猫と惑星系

押し記事 HD86950bとHD222076b。 惑星系、探査機の翻訳他、Hello Venus、猫、花の写真を掲載。

ジュノー最接近2回目準備中

2016-10-16 18:48:14 | 木星系
ジュノー2度目の近木点通過準備中。推進剤を押し出すヘリウムガスを出すバルブの動きが悪いため軌道修正は延期。
2016年10月15日
ミッションは次の木星パスを準備します
JUNOのMISSIONステータス

ジュノの宇宙船のアーティストのコンセプト
このアーティストのレンダリングは木星の上、その近くを通るの一つとなっNASAのジュノの宇宙船を示しています。
クレジット:NASA / JPL-Caltechの

木星へのNASAの Juno のミッションのミッションマネージャーが元来10月19日に予定されたその主なロケットエンジンの来たる噴射を延期することに決めました。 期間縮小操縦(PRM)と呼ばれるこの噴射は木星の周りに53.4から14日へ Juno の軌道の期間を減らすはずでした。 決定はさらに宇宙船の一部である弁のセットの燃料の加圧システムのパフォーマンスを調査するために作られました。 期間縮小策略は Juno の主エンジンの最終の予定された噴射でした。
「遠隔測定工学が宇宙船の主エンジンの解雇における重要な役割を果たす2つのヘリウムチェック弁が昨日始められたコマンドの連続の間に予期されたように稼働しなかったことを示します」、とパサディナ、カリフォルニアでNASAのジェット推進研究所でリック Nybakken 、 Juno プロジェクトのマネージャーが言いました。 「弁は少数秒で開くべきでした、しかしそれは数分を要しました。 主エンジンのひりひり感で前に進む前に、我々はもっと良くこの問題を理解する必要があります。」
デンバーとNASA本部、ワシントンのロッキード・マーティンスペースシステムズと相談した後で、プロジェクトは PRM 操縦少なくとも1軌道を遅らせることに決めました。 このような日焼けを行なう最も効率的な時間は宇宙船が惑星に最も近いその軌道の地域にある時です。 火傷の次の機会は12月11日に木星のその近い儀礼飛行の間でしょう。
ミッションデザイナーが元来(すでに)木星の Juno の10月19日近い儀礼飛行の間に上に科学道具の数を制限することを計画していました。 今、延期された期間縮小操縦で、宇宙船の科学手段のすべては来たる近接飛行の間にデータを集めているでしょう。
「軌道の期間が木星の Juno の近い近接飛行の1つの間に起きる科学の品質に影響を与えないことを指摘することは重要です」、とスコット・ボルトン、サンアントニオのサウスウエスト総合研究所からの Juno の主要な調査者が言いました。 「ミッションはそのように非常に柔軟です。 我々が8月27日に我々の最初の儀礼飛行の間に集めたデータは意外な事実でした、そして私は完全に Juno の10月19日の儀礼飛行からの類似の結果を予期します。」
Juno 宇宙船は、ケープカナベラル、フロリダから、2011年8月5日に発射して、そして2016年7月4日に木星に到着しました。
JPLはサンアントニオでサウスウエスト総合研究所の主要な調査者、スコット・ボルトン、のために Juno のミッションを管理します。 Juno はNASAの「サイエンス」のミッション理事会のためにハンツビル、アラバマ、でNASAのマーシャル宇宙飛行センターで管理されるNASAの新しい Frontiers プログラムの一部です。 ロッキード・マーティンスペースシステムズ、デンバー、が宇宙船を作りました。 パサディナ、カリフォルニア、のカリフォルニア工科大はNASAのためにJPLを管理します。
Juno のミッションに関するインフォメーションが利用可能なさらに多く:
http://www.nasa.gov/juno

大衆は Facebook の上にミッションを追うことができます、そしてさえずってください:
http://www.facebook.com/NASAJuno
http://www.twitter.com/NASAJuno

最新アップデート:2016年10月15日
タグ: Juno 、木星、太陽系
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望コンサート2016 | トップ | ご当地キャラ博in彦根2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。