高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



輪島出航予定の30日は空が晴れていても強風のため1日1便のフェリーが欠航。
birder仲間8人で輪島から金沢市内の健民の森に能登半島を引き返し数種の小鳥達に
お逢いし、遊んでもらいました。



カワラヒワ






オオルリ













クロツグミの♀







エゾムシクイ




















アオジ♂













 







ウグイス






アオジ♀













オオルリ
















































コサメビタキ













 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




朝がよく晴れて爽やかだと小鳥達も餌になる虫が出るせいか、
大きな声でさえづります。フィチフィチ フィチチ・・これはキビタキ♂の声。
私達も新緑と小鳥の声に包まれて心身ともに癒されます。

























































































































 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Wの校友会の写真部の皆さんと撮影会を東京競馬場で開催しました。
いつもの野鳥とは違うターゲットに対する感覚が違い、少し戸惑いましたが、
それなりに楽しめました。


 
公園への道







三つ巴







接戦







優勝の歓び 






勝ち馬の退場



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




liferのツバメチドリが撮れました。
とてもユニークな色形の野鳥で 、
一度お目にかかると忘れられません。
春キャベツの畑に1羽だけ飛来していたものです。
冬場は東南アジアや 沖縄県の与那国島や石垣島でよく見られる鳥です。
大きさは見慣れたムクドリぐらいの大きさです。 




チドリのようにヨチヨチ歩きで、尾羽がツバメのように凹尾、それでツバメチドリ。







飛翔





















カメラマンが多すぎるよ~・・・ったく。













ムクドリと同じくらいのサイズです。






かゆ~い!?



























裏羽が赤いのが特徴。







急に飛び出すので、飛び姿撮影は難しい。
ピンボケごめん!!














































耕耘機さん有難う!!?
だって、おいしいミミズや虫がいっぱい出るんだもん!!





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も森中が若葉であふれるようになると(今年は10日~15日ほど早い)
オオルリやキビタキが和田堀公園の森にやってきました。

オオルリは1,2日で通過することが多いのですが、
キビタキは比較的長逗留することのようです(1週間から2週間くらい)。
到着後しばらくは高木(殆どコナラ)の梢の方に餌になる小昆虫がいるのか
なかなか下の方には降りてきません。 





キビ雄の ひと休み





















雄の飛び出し



 







色の地味なキビタキ雌





 
キビタキ雌 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山桜にオオルリ♀ 

巣づくりを始めたツバメ





ツバメ













イソヒヨドリ♂






イソヒヨドリ♀






イソヒヨドリ♀








山桜にメジロ





若葉にホウジロ




















山桜にメジロ






水仙






楊柳山遠景






レンゲツツジ






山桜






記念植樹の丘の桜①






記念植樹の丘の桜②






真木にホウジロ













鴬谷の桜







カケス












































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実家から3分のところにMr.Pine mount氏の邸宅があり、
裏庭にはこっそりカモシカや頻繁に鳥たちが やって来ては
奥方のKさんに食べ物をねだったりしています。 


裏山の鳥居の際にやって来たカモシカ




















 
目の下の“匂いつけ所がはっきり見えます。 







3階建ての学生用のアパートの屋根裏にイソヒヨドリが営巣中でした。













 







他の鳥やネコの鳴きまねをする カケスは山道に入るとすぐ道案内をしてくれます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




父母と長兄の法事で久しぶりに故郷の高野山に帰山してきました。
山はソメイヨシノの盛りが終え、山桜や枝垂れ桜の真っ盛りでした。
小鳥達も春の到来とともに声高になり、
一歩外に出ると爽やかな可愛い声が響き渡っていました。 



境内は山桜と枝垂れ桜が主役を演じていました。










キセキレイの若でしょうか?胸元がチャーミングです。





















アオゲラのペア—がドラミングで居場所を教えてくれました











 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




南海高野線の橋本から極楽橋迄の間は
私が東京に出て以降50年以上経っており、
樹々も大きく成長し、風景が誠に美しくになっている事に
驚嘆しました。 


南海高野線の沿線の山々の風景





















3層の美しい民家の瓦屋根と丁度満開の桃の花




















高い山の向こう側が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素の一つとなっている
丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ/にうつひめじんじゃ、丹生都比賣神社
のあるかつらぎ町の上天野辺り。













少し立て込みすぎる杉林が美しい。






頂上辺りは松林か?薄緑の中程が春ならではの美しさだ。











極楽橋は電車からケーブルカーに乗り換える際、必ず右手に見えます。(秋も素晴らしいですよ)






高野山を意識した南海電車の特急電車「天空






ケーブルカーの到着を待つ観光客







高野山のターミナル駅。
ここからバスで更に15分程で盆地形状の山内の町に入ります。
山内には幼稚園から高野山大学まであります。





高野山がユネスコから「紀伊山地の霊場と参詣道」という名の世界遺産に認定されて以来、
今では観光客もヨーロッパやアメリカ、東南アジアなどからの外国人に
遭う事が非常に多くなっています。
世界的にテロや戦争の絶えない不安な時代の霊場めぐりといったところか。





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




寒暖の差の激しい今春のシ−ズンはソメイヨシノが
まだまだ残っていて、曇天の日でも周囲を明るくしてくれます。 



拙宅の前の桜並み木の残り花びら






コゲラの蜜吸い










梅さん、カワセミの雛のお出まし(1番子)は5月の初旬だと思います。
待ち遠しいですが、もうすぐですよ!



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝の天気図は西高東低の冬型の3月の初旬に逆戻りの寒さで、
午前中は避け、昼過ぎ、いつものfieldを散策しました。 



コサギが探餌していました






コチドリの♀がいた辺りは、よく晴れた空が水面に写り込んでキレイでした 







コガモがまだ9羽います。ペア—です。







いつもの事ですが、夕刻になって、カルガモが 川の上空を旋回します














カワウが飛び立ちました







 薄暗くなって、オナガが群れで飛んでいました







花びらが小振りの可愛いキレイなさくらー小松乙女







小松乙女






スズランも咲き始めました。 







桃の花にシジュウガラ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9年ぶりに撮るチョウゲンボウは私にとっては
珍鳥です。
若き鳥友2人と久しぶりに東京の郊外に出かけて楽しんで来ました。 



小休止







モモの花見






上昇







旋回飛翔







獲物運搬(愛する♀に)







スピード飛翔






獲物探索






トカゲ探索 






獲物キャッチ−①






 
獲物キャッチ−②







 街灯の上のチョウゲンボウ







飛び出し










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コチドリを撮っている最中に大きな声を出しながら
コサギの雌雄が接近し始めました。
昼間の気温が20℃を超え、桜の花びらが川面を
流れ始めると本格的な春の訪れです。


桜の花びらとコチドリ






 

 

拒否された雄が飛んで行きました。






クリックで拡大























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




校友会の皆さんに誘われて千鳥ヶ淵に花見に行ってきました。
この記録は開花が始まって7分咲きの頃のものなので、
今ひとつソメイヨシノの艶やかさが出し切れていません。 



花大根とソメイヨシノ







千鳥ヶ淵を眼下に見て







鯱鉾の大屋根とソメイヨシノ







日本建築の美とソメイヨシノの大木







ボート遊び-①







ボート遊び-②







ボート遊び-③







美しい武道館の大屋根のラインと桜
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

桜こそ思い知らすれ咲き匂う
花も紅葉も常ならぬ世を 


















































ソメイヨシノが終わって、牡丹桜が咲き始めました。






オオシマさくらは未だ残っています。





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ