猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

2007OR10の衛星発見

2017-03-07 22:44:50 | 太陽系外縁部
S/2017(225088)1 と仮符号が付かないのは2夜観測だから?天体が遠いので分離が難しそうですが、さらに分離した画像が出てきて公転周期が決まれば確定。以下、機械翻訳。
大きい海王星以遠天体の衛星の発見(225088) 2007OR10

要約
2007 OR10 は現在 海王星以遠 地域、の効果的な放射分析の直径で1535kmで3番目に大きい周知の準惑星です。 それはその時見つけられていない衛星で潮の相互作用によって起こされると疑われた ? 45hの遅い自転の期間を持ちます。 ここで我々は史料のハッブル宇宙望遠鏡 WFC3 / UVIS システムイメージで識別される2007OR10 のありそうな衛星の発見について報告します。 衛星が2つの時代において発見されるけれども、これは軌道の明確な確定と軌道の期間を許しません。 実行可能な1.5 - 5.8- 10^21kgがシステムのために量がありそうな35から100dの軌道のピリオドに導くと推定します。 衛星が周りにある準惑星に等しい 反射能 を仮定している237kmの直径に対応する HST イメージで2007OR10 よりか4.2等級すかな. 衛星の比較的小型のために準惑星のための前の大きさと 反射能 見積もりは変化していないままでいます。 この発見で1000kmより大きいすべての 海王星以遠天体は港衛星、若い太陽系の月編成理論のための重要な制約に今知られています。
キーワード:観察の方法 - テクニック:光度測定の - astrometry - 小惑星、小惑星:概要 - カイパーベルトオブジェクト:個別の(2007OR10)

1.イントロダクション
(225088)2007 OR10 (今後短くして2007 OR10)がラージです(D - 1500km)、そして遠い(現在 太陽から = 87AU)海王星以遠天体(TNO)。 最近の研究で、 Pal およびその他。 ´
(2016)が がケプラー宇宙望遠鏡のケイツウのミッションで得た2007OR10の光度曲線を解析しました。 それらは、2007OR10 が他の 海王星以遠天体、 Prot = 44.81±0.37hの最もありそうな期間でと比較して非常にゆっくりと回転することに気付きました。 大きい体についての遅い回転の規準的な説明はかなり大きい衛星を持った潮の相互作用です。 Pal およびその他に論じられるように。 ´(2016) 2007OR10 のローテーションの期間は推測される月が0の外見上明白な分離にあるであろうことを示唆します。
0004 - 0。
潮のロックされることを想定している、そしてそれらの質量比に依存している0008。 しかしながら、より大きい分離においてのより小さい衛星が観測値に2007OR10 の回転の速度を遅くすることができたはずです、しかし同時の回転を強制するのに十分大きくなかったかもしれません。
準惑星がシステムで唯一の顕著な物体であると想定して、統合化された熱の排気は2007OR10 が1535 + 75の直径を持っていることを示します - 冥王星の後に、それを3番目に最も大きい準惑星にしている225kmとエリス(仲間およびその他。 ´2016).
この直径で、2007OR10 は公式に認められた小型の惑星より大きい Makemake と Haumea です。 もし大きい衛星が存在しているなら、準惑星の直径は相応してより小さくあり得るでしょう。 から衛星あるいは連星 の年代を定めないでください
2007OR10 が文学で報告されました。
これらの質問によって動機付けを与えられて、我々はハッブル宇宙望遠鏡記録文書保管所で2007 OR10 観察をチェックして、そしてありそうな衛星を識別しました。 この手紙で我々は一般に信じられている衛星の特徴がこれらの観察から得られたと言います。

図1。 2007OR10 のハッブル宇宙望遠鏡 WFC3 / UVIS イメージ。 上の手を加えていない:11月の6、2009の測定、 F606W-F812W-F606WF812W フィルターシリーズ;が生の:2010年9月のイメージ、 F606W-F775W-F606W-F775W フィルターシリーズを botom します。 推測される衛星は F606W イメージで最も容易に識別され得て、そしてそれぞれのイメージ(北が上がっています、そして東が残っていて、 Ecliptic コーディネートを着ています)で白い矢印によって表わされます。


図2。 2007OR10 に関して、黄道コーディネートを着て、一般に信じられている衛星であると認知された2つの源、それぞれの時代においてのもの、の相対的なポジション。 源はエラーバーと共に開いているサークルによって表わされます、 2007OR10 は中心で大きい開いている円です。 ポジションが対応する衛星の色ディ の erent フィルター: F606 - 黒; F755W - 青; F812W - 赤. 情報提供者はイメージの2つのシリーズで 2007OR10 で共同で動きます、すなわちそれらのポジションはこの数字の、不確実性の中の同じです。 中心から始まっている黒い点と星を結んでいるカーブが2009年11月6日の(スター)と2010年9月18日のイメージ(一杯の円)の間に露出の間に背景に関して 2007OR10 の動きを示します。 我々は、 2007OR10 が中心(周回軌道の予測)にあると想定して、最も良くソースの観察されたポジションに合わせられた楕円をたくらみます。 正しいパネルは、ただ窓にフィットしたそれらの楕円だけを示して、一番奥の100 100region の拡大された光景です

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南の島のユンジョ2 | トップ | ハロービーナスのMysterious ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

太陽系外縁部」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。