高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



ソメイヨシノも咲きかけて震え上がっている!って感じ。
寒のもどりが必ずある、今年の春先です。
正直なもので、小鳥たちはそのことをよくわかっているようで、
冬鳥のシメやシロハラがまだ出没していますね。 



シメ












 
シロハラ 






大当たり年のアトリは人工芝の上にまで降り立って、
落ちた木の実を丹念に探し回っています。
群れの大きさはかなり小さくなってきましたね。 






 
レンギョウとユキヤナギ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボケの花の花蜜にはヒヨドリやジョウビタキや
メジロもやってきます。
いつもはメジロが多いようです。






























近くの紅葉の木にも泊まってくれました。





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




杉並稲門会写真部の第24回撮影ツアーの一コマです。
足腰の痛さは歩く方が良いことがわかりました。



便乗






竹のお食事





 
交流 ⑴







交流⑵ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いつものfieldにはウグイスのほかエナガやシジュウガラ、
シメ、アオジなどがいます。Tさんがクロジを見かけたと言っていたので
その辺りを見て回りましたが見つけられませんでした。
早朝にはアオジの鮮やかな木止まりを撮ることができました。 



アオジ雌





 







園芸種のユキヤナギ


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりにウグイスです。
まだ冬場の声ですね。
メスかもしれません。 























 







マンサク





 
ユキヤナギ(園芸品種) 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カラフトムシクイが入ってから約1ヶ月。
メジロたちと混在で時々2羽が見られます。
動きが非常に早く、撮影にもスリル満点です。


 












































可憐なユキヤナギが満開になりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




善福寺川沿いには桜のソメイヨシノより一足先に
純白のコブシやハクモクレンが咲き誇っています。
昼夜の寒暖の差は大きいものの春が足早にやってきています。



川沿いのハクモクレン⑴





 
川沿いのハクモクレン⑵





 
川沿いのハクモクレン⑶





 
川沿いのコブシ






大宮神社の大きなコブシの木も満開です。 







椿 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジョウビタキの雌が和田堀の一角に
冬場ずっといます。 
















 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




都内、都外の各都市公園では
毎年のように3月の初め頃から
オオタカの営巣が始まったという情報が
多くの鳥友から入ります。
この所、年ごとにオオタカの目撃情報が増え、
都市公園でもムクドリやキジバト、ドバトなどの中型の野鳥
の数が増えている現状がオオタカを繁殖させている
要因になっているようです。
樹上で営巣するカラスと競合関係になっているため、この時期、
勢いカラスとのbattleが頻繁に見ることができます。
ひとたび餌を捉えて食べ始めると周囲に人が15mほどの位置にいても
臆することなくその場で食べ尽くしたりしています。
この間の時間2.5時間に及ぶこともありました。


 
足の毛並みが綺麗な成長です。






この目で睨まれると餌となる中型のコトリは慌てて逃げ惑うわけです。













頭上にカラスの気配がするとサッと両翼を広げ、
微動だにしないで、カラスの立ち去るのを待っていました。
この間、約10分前後。






周囲のカラスの飛来に鋭い目で注意を怠りません。












 
餌になったキジバトを1/2ほど平らげてしまいました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年も同じ小さな川に飛来したシマアジが
今年も大陸から飛来しているというので行ってきました。
実は昨年の秋口から旅鳥として近くの川に
エクリプスでいたものが 
今春になって 急に夏羽をつけ始め
美しくなってきていたものです。


菜の花にシマアジ











 


















































 














岸に上がったシマアジ




















大型のカモ類と仲良くひと休み















マガモ   L59cm   シマアジ L38cm






一緒にいたカルガモとの大きさ比較(カルガモ61cm,シマアジ38cm,コガモ37.5cm)
カルガモより小さく、コガモより少し大きいが見た目には同じくらい。 





































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




城沼のほとりの柳の木の芽を食べに雄のベニマシコが
1羽 だけ入ってきたので、急いで狙いました。






























 







視界の遠景にはbirderたちがコミミズクを狙って待機していました。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




菜の花の絨毯にホオジロが来て
目を楽しませてくれました。 





























 













 
土手上の鳥友はシルエットになりました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鳥友3人で今年のヤツガシラを撮りに行きましたが、
そのfieldから抜けていました。
午後から渡良瀬の fieldに移りコミミズクの相手に
なってもらいました。
菜の花が満開で黄色い絨毯を敷いた中で40分ほど
大の字になって午睡を貪りました。
この鳥はこの時期、夕方 5時ごろになって
飛び始めます。
菜の花に似合う風景の中のコミミズクは初めてで、
その魅力を存分に味わいました。 


























































































































 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私たちのfieldに久しぶりに
オオタカの成鳥が現れました。
ヒマラヤスギの梢のあたりで
あたりを睥睨して獲物を狙っていました。
カラスが数羽でちょっかいを出して
縄張りから追い出そうとしていました。 














 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和田堀公園の一角に
ルリビタキのオス若が長く逗留していて
長い冬の間楽しませてくれました。





















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ