真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)の負傷予防やリハビリで、正しい動作教育をすると、負傷する危険性・可能性が大幅に減ります。

2017年07月11日 11時29分12秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


=========


膝(ひざ)の負傷に関して、本日はこれだけでも良いのでご記憶ください。


★膝(ひざ)の前十字(ぜんじゅうじ)靭帯(じんたい)という

膝の奥にある靭帯:ヒモの様なつなぎ止める物体:前があれば後ろ:後十字靭帯もある。


1度でも、負傷・断裂(だんれつ:一部分であっても完全であっても切れたということ)・損傷(そんしょう・傷がついているということ)

してしまうと

もう一度、まったく同じ膝の前十字靭帯の負傷・断裂・損傷を負ってしまう可能性が

もの凄く、高くなってしまいます。



★★膝の半月版(はんげつばん)という、太ももの骨と、脛骨(けいこつ:スネ《脛》の真正面の骨)の間にある軟骨


1度でも、負傷・断裂・損傷してしまうと

以前に負傷した部分と、わずか(僅か)であったり距離があったりしますが、

違う部分を負傷することが極めて多いです。


=================


================================







この2つ:前十字靭帯と半月版は、内側の側副靭帯(そくふくじんたい)も含めた3つを1セットとして




一緒に負傷してしまうことが多いと言われ




学生時代も、その様に学習をして




その様に認識している医療関係者は多いと思いますが




この3つの重傷度合いのレベルには、大きく差が出ることがほとんどです。




3つ:前十字靭帯と半月版(特に内側)、内側の側副靭帯:の負傷レベルには


大きな差があることがほとんどであるということを


絶対にご記憶ください。



===================



まず、イメージしてください。

前十字靭帯は、紐(ヒモ)のような形です。


半月版は、三日月を膨らませた(ふくらませた)ような、平面にやや厚みがかかった形です。
(なので、半月の板:半月版と言うのです)

前十字靭帯は、身体:特に下半身の使い方・加重のかけ方などが間違っているから

一気に負傷することが、もの凄く多いです。



物体として、『治った』と宣言されても、使い方・力のかかる方向が間違っていて

ずっと、間違って使っていれば、また切れます。




身体能力が高ければ、かかる負荷が強まるので、一発で切れます。


角度が悪かったり、原因が運悪く重なったりしても、1発で切れます。


これは脅しではなく現実です




ヒモの様な形なので、つながったところに近い場所が切れたり、傷がつきます。


半月版は、衝撃をやわらげるクッションの役目が、大きな仕事です。








機能として間違っていなくても、衝撃を長い年月かけていたり、強くかけたり

やはり、間違った使い方をすれば、負傷・断裂・損傷を負ってしまいます




が、1発で!というのは少なく、多くは蓄積(ちくせき)の結果・・・


≪バキッ!!!≫といきます。


少し厚みのある平面に近い物体なので、衝撃を吸収します。



一度治っても、治ったところは、長さや面積が縮小・短縮(たんしゅく:短くなること)するので


他の部分に牽引(けんいん:引っ張る力)がかかったり、無駄な負荷がかかって


負傷・断裂・損傷を負ってしまいます。



『また・・・半月版を負傷してしまった・・・』と、よく耳にしますが


前回とは少し外れた部分を負傷してしまうケースがほとんどなのです。





間違った使い方:練習・トレーニング・生活の中の動作では、いくらリハビリを頑張っても


負傷する危険性・可能性は、高いままということです。


正しい教育・学習が、絶対に必要なのです。




たとえ、負傷したことがきっかけであったとしても


正しいトレーニング・正しい動作学習・教育に


真剣に取り組むことで、逆に大きく伸びてくる選手が存在するのは、この様なことからです。




ガラリと!ご自分の考えをチェンジし


正しいトレーニング・正しい動作学習・教育に取り組んだことで


負傷しないだけでなく、正しくパワーを出すので


能力自体も上がるのです。



先日も、若い有望な人気スポーツの選手が、またも大ケガをしました。


現在も、世の中には危険なトレーニング・練習は多く存在します。


負傷に直接つながる危険性ということです。




そう考えると、医療と正しいトレーニングは


別のものと考えることは間違っているとは思いませんか?


根っこは、まったく同じなのです。



強いパワーを出すたびに、負傷するのであれば


継続できないですよね?


正しいパワフル動作は、負傷しない動作と同じ意味であると


私が指導させていただいているのは、このためです。







私の言う、ここでの【正しさ】とは


生理学的・解剖学的・機能的に、ということです。


そこを学び、これからも伝える作業だけに人生をかけていきます。



=============



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します




=================


おの整骨院は


キーワード=越谷市  外傷専門整骨院

YAHOO、Google検索第1位



健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。


====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では4名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月10日(月)のつぶやき | トップ | 膝(ひざ)を負傷!その場合... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。」カテゴリの最新記事