高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



南関東はいま梅雨の中休み、又は空梅雨?確実に気候不順の様相。
それでも生き物たちは命をつないでいます。



きれいなトカゲ




サンコウチョウの雛誕生







 
コアシナガバチ




ヒナバッタ





 
ホタルガ





 
ホタルブクロ





 
アサギマダラ





 






 






 














スジグロシロチョウ






残り少ない日陰のアジサイ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ミドリシジミの♀には4種の型があります。どうやら、3種類撮れたようです。




 
♀のA型






これも♀のA型







♀のAB型





♀のO型














これは♂







標本





 
透明瓶の♂





 
角度に よっては青とミドリに別れて見えました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




梅雨時のさらっと乾燥した2日間に

あまりにも魅力的な緑シジミに再挑戦しました。


 
裏面

以下、緑シジミの動きと視角によって刻々と変わる微妙な色の変化です。



 







 







 








⑷ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この森には小昆虫の種類がたくさんいます。





 
ノシメトンボ






ハスジゾウムシ






アシナガキンバエ





 
ユウマダラエダシャク






青虫を捉えたクサグモ






このクサグモが・・・



 
こんな風に枯れた枝葉に隠れると完璧に鳥や人間には見つからない保護色になってしまいます。






ナナフシ-クモの糸から逃れようとしていました。








キタテハ








ヤブガラシに吸蜜に来たキアシナガバチ





 
睡蓮—夕方にはすぼみます。






色鮮やかな草藤






半夏生も白く半化粧をし初めました。






 
やっと咲き始めた野甘草 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ミドリシジミを撮った森で珍しい蝶(私にとって)2種を掲載します。
トラフシジミは裏翅のみで、開いてくれませんでした。表を見せないまま
飛んで行ってしまいました。
表翅はこれ又薄青いグラデーションの色合いで早く撮りたいものです。 


 
トラフシジミ(名前はこの裏翅に由来します)







アサマイチモンジが地面に降りて鉄分を吸収






葉っぱの上のアサマイチモンジ







全開 






翅の折れたツバメシジミ







表翅の色爽やかなツバメシジミ。尻尾も片方消失しています。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




湿地に強いハンノキが圧倒的に群生しているこの森には
榎やコナラ、クヌギ等の落葉樹も多く、冬にはすっかり明るい森に
変貌します。そして野鳥たちも寒さを避けて木の実を食べに
この森に数多くやってきます。そして今、やはり春から夏、秋にかけては
主役の小さな生き物が輝きます。 



 
ヒメジオンに吸蜜に来たベニシジミ






キイロテントウ(約5mm)






コベソマイマイ( Satsuma myomphala myomphala)








 
コシアキトンボ
 






ヤブキリ(キリギリス科)






赤ちゃんカマキリ






セスジナミシャク






ホシハラビロヘリカメムシ







猛スピードで走るアオオサムシ








オニグルミの実






 
本来の柳の木の葉





 
ヤブキリ(キリギリス科)







ヤブキリ(キリギリス科)




 
ギンバネヒメシャク






 
マイマイガの幼虫






バラの木に産卵中のチュウレンジバチ







コガネグモ






シロガネグモ













こんなクモの巣もあります。小昆虫を捉えるための工夫されたウズクモの巣です。巣の下にウズグモが潜んで見えます。






7★てんとう虫






虫を狙うカナヘビ






キアシナガバチ







コゲラの給餌






森の小道も豪雨で水びたし





おじいちゃんと釣りに







大きな森の一角では楽しいバーベキュー



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




豪雨を伴った台風を挟んで、まる三日埼玉県の日本有数の湿地帯-ハンノキの群生地 荒川の河川敷に通いつめ、
やっと、ミドリシジミを撮る事ができました。
去年も今年も湿地に雨水が多く滞留したため、枯れた下草が 水浸しになり、

蛹が水につかってしまったために、頭数が少ないのだそうです。
今日は集中豪雨の後だったので、長靴を履いて薮こぎをし、

とても良い運動になりました。
その上、予期せず 午後4時から埼玉県環境部自然環境課とミドリシジミを愛する昆虫談話会主催
の観察会に偶然出くわし、
参加させて頂きました。
埼玉県の県蝶にもなっていて、この蝶が県民をはじめ、
関東一円の人たちから愛されている事が
よくわかりました。
この一帯は野鳥も多く、蝶や蛾の幼虫や昆虫が餌にもなっています。
大きな森全体がすばらしい緑の
環境になっており、
ここにくると、心身ともリフレッシュできます。 


 
はじめて見つけたミドリシジミ 




 





 
裏面もウラナミシジミに似ていて、とても品の良い色合いです。




 
全開です。 




 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




哀れなるかな世の常にして、小昆虫は野鳥の餌となるはこれ宿命なり。
とは言うものの・・・その生態を人知のいたく知りたき所となりて、数多の興味ある
記録、写真の類いネットにも数限りなく見らるるは必定なり。かくいう我も小昆虫に
たまさか興を傾けてはその美しさ故にその姿の真を写し記録として残さんとはすなり。 


 
ヨコバイを食べるササグモ♂





 
マミジロハエトリグモ




シロガネグモ





 
シロガネグモの空中遊泳





 
水木の葉に来たアゲハモドキの幼虫





 
マイマイガの幼虫






ベッコウバチの1種?





 
カノコガの雌雄ー右が♀







キマダラセセリ






オオアカマルハムシ







シマハナアブ





ベニシジミ




ベニシジミの裏翅






ベニシジミの表翅







アカホシゴマダラの♀








サトキマダラヒカゲ






ルリタテハ







ハンノキに来たエナガの若鳥







キリギリスを捉えたモズ




モズの若鳥








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




青々と夏の装いをつけた,森の真ん中辺りのやや明るいハンノキがまばらに生えている湿地の
樹上に、今年春生まれた4羽のフクロウの雛達がいつもどこからか親に監視されながらスクスク順調に
育っています。カラスがときどき煩く鳴く声に驚かされながら、いまの所4羽とも無事に育っています。
朝早いのは苦手らしく、ほとんど目をつむっていて、おおきなドングリまなこを開けてくれるのは
9時以降のようです。毎日のように変わるフクロウの止まり木を地元のbirder方が4羽とも見つけてくれて、
楽しませて頂きました。 




眠いよ~







まだ眠いよ~






 
やっと開眼・・・・これは第1子




 
第2子





第3子





一番幼い末っ子





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝公園を手ぶらで散歩していると、カルガモの雛11羽連れが川に
居るではないですか!!! 午前中は仕事が入っていたので、
午後から、絶対撮るぞ!と思いながら仕事を早めに済ませ、
午後3時過ぎにTさんと一緒にがんばって撮ったのが下の作品です。
今年は善福寺川で9羽、8羽、5羽と3組が生まれていましたが、
11羽もの雛を見たのは初めてで、通りすがりの人たちも皆大喜びしていました。

無事に育ってくれる事を祈りましょう。






祝カルガモ11羽誕生














 






 






 
競走 





 
我が子をよろしく!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




主としてコマドリを撮ったあと、稲子湯をあとにした
私達はジュウイチやカッコウやコルリの鳴く道をドライヴしながら、

岳樺や白樺の群生地を通過し、高度2,000mを超える爽やかな大気を満喫しながら白駒の池を目指しました。
そのあと八千穂自然園を訪れ、仕上げは八ヶ岳主峰を望むポイントに着くと、
連綿と続く八ヶ岳の山並を見上げながら141号線に下って、
広大な野辺山の近辺の牧場の一角で野鳥たちの声に耳を傾けました。










メルヘン街道の岳樺の自然群生林














 
シラカンバ林


白駒の池の表示板











 
太古から岩石の上に苔むした古木の森





 
白駒の池眺望





 
白駒の池





birder仲間の語らい





白樺林





 







梢でさえずるオオルリ






トウゴクミツバツツジ





 
シラカンバ








園内のモミジの滝















みごとな八千穂自然園内の白樺林






緑にむせ返る山道






新緑が眩しい












橋の下の爽やかな滝





 
シラビソの梢でメボソムシクイが鳴いていました 







素晴らしかった空の色




八ヶ岳連山







振り返れば八ヶ岳の主峰














眼下は綺麗に整備された農耕地
 




 
野辺山牧場から雄大な八ヶ岳連山を眺望 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




二日目−8日4時半起床。宿の女将さんが昨日コマドリが撮れなかった事を気の毒がり、
朝食の7時を遅らせてもいいから、朝早く出かけて撮ってくるよう励まされ、3人で
頑張って出かけた。結果、、、、大成功でした。女将さんありがとう。
ワクワクドキドキ、、、遠くから近づいてきました。




遠くにやっと現れました。
腕時計を見ると6時5分前でした。





こちらに向いてくれました。







しばらく、、、、こちらの様子をうかがっていました。











 
最短距離の古株にすっくと立ったコマドリちゃん。 






 
目の前で大きな長いさえずりを聞かせてくれました。






山の仲間に向かってもさえずり続けていました。






私達を意識して興味深げなまなざし・・・野性がみなぎる逞しさです。






滝や水の轟音に負けじとばかりさえずり続けていました。






コマちゃんさようなら、ありがとう。





撮影中、真上の枝にヒーツキヒーツキヒーツキ日—月と鳴く
エゾムシクイが移動してゆきました。





帰路、昨日見つけたコガラの巣に立ち寄り、
雛に餌をやり続けている事を確かめて、長居せず、邪魔をせずに
サヨナラを言って宿に朝食を食べに帰りました。
もちろん、宿の女将さんに心からの感謝の言葉は忘れませんでした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初日七日の小鳥たちと特別出演者!?

 



八ヶ岳滝の轟音で野鳥の声も聞き取りにくい






滝の周辺は岩肌に苔むし、大きなシダが鬱蒼としていました。






滝のすぐそばにはミソサザイが営巣中でした。









コンクリート道路上では夏羽のキセキレイが懸命に営巣中で餌運びをしていました。





 









コガラが道路のすぐそばで営巣していました。





オオルリは大きな声で森の梢でさえずりっぱなし。






カケスは一人歩きの私をJ−J−と鳴きながら威嚇して飛び回っていました。






宿の前の深い森の中でアカゲラがキョッキョッキョッキョッと大きな声で居場所を教えてくれました。






こちらと思えば・・・・





 
またあちら。





キビタキもよく鳴いていました。





 
夕方、宿のすぐ近くで特別出演の牛のような大きなカモシカのお爺さんがこちらを窺っていました。





 
後ろを振り返りながら、すぐに森の奥にゆったりと立ち去って行きました。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コチドリのいた同じ河川敷に燕が3,4羽代わる代わる飛んで来ては粘土質の泥を
口一杯に銜えて運んでいました。どこかで巣作りが始まっているのでしょう。





泥運びに降り立った2羽の燕






 
上から見ると頭頂~上尾筒にかけた上面と翼が紺色光沢の黒色で光線の加減によるその青さに驚きます






ぬかるんだ泥に足を取られる事もしばしばです。







泥を口いっぱい銜えます。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コチドリは河川敷、造成地等の草の少ない砂礫地で繁殖します。
タイミングよくその第一段階に遭遇しました。 




雌雄同色で♂♀は不明です





 
カルガモが休んでいる近くで採餌していました











 






 






 






 




 




善福寺川の下流域。
河川敷の上下流に挟まれた約400mの間の砂礫地で
工事中の大きな音にもめげず、
鳴き合ったり飛び交ったり、
更にもう1羽の♂を追い払ったりしながらの激しい行動の中での
可愛い感動的なシーンでした。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ