猫と惑星系

押し記事 4つの地球級惑星が近くの太陽級恒星を旋回。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

月の大規模な揮発性損失のためのガリウム同位体の証拠

2017-08-13 19:57:03 | 惑星形成論
ジャイアントインパクトで蒸発した揮発性物質が冷えて重力で引き寄せられる。一方ではマグマオーシャンから蒸発する。月の方が揮発性物質が逃げた証拠がガリウム同位体。以下、機械翻訳。
月の大規模な揮発性損失のためのガリウム同位体の証拠

(2017年8月10日提出)
惑星系物質の揮発性元素の分布と同位体組成は、初期の太陽系と月の形成の特徴を明らかにする鍵となる。月と地球は化学的に同位体的に非常に似ています。しかし、月は揮発性の元素が非常に枯渇しており、この枯渇の原因は依然として議論されています。我々は、この揮発性の枯渇の原因を制限するために、ガリウム同位体および元素測定値を大きな月の試料セットに提示する。我々は、Gaは地球化学的な振る舞いを亜鉛とは異なるが、地球規模の枯渇事象を指摘して、両元素とも、月の玄武岩とMgの岩石の重い同位体が珪酸塩の地球と比較して体系的に富化していることを示している。一方、第一鉄を含む斜長岩は同位体的に不均一であり、揮発と結露によって月の表面でGaの二次的な分布を示唆している。地球と月の間のGaの同位体の違いと、地殻第一鉄を含む斜長岩の同位体異質性は、巨大な衝突と月マグマの海洋相の間に揮発性の枯渇が起こったことを示唆している。これらの結果は、全規模の蒸発イベントの間に揮発性成分を失った月に向けて、地球に比べて相対的に乾燥していることを指しています。


ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ELRISプロフィール | トップ | ジェスジェブ発表イベントの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

惑星形成論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。