高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



今年も関東のあちこちの深い森では
サンコウチョウが 巣立ち始めているようです。



メス親






オス親






ペアーで仲良く子育てです






時々雛を抱いていました。






餌を探して飛んでいるのが見えました。






ひと休みです。







餌となるイトトンボがたくさん飛んでいました。






ガビチョウが他の小鳥の真似をしながら賑やかに鳴いていました。





 
オオルリも森中で飛び回っていました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1991年に設立された日本昆虫協会の初代会長の奥本大三郎さん(73)は
フランス文学者でもあり、『ファーブル昆虫記』の完訳もされた大の昆虫愛好家です。
先生によると、「近代的な昆虫採集は西洋伝来ですが、あまねく大衆にまで広まったのは
日本だけ。日本人の目は本来、小さきものを愛でる「接写レンズ」を持っているから、
蝶や昆虫に焦点が合い、深く愛着を感じられ続けたのだろう」と 。
私も日本人であってみれば、毎年毎年老いを重ねても身の回りの美しい蝶や昆虫に
季節ごとに興味がつきません。
地球上でも我が日本の国土の7割は緑に覆われ、人心もこの緑縁のおかげでどんなに
多忙な時でも自分の気持ち次第で森や生き物に接することができます。
これほどの幸せは他にないものと信じています。
いわば自然教です。お金よりも地位よりも毎日の生活が自然と共にあれば
真夏でも公園の森の中で一つ大きな深呼吸すれば心身ともに充実感が持てます。



身の丈10mmに満たないテントウムシが0.1~2mmの虫を捕獲しようとしています。




口にくわえてムシャムシャ!






黄色いのも






赤いのもいます






ホソヒラタアブ






ナミテントウムシ













アシナガキンバエ






涼しいので長い間、羽を広げていたベニシジミ夏型












美しい裏面





 






 

昆虫を狙っているトカゲがカメラの方を睨みつけました
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




近くの公園の花壇に美しいナデシコが咲き誇っていました。
梅雨の晴れ間の乾いた空気の中では花言葉のように
「純愛」「大胆」「勇敢」などを連想させるものでした。

































ハラナガツチバチでしょうか?




 
蜂の種類は多くてわかりません。 





 
強い赤色の花言葉は「野心」だそうです。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ミスジ蝶に似た美しいホシミスジに逢いました。























 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




近所の公園ではシジミたちも夏型が出ています。
足元をヒラヒラ飛ぶ蝶は青だったり、赤だったり
目を凝らして見るととても綺麗です。 



ベニシジミ(夏型)






 











 
ヤマトシジミ






ヤマトシジミ雌





ヤマトシジミ雌






ベニシジミ夏型




 






ツバメシジミ




 
ツバメシジミ 





 
甘くて強い芳香を放つクチナシ



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ミドリシジミを撮影した日に撮ったしじみ蝶。
場所は埼玉県秋ヶ瀬。



ミズイロオナガシジミ











ウラナミアカシジミ 






葉陰のウラナミアカシジミ 





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4か月ぶりに銀座で「食べ歩きの会」に参加した帰路、
すっかり様変わりした銀座松坂屋の新ビル『GSIX』のウチソトを
見学してきました。
どちらかというと街よりは自然派の私でも時には街の中に
自然や自然をモチーフにしたものを見つけるとホッとします。


鳥と蝶のレリーフ




屋上庭園にて





店内のセンターの吹き抜け





靴屋さん





漆器屋さん





本屋さん





廊下





女性専門の靴屋さん





エスカレーター付近





正面のUNIQLO







 正面玄関にGSIXの文字が見えます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




間も無く梅雨に入るので、
再度ミドリシジミに逢いに行ってきました。

 
飛び出しを撮りました。







日向のオス






裏面はオス、メスの色は変わりません 












美しい両面










 












メスAB型






メスAB型


















メスAB型


















メスB型










以下2点はクリックde拡大!












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




埼玉県地元のKさんから情報をいただき、
今年もはやミドリシジミが出ているとお聞きし、 
早速K.Mさんと早朝現地6時着で行ってきました。
9時頃には温度が上がり、それぞれの個体 は
ハンノキに上がってしまうということです。
今年もたくさんの愛好家がすでに到着していて、
急いで撮影仲間に入れていただきました。
息を呑むような美しさに今年のミドリシジミに乾杯!





























 

























































 

















以上オス






 
メスAB型 



以下3点はクリックde拡大!











 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は朝から空気がカラッとして、5月の初旬に戻ったような青空で、
朝の散歩がとても快適でした。
朝食をとっていると、この快晴にふさわしくカッコウが鳴いているのが聞こえ、
近所の松の木にでも来ているのかと急いで見に行きました。 




















 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本年1月に第1回作品展を開催して早くも約半年になります。
会員一同ますます腕を磨き、写真道をひた走っております。
第1回目は多数のご高覧を賜り心から感謝いたします。
今回も 会員各自得意の各分野で個性を発揮し、作品を発表させていただきます。
皆様多数のご来場を戴き 厳しい目でご講評を賜りたくお願いいたします。


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )