真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

≪折れる≫骨折と、≪折れない≫骨折がある。

2017年11月15日 12時15分17秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。



いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



★おの整骨院は、外傷専門整骨院というけれど・・・・じゃあ、どんなケガの人が来ているの??


=============






★骨折とは

骨が折れた状態だけを言うと思っていらっしゃる方は多いですよね。

あなたも、そうでしたでしょうか。

違います。

骨が折れた状態だけが≪骨折≫ではありません。

けっこう、色々な状態のことを指すのです。





============


まず、【折れる】という日本語の意味は?



身体のこと、負傷のことに当てはまることに関しては

※デジタル大辞泉(小学館)の出典から陰陽・抜粋

1 棒状・板状のものが鋭く曲がる。また、物が曲がって切れる。

例))「線香が―・れる」

2 平面状のものが曲がって二重になる。

例))「紙の端が―・れる」

この表現ですと、確かに【折れる】というイメージ、思い浮かべやすいですよね。

================

しかし、人間の負傷・ケガに関しての

≪骨が折れた≫という表現には、このようなものがあります。




=================

1:骨が一部分欠けた

2:骨の表面が傷ついた

3:表面は傷が無くても、内部が破壊・破損した

4:陥没(かんぼつ)した

5:元の形・原型が

外力(がいりょく:外からの力ということ)によって変形・曲がった

6:元の形・原型が

内方(ないほう:この場合、身体の内側から圧力がかかっていることを示す)によって

変形・曲がった

7:完全に分かれてはないが、骨にヒビ(皹)が入った


==============

 
どうでしょう、意外でした???

けっこう、≪骨が折れた!≫という状態を表現するというケースには

いろいろなものがありますでしょう。





==============

これ、全部を『骨折』と呼びます。

よく耳にする「ヒビが入った」は

不完全な骨折ということで不全骨折と呼びます。





=============


本日は、骨折と呼ばれるものにも、こんなにも種類がある!


ということを、ご記憶ください。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では4名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★神経も脱臼(だっきゅう:身... | トップ | 骨折って、こんなに種類があ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。」カテゴリの最新記事