笠原のGomezBLOG

笠原のGomezBLOG

塩爺と松浦

2016-10-19 08:17:40 | 日記
ラポマインlpclub
肌のスキンケアにも順番というものがあります。もしその順番が間違っているなら、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌の補水を行います。美容液を使用するのは化粧水の後。その後は乳液、クリームという順番で、肌の水分を補ってから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。寒くなると空気が乾燥するので、それによって肌の水分も奪われます。潤いが肌に足りないと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるのでお手入れが必要です。水分が足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段より気にかけてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは普段よりしっかりと肌を潤すことです。カサカサする肌は、毎日の洗顔の積み重ねとその後、潤いを閉じ込める作業を正確に行うことで、改めることが可能です。どこに行くにもメイクをされる方の場合には、メイクを落とすことから改善してみましょう。か化粧を落とす時の押さえておきたい点は、メイクをきちんと落とすのと共に、肌にとって余分ではない角質や皮脂は取り去らないようにすることです。洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上でなくてはならないことです。おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥させてしまいます。そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿力のあるものを使用してください。ほかにも保湿効果のある入浴剤を使ったり、温度の高いお湯を使わないというのもドライスキンに効果があります。コラーゲンの一番有名な効果は肌の効果です。コラーゲンを摂取することにより、体中のコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌の潤いやハリに効果があります。現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることで老化を助けることとなるので、可能な限り、若々しい肌を維持するため積極的に摂取すべきです。普段は肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水を使うほか、乳液を使用しましょう。冬になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。しっかりと肌を潤わせることと血をよく行きわたらせることが寒い季節のスキンケアのポイントです。毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をできるだけ含まれていないことが一番大切です。保存料のようなものは刺激が強いのでかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、何が入っているのか、きちんと確認しましょう。何より大切なのは価格や口コミではなく最も自分に合ったものを選ぶようにしましょう。スキンケアには、肌を保湿したり、マッサージをするなどということが大切です。ですが、お肌に内側からケアをするということももっと重要です。食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などが重なると、高い化粧品の効果を引き出せず、お肌の状態を改善することはできません。まずは生活習慣を見直すことが、スキンケアに体の内側から働きかけることができます。乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは常に保湿を意識することです。そして、程よく皮脂を残すというのも大事なことです。クレンジング・洗顔はスキンケアの基本ですが、だからといって強い製品を使うと必要な皮脂が落ちてしまってさらに乾燥に拍車がかかってしまいます。顔を洗うときのお湯の温度は熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。保湿ももちろんですが自分の洗顔方法をチェックしてみてください。スキンケアは不要と考える方も少なくありません。スキンケアを完全に排除して肌力を活かした保湿力を失わないようにするという原理です。では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。クレンジング無しという訳にもいきません。市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌はみるみる乾燥していきます。肌断食を否定はしませんが、足りないと感じたときは、スキンケアを行った方がよいかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜岡とホシジリス | トップ | 火星がフクブクロ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。