BORDER COLLIE FESTIVAL

"ALL FOR B.C"

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

"STAY TUNED!!!"

2009-06-04 00:22:32 | Border Collie
   

                " STAY TUNED!!! "
                 JUNE 7, 2009

               BORDER COLLIE FESTIVAL



 ※この記事を以て、第1回BORDER COLLIE FESTIVALのブログを更新停止いたします。ご愛読ありがとうございました。
  今後は BORDER COLLIE FESTIVAL OFFICIAL WEBSITE にて情報更新いたしますのでご期待ください♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OFFICIAL WEBSITE

2009-05-16 01:02:05 | Border Collie
BORDER COLLIE FESTIVALのオフィシャルウェブサイトができました。

BORDER COLLIE FESTIVAL OFFICIAL WEBSITE

日本各地で今回のようなイベントを開催することを目指して!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございました

2009-05-13 00:01:10 | Border Collie
50名の方とたくさんの犬にご参加いただき
盛況のうちにBORDER COLLIE FESTIVALを終えることができました。

初夏のような陽差しが照りつける中
予定より遅れてスタートしたイベント

午前中はハーディング、ディスク、アジリティ、オビディエンス
それぞれの競技のデモンストレーター&犬の方々が魅せてくれました。


ハーディングの注目株は若干9ヶ月のRoy。
トレーニングを始めてまだ5ヶ月足らずですが、ボーダーコリーとしての
素晴らしい素質を披露していました。
ハンドラー、スタッフMのハンドリングに魅了された方も多かったようです!


ディスクではスタッフIがトリックの詳しい説明から、実際に犬を使った動きまでを披露。
数々のすごい技に、皆さん釘付けになっていました。


アジリティは参加者のTさんIさんUさんにご協力いただき、デモンストレーションが行われました。
ハードル、スラローム、トンネルのみでしたが、コースは難易度が高く、
世界大会出場経験のある面々の素晴らしいハンドリングを披露していただきました。


オビではスタッフTの、楽しみながらやるトレーニングを実際にみて、
やってみたいと思われた方も多かったのではないかと思います。


ランチの後、午後には参加者のみなさんも各競技のレクチャーを受けて
楽しいひとときを過ごされていました。


ゲームのウェイト大会は、何をされても待てる犬が続出しての大接戦。
飼い主に呼ばれても動かなかったり、呼んだのに他所の方のところへ行った犬もいました。
(・・・どちらもスタッフの犬でしたが(^^;)
決勝戦では飼い主が投げるディスクにも反応せずに待つ犬たち。
「来い」の速さで優勝者を決定。
優勝したヘルパーさん、おめでとうございました。


BCRNのパネル展示には、参加者だけではなく一般の方も興味を示してくださったようです。
安易に犬を飼い、捨てる人間が少しでも減ることを願っています。



参加者の皆様には数々のご迷惑をお掛けしたにもかかわらず
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スタッフ一同、心から感謝いたします。


~参加者の皆様へ~
アンケートが回収できなかったため
今回のイベントの感想やご意見をコメントやメッセージでいただけると幸いです。
今後のイベントに繋げるためにも、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BORDER COLLIE FESTIVAL

2009-05-06 23:59:59 | Border Collie
BORDER COLLIE FESTIVAL
"ALL FOR B.C"

Sheepdog として誕生し、現在は世界各国の Dog Sport においても、その活躍の場を広げる Border Collie 。
それは日本国内でも多くを目にする事が出来、同様に活躍しています。
BORDER COLLIE FESTIVAL は、"ALL FOR B.C"をコンセプトとした Border Collie たちの祭典です。

Border Collie と、もっと楽しもう!
Border Collie を、もっと知ろう!
彼等との時間を、かけがえのないものにするために!

そんな場を、皆様へご提供していきたいと企画しております。


開催日 2009年5月10日(日曜日)
開催地 うぶやま牧場(熊本県阿蘇郡産山村)

<参加費用>
3000円
(小学生 1500円 幼児はランチ無しで無料)
5月6日(水)までにお申し込みいただいた方には当日ランチが付きます。
お申し込み後にメールで振込先をお知らせしますので、ランチ準備の都合上、5月7日(木)までにお振り込みください。
入金確認後に受付完了いたします。
当日まで受け付けいたしますが、5月6日(水)以降のお申し込みにはランチは付きませんので
よろしければ牧場内のレストランをご利用ください。
愛犬のレクチャーおよびゲームへの参加の有無にかかわらず(見学のみも)参加費は3000円です。


<イベント内容>
Herding・Disc Dog・Agility 等のデモンストレーション
各競技の個別レクチャー
(別途有料 下記レクチャーについて の項目を参照してください)
無料しつけ相談
ゲーム
(参加無料 賞品あり)
グッズ販売
ボーダーコリーレスキューネットワークによるパネル展示



<Time Table>
8:30~ 受付開始
9:00~ 開会
9:15~12:00 DEMO
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:00 LECTURE Part 1
14:00~15:00 LECTURE Part 2
15:00~15:30 休憩
15:30~16:45 GAMES
16:45~17:00 閉会


※都合により、内容やTime Tableの一部変更の場合もございますので、予めご了承ください


主催 BORDER COLLIE FESTIVAL 実行委員会
協賛 阿蘇牧羊犬倶楽部 / 石川ドッグトレーニング  / Ohana Border Collies / 四季の花宿 ペンション フラワーガーデン / JFAクラブ熊本 / Tina House / Heavengrass Sheepdogs / BORDER COLLIE RESCUE NETWORK / 焼肉玄 /  50音順




~お申し込み方法~
参加ご希望の方はメール件名を 参加申込 として、内容に
  ・参加者氏名
  ・住所
  ・TEL
  ・PCメールアドレス
  ・参加犬名(同伴参加の場合)
  ・しつけに関して相談したいことがある方は相談内容
をご記入の上、bcf510@mail.goo.ne.jp へ送信してください。
折り返しご連絡差し上げます。


レクチャーについて
当日、デモンストレーション見学後、愛犬と挑戦してみたいと思われた競技のレクチャーにお申し込みください。
各競技とも13:00~と14:00~の2回に分けて行います。
各回定員制で先着順に受け付けいたします。(定員は参加者人数によって設定する予定です)
 受講料 1回 1,000円 
先着順一度のお申し込みで1回のみ受け付けますので、2回目をご希望の方は再度お申し込みください。


注意事項...ご了承の上お申し込みください
・事故等のトラブルが発生した場合、主催者側では一切責任を負えませんので自己の責任において解決してください。
・ゴミや愛犬の排泄物は各自でお持ち帰りください。
・レクチャーやゲーム以外では必ず愛犬にリードをつけてください。
・デモンストレーション開催時は愛犬はケージや車の中で待機させてください。
 ※車中は暑くなることが予想されますので、犬専用タープを設置する予定です。
  ケージをお持ちの方はご持参ください。
・申し訳ございませんが、ビデオ・写真撮影はお断りさせていただきます。


Staff
M.Ito, A.Moriuchi, M.Saneda, Y.Yoshino, K.Ishikawa, Y.Tsuji, Y.Taniguchi, K.Sakamoto, Y.Watanabe (順不同)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競技内容2 Herding(Sheepdog)

2009-05-06 23:59:15 | Border Collie
Sheepdog とは、Work dog として働く作業犬です。
作業は主に羊等の家畜を扱うもので、様々な仕事を行います。
その作業工程を集約したものが、SDT : Sheep Dog Trialとなります。



その主なSDTの作業工程は...

OUTRUN:対象のもとへ向かう動作
(羊を混乱させず、後方に回り込む事が望ましい)

LIFT:対象とのファーストコンタクト
(羊に対し必要以上のプレッシャーをかけず、混乱を招かない事が望ましい)

FETCH:対象を Handler のもとへ連れて来る作業

DRIVE:対象を Handler より遠ざけ、また目的の場所に導く作業

SHED:対象(群れ)を二分したり、問題を持つ個体を群れより分ける作業

PEN:対象を目的の場所へ追い込む作業

※今回はSDTとしては行いません

<参考映像>



阿蘇牧羊犬倶楽部(羊の毛刈り実演含む)とHeavengrass Sheepdogs
デモンストレーションを担当する予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加