高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 






















































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今秋の高原の紅葉時期は10月の長雨に見舞われ、
日にちの選択が非常に難しいものになっていました。
10月26.27日の両日は前日までの 雨も上がり、
運良く奇跡的に快晴になりました。
雨後の空は真っ青な秋空が広がり、
テニス合宿の我々を歓迎してくれました。
朝5:30起床。雲場池が境内の1部になっている
B保養所から地続きの遊歩道に繰り出し、
雲場池の紅葉を2時間ばかり、心ゆくまで
鑑賞させていただきました。
お世話になった関係者の皆様に心から感謝いたします。


 
















































































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も恒例の秋の合宿をテニス仲間12人で
軽井沢で 楽しむことになりました。
合間を縫って秋景色を眺めることがことができ、
私の場合、どちらかというと写真撮影にウエートが
かかっていたと反省しています。
浅間山はテニスコートの真北に位置し、

今秋の長雨や台風の影響も受けず、幸なことに
2日間とも最高とも思われる紺碧の 空のもと、
存分に秋合宿を満喫できました。

お世話を頂いた皆さんに心から感謝いたします。

 























火口から噴煙が上がっていました。






























 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




肉眼ではシジュウガラと見分けがつきにくい
ヒガラは亜高山帯の針葉樹にいることが多い。
大きさは11cmとシジュウガラよりは一回り小さい。
動きはとても早い。
この日は浅間山麓のモミの木のほぼ垂直に立った
球果の鱗片を食べに5〜6羽の群れでやってきていました。
空は紺碧の快晴で、浅間山の新雪が眩しい最高の条件。
ターゲットは今春生まれの若鳥と見受けられました。 



 































































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




上野の東京国立博物館の平成館では
奈良の興福寺や各地の寺院に分散している運慶を始め、
父親の康慶や一番弟子の快慶や長男の湛慶の国宝や重文の80余点
が一堂に会し、特に我が故郷の高野山の金剛峰寺からも子供時代から見慣れた運慶作の
八大童子立像の6躯にも再会したかったので、日本新自由画壇展の帰路、立ち寄ってみました。




 
ポスター


作品は撮影が叶いませんでしたので、本館の鷲鷹の彫像を
訪問記念に撮ってきました。 










 







 
博物館前の噴水公園

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





今回は上野公園の都立美術館で開催されました。

橋本画伯理事長と藤沢古葉先輩のご案内で
稲美会員の参加者は楽しく鑑賞させていただきました。
ありがとうございました。


参加者と理事長先生と藤沢先輩







日本自由画壇の初代会長-河口楽土さんと代表作品






河口楽土さんの三部作





「日曜日の朝」-藤沢古葉







波のしらべ 風の道






「何処へ」





枯れ蓮





理事長先生の「待春-1」と「待春-2」の鑑賞





待春-1






ひとやすみ






彩秋






睦月





春を待つ魚沼の山河













くさばな





富士の浄水





「花の小径」





「奥入瀬」





「秘湯の宿」





早春の甲斐駒ヶ岳

約200点の作品中 私の好きな 作品でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今春生まれのメジロやシジュウガラが
カワラヒワのすぐそばで採餌していました。



































 











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夕暮れ時の池のアオサギ幼鳥です。























 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いつもfieldにいるキジバトも
時間や光の塩梅で美しい野鳥に見えます。 



水飲み






夕方の後ろ姿 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今秋、初めてオナガガモが 入りました。










長い旅で飛びつかれたのか、午睡をしていました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今秋fieldでは初めてのカワラヒワが見られました。
午前中にpointに入り、高木のアキニレの実を
懸命に食べていました。 
















 






 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日に比べ気温は26度と夏日。
夜は寒くても野鳥は気温に対しても
相当順応性があるやに見えます。
今日はfieldのあちこちでキビタキの雌雄の目撃情報が 
あり、まだ滞留中であります。 
















 


 コサメビタキとサメビタキの違いがわかる過去の私の採集した
ページを紹介しておきます。
クリック!

サメビタキ、コサメビタキ、エゾビタキの比較     ---15.9.30--- 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




秋の萩にウラナミシジミはよく合いますが、
野原の小さな花にも 舞い降りてきます。
























 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの秋らしい秋晴れになりました。



空飛ぶ円盤が抜けたような跡が見えます。






綺麗ないわし雲













アキアカネ





 







ヤマトシジミ裏表






夕日が丘広場の隣で新保育園の建設が始まりました。






小鳥の餌となるピラカンサの実が真っ赤になりました。













ツマグロヒョウモン












ヒメアカタテハ






ヒメアカ






ツマグロ






ヒメアカ









ヒメアカ






ムラサキシキブ





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ