高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



朝いつものように公園を散歩して、最後のコースのトウカエデの林の側を通っていた時(8時過ぎ)
フィフィフィ、フィフィフィとサンコウチョウの声が林の中から聞こえました。
カメラを持たずに来ていたので、

すぐに駆け足で、自宅に帰り、ズームレンズ70mm~200mmとテレコンを装着したカメラを持って、
鳴き声が
聞こえたポイントに息せき切って戻りました。
薄曇りの中、新子を連れたエナガやシジュウガラも鳴いている中、

まだサンコウチョウの声が聞こえてきました。
「やった~、間に合った!!」以下がその成果です。

今年は和田堀でも鳴き声は聞きましたが、姿をまだ見ていませんでいた。
やはりここ数年、毎年和田堀の周辺から善福寺川中流のセキレイ橋や神通橋辺りまで
の範囲で小昆虫がいれば、
必ず立ち寄っているようです。
最後は五日市街道の奥の秋川や奥多摩川周辺それに比較的深い埼玉県の中央部の森に
移動して、営巣しているものと思われます。
この辺りはやはり今のところ立ち寄り場所(transit)のようです。


 

 
きれいな可愛い声で鳴いている方角を検討つけて見つけました。






 
枝から枝へと餌になるムシを追っかけて移動しています。 





 
長いシッポはつけていませんでした。全体の色と顔つきから雌のようです。





 
どうやら雌の若鳥のようです。雌も雄と同じような鳴き方をします。





 














太い枝の向こうを覗き見ていました。




羽ばたきを捉えました。











 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




舳倉島からの帰路、輪島で再度1泊した翌日
よく晴れた七尾湾の川尻川周辺の田圃でケリを4羽見かけました。




















 





 



























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




舳倉島三日目は午前中で打ち切りとなり、名残惜しい最後の貴重な時間となりました。



羽の色がきれいな青灰色のカラアカハラ



 




 




 








初見のシベリアアオジ(○内は亜種アオジ)
亜種アオジは日本で繁殖するが、シベリアアオジは春秋の渡り時期に日本海側や九州以西を
通過する。ご覧のように頭巾を頭から胸まですっぽりかぶったようです。体下面の黄色味も
薄く、白っぽいのが特徴。








マミジロ雄





マミジロ雌




 
マミジロとノゴマ




サメビタキ若





ハチジョウツグミ





イワツバメ





関東以北に多いニュウナイスズメ





サンショウクイ






キビタキ雄







電線に止まったマヒワの群れ





アマサギ2羽






アマサギ飛翔







 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年は北海道地方は低温が続き、北を目指す小鳥達も、この舳倉島を旅立つには
早すぎるようで、舳倉島に暫くは滞在しているようです。
昨日から北側の磯に近い岩場にシマアオジの雄2羽と1羽の雌がハクセキレイや、
カシラダカと仲良く遊んでいるのが 龍神池の向こう岸の岸壁の稜線に見え隠れして見えました。
過去に北海道のサロベツやこの島で撮ったものより遥かにしっかり撮影できたような気がします。


 
岩場の稜線に 見えるのはシマアオジの雄




カバのような岩の背中に乗っかっているシマアオジ雄 





シマアオジ雄






シマアオジ雄のおすまし顔






 
左から カシラダカ、シマアオジ、ハクセキレイの異種





シマアオジ2羽





左からシマアオジの雌、シマアオジ雄、シマアオジ雄





シマアオジ雄2羽





シマアオジ雄のUP












 シマアオジ雌




 
シマアオジ雌の横姿 と雄




 
シマアオジ雄 





シマアオジの飛び出し





シマアオジの飛び




 
きれいな夏羽のカシラダカ♂







エゾビタキ若






オジロビタキ





 
オジロビタキ





 
オジロビタキ 






 
キビタキ♂





セイタカシギ2羽遠景






亜種ハクセキレイ





顔はホオジロハクセキレイに似ている亜種ハクセキレイ








アトリ&ビンズイ






初見のニュウナイスズメ






エゾビタキ若の飛び出し






カバ岩に乗ったエゾビタキとサメビタキ






サメビタキ若






キセキレイ






マミチャジナイ






マミチャジナイ





イソヒヨドリ






初見のマミジロ




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




できれば珍鳥を撮りたいのですが、そう簡単にはゆきません。
この日は珍鳥というより、初見(lifer)の野鳥に多く遭遇し、
大いに満足致しました。 



雄のムギマキのすぐそばに雌を見つけました。





少し顔を背けられました。






 
UP--ムギマキの雌(lifer)----この比類ない愛くるしさはどうでしょう!!!






ムギマキ♂ 





初対面の鳥友2人きりで10m程先のニュウナイスズメ達を撮っていると、
突然目の前の菜の花にサンショウクイがやってきたことを
教えて頂きました。 
私はこの状況に感動のあまり、隣りで撮っている人に
恥ずかしさも忘れ 涙声になって、「有難うございます・・・」と
言いながら涙が頬を伝っていました。
このようなシーンに遭遇してしまうと、やっぱり野鳥撮影に
没頭していることの幸せを心の底から感じずにはいられませんでした。




 
やがてサンショウクイは目の前から遠ざかって行きました。 





 
ノビタキ雌







カシラダカ♀




 
龍神池の向こう岸の背景と区別がつきにくいポイントにいたタシギ 






 
目のつむったヨタカ(lifer) 





 
エゾムシクイ












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回 憧れのシマノジコに到頭巡り会えました。もちろんliferと言うことになります。
個体は少し色違いで2羽いました。夏バネの少し若鳥ということでしょう。
3、40分おきに何回も目の前に現れてくれて、その度に動悸がしてしまいました。
大きさはシマアオジよりやや尾が短く L14cm。全体に薄めの色と濃いめの色の、
いずれも雄です。 



 
隠れていた薮から出てきました♂








だんだん前に出てきます。色の濃いめのシマノジコ♂





シマノジコ♀








少しまわりの様子をうかがっているようです。






地べたの餌を探します。






水辺にきました。






水浴びを5,6回繰り返しました。






再び用心深く薮から出てきます。






一度に水飲み場に7種類くらいの小鳥たちがやってくるため、驚いてこんな格好にもなりました。







周りが少し鬱陶しいので、整理して見やすくしてみました。本当にきれいな小鳥ちゃんです。















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




予定が定期船の欠航により、1日遅れの14日。午前10:30舳倉島港着。下船後直ちに宿のリヤカーで
民宿に機材や大きなバッグを運搬。宿の女将さんに「お世話になります」と挨拶後、
すぐ機材を組んで待ちに待った鳥見と撮影に入った。まず廃校になった
校庭の草むらに行くと、アマサギに出会いました。

以後、次々と珍鳥や馴染み鳥の声に誘われながら夢見御心地で撮影した成果を披露致します。
 


久しぶりのアマサギ
4羽いました。


 
UPで 





 
ゆったりと飛んでいました。







 
センダイムシクイ





センダイムシクイ




ノジコ







イカル







カラアカハラ







コルリ





 

今回初見のシマノジコ♂




初見のシマノジコ♀







カシラダカ♀






チュウサギ





初見のカラシラサギ(シラスナ遺跡の磯にて)






これまで見たことのない色の濃い、純正とでも言うべきハチジョウツグミ
 







エゾムシクイ







キビタキ♀ 




水場でのマヒワ♀とセンダイムシクイの諍い







龍神池に来ていたセイタカシギ







アオジ♂


 



ノビタキ♂ 




初見のホトトギス(ピンアマ失礼!)




 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




観光から宿に帰ったのが16時だったので、輪島港近くの河口に散歩に出かけたときに撮影したものです。



獲物の大きなボラを捕獲した瞬間。



 


 
 重い獲物を両足の爪でしっかりつかんで雛の待つ森の巣迄運びます。






 






 







 
雛の待つ 山の樹上の巣まで運搬--まるで魚雷のようだ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




舳倉島への途中はいつも輪島の民宿で一泊します。
今回は4人の鳥仲間で長駆 杉並区から8時間かけてお宿に到着。
顔なじみの宿の女将さんに久しぶりにお会いすると、我が家に帰って来た
ような安堵感があります。私はこの民宿が大好きです。
春秋通算すると9回くらいだと記憶しています。お土産に戴いた
輪島塗のお箸をいつも使わせて頂いているのですが、いつも輪島や舳倉島の
楽しかった思い出が蘇ります。女将さんいつもお世話になります。
これからもよろしくお願い致します。
初日の朝の空はからりと晴れ渡っていたのでいそいそと車で港に到着。港に着いてから
判ったのですが、輪島から50km先の舳倉島周辺の波高が2.8mを軽く超え、
定期船は欠航と決まりました。致し方なく、観光地巡りをすることになりました。
白米の千枚田を観光。その後江戸時代から続いている伝統的な塩田を見学。
次に私の故郷-高野山が本山の真言宗高野派の古刹金蔵寺を参詣することにしました。
(このお寺への訪問も宿の女将さんに勧められたもの)
お寺の奥様や御住職に珈琲まで出して頂き、とても親切にして頂きました。
高野山で高校から大学迄 親王院に修行の身を置かれ、
住職におなりになる迄舳倉島の海水淡水化装置を設置されたことや
高野山の思い出話などをいろいろ聴かせて戴き、

思わぬところで高野山にいる1人住まいの姉のことを思い出し、
ご縁の不思議さを想い巡らせ涙が出てしまいました。 


 
白雉山 金蔵寺 山門



金蔵寺の歴史解説





本屋の見える境内への上り道







タブの木影から本堂を望む







幹周り5m程の樹齢800年のタブの木














霧島ツツジ満開の境内から里山を見下ろせました。




霧島ツツジの花の中にキアゲハが吸蜜に来ていました。




 




2年先の開創1200年記念の垂れ幕




 
お寺からの戻り道に咲いていた白藤






 
少しUPしてみました。
 





大正初期に鋳造された塩釜







昔のままの塩田製法を今に伝えていましたーー当然 天塩 はおいしく、みやげにたくさん買いました。







この浜辺から海水をポンプで塩田に汲み上げています







現代使用中の塩釜






早朝の輪島の町並み






民宿 -白塔園
http://www.wajima.gr.jp/hakutoen/index.htm#ue2







白米の千枚田



記念写真





能登の外海に流れ込む大川河川敷のオオヨシキリ







葦原のオオヨシキリ









 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




舳倉島への往路、SA有磯海で昼食を済ませた後、一路金澤西インターを目指した。
砺波平野から立山連邦を 見上げると、今年はいつまでも寒気が強く、見事な残雪でした。
車の中から、走りながらのスナップ写真です。 


 






 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和田堀でオオルリ雌を撮ったのは初めてです。昨日迄はキビタキの雄ばかり撮っていたので
これはキビタキの雌だと思っていましたが、過去の同種と比較したらオオルリの雌であることが
判りました。今日は気温が27℃ぐらい迄上がり、今月の最高気温でした。キビタキは鳴き声が
まだ聞こえますが、姿は見ませんでした。 
ようやく桑の赤い実が見え始め、これを食べにムクドリやツグミがやってきます。
オオルリはこの赤い実は食べません。 動物性の飛んでいる昆虫などを食べます。











 





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドングリ目の可愛いコサメビタキが入りました。池の中島から隣縁の枝に
出て来てはカメラマンの相手をしてくれました。枝には暫くの間留まってくれるのですが、
風が少し吹いていて撮りにくかったのです。 



 






 






 
サメビタキ






 
キビタキがイトトンボを捕食していました。 







池の東岸にも別個体が出ました。






 
キビタキの飛び出し 







それにしても今年はキビタキがたくさん来ました。 





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎日のようにキビタキが入っています。そこで視点を変え心象風景画風のものを
choiceしてみました。



 
「想い遥か」





 
「望み」







「待つ」







「待ちわびて」







 野茨—ノイバラ(Rosa multiflora)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




また急に西高東低の冬型になり、朝夕は寒く、冬空の青く澄み渡った空。
午後から砂塵を巻き上げるような猛烈な風が吹いていました。
午前中は少しパソコンでやる仕事があり、午後から風の中、公園に行くと
皆さんがいつもと違う池の畔にたむろしてカメラを構えていたので
近寄ってみると、キビタキがいるというので撮ったのが今日のこの2枚。
また違う新来の個体のようです。この強風の中なので梢の方ではなく、目線近く迄
降りて来ていましたが、木々が猛烈に揺れ、うまく撮れませんでした。
一気に暖かくならないので、家の庭のアカメガシワがまだ赤い葉のまま残っていました。
今日のショットはFさんに手伝って頂いて
私のカメラのファームウェアーのversion upしたもので撮りました。
少しきれいになりましたでしょうか?
















 
アカメガシワの新芽












 






 
ベランダにあった白い可愛い花です 。名はタツナミ草。






 
雑多な玄関のコーナーです。いつも失せものを探している私です。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




公園は朝から大型連休の最終日で賑わっていました。キビタキは好天に恵まれ気温も
上がったので、どうやら抜けたらしく姿が見えない。ムシクイは次から次へと入れ替わって
チョコチョコ姿を見せてはいますが、公園の来場者が多いことと、南風が強く、簡単に 
撮れるような条件ではありませんでした。そこでおなじみの3鳥にご登場願いました。
エナガは親子一緒で餌をねだったり、もらったりしていました。
初夏ともなるとどんな小鳥も子育てで忙しく飛び方も生き生きしています。



餌をねだるエナガの新生児(右)






新生児







スズメ






 
コゲラ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ