高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



  





















































































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






天気予報が外れて、午後2時過ぎから晴れ間が出てきました。

和田堀池の周辺は遅い紅葉の真っ盛りです。
雨後のしっとり濡れた樹々の葉の彩りは1年に1度お目にかかれるかどうかの美しさです。
 気温が上がった性もあり、川面に靄がたち登って
光が当り、久しぶりの大気感が 味わえました。






























































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いつもはオオタカは150m程先のモミの木の太い枝に止まる事が多いのですが、
たまに50m手前の松ノ大木に止まる事もあります。 
その野性味溢れる顔の迫力は大型の猛禽を凌ぐものがあります。
このクチバシや足のツメで中型の野鳥や小鳥が襲われたらひとたまりもありません。
脇腹のハートマークは若鳥の証しです。























 













 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




三度目のトラツグミです。
中2日の雨にも関わらず、
薄暗い、彼にとっては居心地の良い森の中に
未だ逗留していました。 


 
榎木の実をくわえていました。













 













 




 
帰途のモミジも随分色ずきました。 






 
残り少ない桜の葉です。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりにオオタカの成鳥が現れました。



オオタカ成鳥








後ろ姿







UP姿














モミの木のオオタカの若 






若鳥飛び出し






















鳴き姿







川縁のオオタカ。足が頑丈にできています。

 



西日を受けたままの撮影で、ステンレス製のfenceが見事に反射した。 
それにしても、間近に見る オオタカの姿は迫力があります。







飛び姿です。







飛び姿−2 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




残り少ないハナミズキの真っ赤な実を食べに来る
シジュウガラ



















































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年は北からやってきたヒヨドリが非常に多いと思われます。




初冬”.。。。。ハナミズキの実とヒヨドリ







青空の下で



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日のトラツグミの撮影は手持ちで
カメラの設定ミスで不覚にも
満足行くものではなかったので、
今日は今一度428で 挑戦。
少しはシャープで色合いも良くなったと思いますが如何でしょう?
一部葉かぶりの前ボケのミスはお許しを! 


 




































 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年3月以来のトラツグミに遭遇しました。
やはり薄暗い地べたに近いところで葉っぱを
ホジ繰り返していました。 






























 






 






 






 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジョウビタキがfieldのあちこちに現れるような季節となり
♂♀が同時に撮れるようになりました。
人家のすぐそば迄来て、車のルーフや
フェンスなどに止まったりして愛嬌を振りまき、
シャッター音に反応して威嚇して来たりしています。
この子たちも縄張りを主張するようです。 

 
榎木 の実の近くのジョウビタキ♂





 
雌です、、、背中の白班が小さくて、
全体が淡い茶褐色ですね。







fence上の♂です。 







青空の下の♂です。 







古木上で



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夕方いつものfieldからの帰途、
アオゲラの大きなケレケレと鳴き続ける声が聞こえ、

もしかして撮れるかもと思い、
眼を凝らして高木の幹を辿るといました。♀のアオゲラです。















 
紅葉しかけの桜の葉 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジョウビタキの“ヒッヒッカタカタ”と鳴き声が聞こえて来たので
暗くなりかけの林の隣縁部をジッと見ていると

♂のジョウビタキが飛び出して視界良好の
細い枝先に止まってくれました。 



きれいな若い♂でした。





 







日当りの良い御衣黄 ギョイコウ (Cerasus lannesiana 'Gioiko' Koidzumi )
の 葉の紅葉。

今年は夏が暑すぎてあまり色のノリがよくありません。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




時々オオバンが1羽どこからか池に遊びに来ています。
オオバンと言ってもこの子は小振りのオオバンです。
それでもコバンとは言いません。!?









 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




例年の研修旅行で静岡に行きました。
帰り道、バスの中から夕日のページェントを撮ってみました。 



富士の夕焼け雲”・・・てっぺんは富士山です。





伊豆半島の向こうに沈む夕日。






 
森の向こうの夕やけ空



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大陸のシベリヤからはるばるやって来た
初冬の綺麗なツグミは やっと地面に降りて
ミミズや昆虫の幼虫などを探してています。
だんだん人にも慣れてくるのです。 
















 






   
地元のハクセキレイも歓迎して 近くで遊んでいます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ