高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



この辺りの川辺ではハクセキレイは四季を通して観られますが、
セグロセキレイとキセキレイが
観られるのは冬場だけ。
キセキレイは雌雄で一定の縄張りを持ち
川面の微細昆虫をホバリングしながら捕らえて餌にします。
シンプルな明るい黄色が鮮やかです。



流れが少し段差になった場所を好みます。餌のたまり場でもあります。





なにか流れて来ないかな?











一定の石の上に止まります





小昆虫を見つけては飛び出します





上流に飛び出したかと思うと・・・・






水面で宙返り !! をして捕虫!!!







至近距離ではとてもシンプルに綺麗で可愛いいですネ






みごとな見返り美人です



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




池の島の水辺でアカハラが根堀り羽堀り(?)をしているのを発見。
鳩より一回り小さく、ツグミくらいの大きさです。シロハラもこの界隈には
よく見つかるそうです。クロハラ(orハラグロ)という鳥はいません。



積み重なった枯葉を勢いよく跳ね飛ばしながら、ミミズか昆虫を探しまわっています。
こちらを伺っているようです。距離は15mくらいか?





夢中になって探餌行動をしています
















樹上でひと休みして次の餌場を見下ろしています








帰り道、
気がつけば暖冬の影響下、
12月の末でモミジがまだ真っかっか(天王橋付近)

このままで行くと、何年か先には1月になっても秋景色が残ることになります。
単純に秋はいいなと言っていられなくなります。
京都議定書やcop15って何なのでしょうかね??!!














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨夜は久しぶりに雨が降りました。乾燥しきった空気が
久しぶりに今朝は湿度75%までup。空気がしっとりとして気持ちがいい。
で、川に沿って散歩。
11:30am頃だったか、西田端橋付近からセキレイ橋近辺の川面を眺めると、
オナガガモやカルガモに混じってオシドリらしきカラフルな色の鳥を発見。
散歩は手ぶらだったので、息せき切って自宅にかけ戻り、カメラと400mmを
自転車に乗せセキレイ橋に戻った。心臓がドキドキ。
一瞬見失ったか、最早飛び去ったか!!??
いました、いました。まだ元気に浮遊。急いでいろんな角度から撮影。
自宅近くでオシドリを撮ったのは初めて。以下がその成果です。





あっ!オシドリだ。






カルガモ達と混在

























正面から






真上後ろから






絵の具で塗ったような色だ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少し上流まで足を伸ばしたら
水鳥たちが元気に羽ばたいたりしていました。





オナガガモ♂












ペアー





ペアー②





オナガの羽ばたき①






羽ばたき②







コガモ












コガモのペアー







羽ばたき①






羽ばたき②






羽ばたき③






金黒羽白(♀)







コサギの探餌①






探餌②





キセキレイ





都会風なメジロ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




穏やかな暖かな土曜日。birder 4人で埼玉の江戸川のポイントへ。
綺麗なヨシガモやオオバン、キンクロハジロ、珍しい
ミコアイサ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリにお目にかかってきました。
距離は少し遠いですが、証拠写真でしょう。
次回、また行きたいですね。




ミコアイサ、カンムリカイツブリ、キンクロハジロの混在







ヨシガモのペアー

 







陸に上がったヨシガモ♂ ナポレオン帽子と胸の規則的な鱗模様が特徴






ヨシガモペアー







カンムリカイツブリ---並みのカイツブリの約3倍の大きさ





ハジロカイツブリ








陸に上がったオオバン―‐オデコと嘴が真っ白











キンクロハジロの羽ばたき(ミコアイさに覆いかぶさるように見えます。)



お隣の秋が瀬の森にいたシメです。




曇り空で少し寒そうです。




蔓の枝先にも止まりました







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年は12月というのに例年になく記録的な雨が降ったが、12月半ばを過ぎると
やっと全国的に西高東低の冬型の安定した寒さになり、12/21早朝は1,2℃の厳寒。
地面は霜で真っ白。

こんなに寒くなった朝、至近距離にある、高木の広葉樹のすっかり落葉した
成田西憩いの森
今冬の初顔の小鳥が入っていないか見に行った。
日陰は真っ赤なモミジが今頃見事に色づいていました。


あっ!シメだ!





若かな?




 モミジにメジロ





シジュウカラ





広葉樹の大木の下の遅い色つきモミジ










深い森の紅葉






紺碧の空に伝書鳩の群翔






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北側の2階の窓からK学園の庭に張り巡らしたロープに
ジョウビタキの♀が来て止まっていました。
近くにはきっと♂もいると思いますが、発見できませんでした。




ジョウビタキ♀




背中に白い小さな団子を背負っています




可愛い円らな瞳




ムクドリも群れを造ってやってきました。(その中の1羽)



ツグミも登場しました。
夜間よく晴れた、早朝は白い霜が降りています。
本格的な冬の到来です



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




モンゴルのホーミーによる、悲恋物語の絶品です。
下段をクリックして下さい!わずか5分の素晴らしい映像美が始まります。


http://www.youtube.com/watch?v=FSSJih4dqQE



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




風もなく、穏やかな暖かい初冬の光に満ち溢れ、木の葉が落ちて、
明るくなった森には小鳥が囀り、何時までも離れがたい一日。



紅葉を映しこんだカルガモの家族




紅葉の背景のカワセミ






逆光のカワセミ






綺麗な逆光のモミジ

















噴水と紅葉












逆光のシジュウガラ












オナガガモ♂




光を浴びて万歳するカルガモ♂




カワウも15分くらい日干し











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




手軽な400mmをつけて散歩。今年はヒヨドリばかりが多くて、
嫌気をさしていたが、偶然にも
カマキリを捕らえたヒヨドリが撮れた。
こんな寒い時期になっても、ひっそり隠れていたカマキリを捕らえる
鳥たちは逞しい。




カマキリを捕らえたヒヨドリ




このキセキレイも相変わらず錯覚を起こさせるような場所にいて、
人間からは見えにくい。




イチョウと親子




愛犬の散歩





シャボン玉の子





山桜の紅葉












 





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )