバ州野生生物局に対して指示を出しているとのこと。サバ州野生生物局とは普段からよく一緒に仕事をしますが、ただでさえ人も予算もないのにきちんとした対応ができるのか心配です。

野生生物局へのバックアップも必要です。州政府がことの事態を重く見て動物保護予算の枠組みを考慮してくれると良いのですが。

なんとも居心地の悪い緊張感から始まった2017年ですが、やれること、やるべきことをしっかりとやっていくのみです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/21(大阪)、11/24(東京) にイザベラ・ラックマン氏の講演会を開催!

2016-10-25 | とりとめのない話題
またまた宣伝投稿になります。

ボルネオ島のキナバタンガン川流域で約20年間に渡って環境NGO HUTANを組織し、野生動物の保護活動や地域の持続可能な開発に尽力している霊長類学者で環境活動家のイザベラ・ラックマン氏による講演会を行うことになりました。

イザベラさんにはいつもいろいろな知見を与えていただいてます。彼女の話は毎回新しい発見やしきりに頷くことばかり。今回は東京、大阪ともに講演を行っていただける運びとなりました。

・11月21日(月)19:00 ~大阪市中央区のサラヤ株式会社本町ビル
・11月24日(木)19:30 ~東京都渋谷区の環境パートナーシッププラザ


お忙しい日程の合間をぬって時間を取っていただきました。ご自身が率いるNGO団体HUTANの最近の活動の様子や、ボルネオの現状についてお話しいただきます。

貴重な機会なので、ボルネオのことを知りたい方、環境問題に興味がある方、環境NPOの活動を知ってみたいかた、ぜひぜひお越しください!

申し込みは公式ウェブサイトの申し込みフォームからお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/14(金)にトークショー 『ボルネオの太古の森と現在の日本の関係性』を開催します!

2016-10-07 | とりとめのない話題
10月14日(金)の18時30分から、東京都港区御成門の「日本アセアンセンター」でトークショーを行います!

講演はいつも1人で話すパターンが多いんですが、今回は2人が登壇しちゃいます。

1人目は、ボルネオ大好き、昆虫大好きのカメラマン阿部雄介氏。もうボルネオに渡った回数は20回を超えるでしょうか。ボルネオの森を歩き慣れている阿部さんは動物から昆虫から木から虫からキノコに至るまで分け隔てなく観察し、撮影するので「100メートル歩くのに1時間かかります」と言っています。

そんな阿部さんが撮りためた美しい写真とともに、虫と植物が一緒に進化しながらす不思議な関係を築いてきたボルネオの熱帯雨林について語りつくります。

2人目は、前理事長の坪内俊憲氏。坪内さんはボルネオ保全トラスト・ジャパンを創立した人物であり、現在は特別顧問として日本で活動しながらより現地の活動に力を入れています。星槎大学教授でもあり、日本中でたくさんの方々に生物保全の大切さを説いて回っています。

お申し込みは、日本アセアンセンターさんまで。先着70名でまだ余裕があるそうです!

金曜日の夜、オフィス街ということでお気軽にお越しください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼちぼち再開していきます。

2016-09-16 | とりとめのない話題
気付いたら1年以上も更新がなかったです。ウェブサイトのデザインに少し手を入れたついでに見てみて、びっくりしました。

これからはもう少し更新頻度をあげていきます...。

さて、この写真をみてください。



コタキナバルのロカウィ・ワイルドライフパークで元気に働いている、ダイハツHIJETです。この6月に寄贈した3台のうちの1台。立派に働いてくれてます!

車の寄付なんてそんな難しい話じゃないでしょと始まったプロジェクトですが、正直なめてました。処理しなければいけない書類の山と格闘すること1年余。ダイハツさんはもとより、輸送については日本通運さまにも大変お世話になりました。

現地についてからも、やれ通関は誰が通すんだ、免許が無いとか今さら言わないで欲しいなどなどドタバタありまして、送ったはいいもののこのまま駐車場のスミで朽ち果てて行くのではと心配したものです。

無事にナンバーが取れてちゃんと動いているのが見られて本当に嬉しい!報われました。改めて関係者の方々に感謝申し上げます。 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加