真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

基礎とは、100%の達成を前提にしなくてはいけないことなのです。

2017年02月09日 10時47分31秒 | これは読まねば!




★★オリジナルを名乗るのであれば


最低限の基礎は


100%身につけた上で


名乗らなくてはならない。



=============



何であっても、応用と名のつくものは



ある種の



≪カオス:様々なものが混ざっている。

その為に濁っている(にごっている)という意味≫

な状態になっている


という意味も含みます。




色々な状況で変化するものであるということを


最初から組み込んでいるということです。


~~~~~~~~~~~~~


それに対して


●基本


●基礎


●ベース


●ベーシック


●ファンダメンタル




と呼ばれるものは



100%の達成を目指さなくてはいけないもの



ということです。




100%の達成を目指すという心理で取り組み


達成出来ないことについては


達成するべき基準点のレベルを下げて、


繰り返し練習するなどして


達成できなかった物事を


クリア(合格や、乗り越えること)しなくてはいけません。




この様に、目的の達成のために





あえて




レベルを下げて(簡単にして)


繰り返して練習することを


トレーニング学では




『リグレッション』



と呼んだりします。




===============



基礎の達成を100%で目指さないから



応用した技術などを使った時に




◆目標やゴールから、理由も分からずに大きく外れて離れていってしまう。


◆レベルが上がった時に、無駄な負担がかかって負傷してしまう。


◆レベルそのものが上がってこない。


◆スランプになった時に解決策が全く分からない。




この様なことが起きてしまうのです。




すっ飛ばしても良い基礎など


ありません。





守らなくても良いのなら



それは基礎ではないのです。






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月8日(水)のつぶやき | トップ | 2月9日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

これは読まねば!」カテゴリの最新記事