高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



秋の晴れ間が昨日からつづき、空気もさわやか。
FIELDに出られない諸般の事情があっても、強引に出て行くのが
私の流儀。ラ・マンチャの男を気取って元気を出して我は前進するのみ・・・
そこには美があり、ロマンがあり、夢がある。 そう、私の親友は愛すべき小鳥達なのだ!?
The  Impossible  Dream(見果てぬ夢)

http://www.youtube.com/watch?v=rNoaQPWvwnY

http://www.aritearu.com/Life/music/Photo/LaMancha.htm









飛び出し(♂成鳥






でかいの獲ったぞ~




















http://www.aritearu.com/Life/music/Photo/LaMancha.htm





♀の若












 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前中、カワセミがペア—で登場。
重い曇天で光量が足りなかった。



 
ペア—






 






 
カルガモと一緒





 






 
大きな魚を捕えた 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はカワセミが現れないので、いつもいるカルガモの羽ばたきを
撮ってみました。6,7年前にも撮った事がありますが、カメラの性能が
数段進歩しているので、とてもきれいに撮れるのが楽しいですね。 



 
カルガモの羽搏き






















 






 






 






 






 







久しぶりにメジロがきました





 
飛び移り







コゲラ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午前中曇り午後晴れ。今朝は寒かったので今年初めて長下着を着た。
ようやく寒さを感じるようになった。 

 




















 
採餌ダイビング





 






 






 






 






 






 






 






 






 
雌の幼鳥です







新しく入ったキビ♀とイイギリの実



























モズ







拡大図





 
ヒヨドリ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




伊豆大島に甚大な被害をもたらした台風26号が北海道の東で温帯低気圧に変わり、今日は秋晴れのよい天気。
いつものFIELDでは秋の小鳥達が賑やかになってきました。



 
モズ♂














 







オナガの飛翔








ハナミズキの木の実を食べに来たシジュウガラ






















カワセミの若♀







 
カワセミ♂







 







小鳥を狙うツミ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










キビタキー和田堀で
今秋撮影した♂です。ナルシストのキビタキ君です。









シマノジコーシベリアで生まれ日本海の島嶼に立ち寄り中国や東南アジアへ渡る名鳥です。









昨年の冬の都市公園はウソがたくさん入り連日楽しませて頂きました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この時期、野原にはウラナミシジミ表は青いグラデーションの色、裏は黄土色の
波のようなきれいな模様のシジミ蝶が、小さなピンク色のカタバミの蜜を吸っていました。 










 













 






 






 






 






 







ヤマトシジミ






 
ヤマトシジミ






キタキチョウ





 
アキアカネ♀






アキアカネ♂





 
葉陰にひっそりムラサキシキブ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日曜日で、隣りのグラウンドが騒々しいので、駄目かと思いましたが、
今日は野球だったので、アメフットよりは少しは静かだったので、
鳥友方と楽しめました。小鳥達も都市公園の騒音にも慣れて来ているのでしょう。 



キビ♀






 














キビタキの♂(証拠写真程度です)






 
ミズキの木の実が未だたくさん残っています。






 
肉眼では見えにくいので少し、UPしてみました。







イロハモミジが、今はミドリですが、今年は残暑が長いので、これが赤く染まるのはいつ頃になる事か? 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今秋初めてモズの若♀を我が家の前の高木で高鳴きしているところを撮りました。
この枝にヒヨドリがいたのを追っ払って止まったものです。
10月になるというのに、モズが来ても最高気温が25℃を超えていました。
大阪では32℃にもなったそうです。中国の北京市ではスモッグが出て
大変らしい。これから先中国の農村部も都市化すれば益々地球規模で
大気汚染が深刻になります。このまま放置すれば、人類の自殺行為になると
思いますが。一刻も早く、日本の技術を取り入れ空気浄化に力を入れてほしいものです。 




モズの若♀






 







モズの高鳴き (他種に対する縄張り主張
のための)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




キビタキを待っている間、エナガやシジュウガラ、コゲラ、メジロなどの混群が
川の林に沿って、上流から下流域にまたその反対方向に2,30羽通過します。
これを追うのは早いので大変ですが、こんな時こそ体力と機敏性が役に立ちます。
ヤマガラも見かけましたが、撮る事ができませんでした。彼らが好きなエゴの木の実が
黒くなってき始め、ヤマガラの到来を待っているかのようです。自然は持ちつ持たれつの
バランスで成り立っています。



 
途中で木についた昆虫の卵等を素早く食べています。






 






 






 






 






 






 
コゲラの飛び出しを撮らえました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボランティアーと降雨の為に、2日間birdworkはお休みでした。
今日は久しぶりに最高気温が28℃と夏日となった。
キビタキ達はいるかどうか心配でしたが、fieldには常連方がたくさん
お見えになっていて、小鳥さん達のお出ましを待ちました。
キビタキはときどき木の上に見えるのですが、姿を隠すのも早く、
思うようには撮れませんでしたが、夕方3時半頃になって、
観客が少なくなった頃 やっと姿を見せてくれました。特に
雄のキビタキが堂々と撮って下さいと言わんばかりにポーズを
とってくれました。 


 
キレイな大人の雄です。






 
後ろ姿もバッチリです。






 UPの左向きです。







 
雌は雄よりも現れる回数が多かったので見過ごし、この1羽のみ。 






少し拡大してみました。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は久しぶりの秋雨。
わたしの好きな女性演歌歌手の一人、
森昌子の哀調切々の新曲『はぐれどり』の発表を記念してあるコンテストが企画されています。

「哀調」→「愛鳥」という訳で、
今年の春に撮影したキビタキの写真が在庫にありますので、

これに応募する事にしました。同時に皆様のご批評をお待ち致します。 
タイトルは3枚とも『まちわびて』で出品します。











その曲が下記のsiteで聞けます。
http://www.youtube.com/watch?v=cllJyFvw6k4









 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )