goo

洞杉 /片貝川上流の巨木 

ここは片貝川の山の守キャンプ場です。
海から道のり約15キロメートル地点です。


片貝川は河川距離27kmですが急こう配です。およそ90/1000です。
たがゆえに、発電調査も実施され
昨年北陸電力の別又発電所が運転開始しました。水路式で標高差は
300メートルです。
多額資金を必要とするダム式ではありません。

片貝川は隣接県に源流があるわけでなく富山県内の流れなので二級河川です。
治水管理は富山県です。
急流であるため、多分砂防堰堤の工事は間断なく続くと思います。
今も工事中でした。



人跡未踏的な地なので水は澄み切っています。


いろいろ伝説もある龍石(蛇石)です。


北陸電力は発電所水源調査を行い岩石上に乱立する杉の巨木を発見しました。
これが洞杉です。
およそ140本の巨木、魚津市は平成25年に文化財指定しました。
(詳しく知りたい方は魚津市の観光協会ホームページ参照)



屋久島の縄文杉にまけていないと思います。
北アルプス立山連峰に源流がある故に降雪量、雨量が大きく成長に適地であり巨木に育った。
生育条件は屋久杉と似ているでしょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« やなぎだブル... 石川啄木の見... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。