猫と惑星系

押し記事 HAT-P-26bの大気は意外にも原始的 惑星系、探査機の翻訳他、Hello Venus、猫、花の写真を掲載。

コア降着モデルの最大質量

2017-05-19 18:52:15 | 惑星形成論
原始惑星系円盤の中から集まってきた固体成分が地球質量に達する前に熱で蒸発する。上手く冷却する機構が働くか、更に圧倒的な質量で包んでしまえば原始惑星から惑星へと成長。以下、機械翻訳。
コア降着モデルで形成された惑星胚の最大質量

(2017年5月17日提出)
私たちは、成長した惑星胚が、増加した惑星や小石の大きさに応じて到達できる最大質量を計算し、巨大な惑星のコアと巨大な惑星自体を成長させる可能性を推測します。私たちは、惑星の胚のガス包絡線の内部構造を計算し、重力で捕獲されている間に惑星や小石を破壊するのに十分な大きさの包絡線を結ぶのに必要な塊を決定します。Ormel et al。の結果に従うと、原始惑星系円盤から生じる移流風の影響も考慮する。(2015)。低質量の小石については、惑星の胚が〜1 M地球より大きくなると、小包みがコアに到達する前に小石を完全に破壊し蒸発させるのに十分な大きさであることを示しています。したがって、小惑星を構成する物質は、惑星外囲器内に放出され、後に原型惑星円盤内に分散される。結果として、惑星胚の成長は、ケルビン - ヘルムホルツの付着が相当量のガスの付着を招かないほど小さい質量で停止される。大規模な惑星の場合、同様の過程が起こるが、地球質量が10倍程度のはるかに大きな質量で起こり、気体が急速に付着する。移流の効果が、Ormel al。(2015年)には、惑星の胚を形成する包絡線中の凝固した固体の気化とこの移流風の複合効果が、小石の付着によって形成された場合の地球質量、10 AUのオーダーの距離まで。大規模な大規模な平面の形成による形成の場合、惑星の核の成長は質量で〜10M地球に制限されますが、地球のさらなる成長はガスの付着によって進行することができます。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dispatch x Naver Whoのナラ | トップ | 生わさびライムとラッキョウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL