猫と惑星系

押し記事 4つの地球級惑星が近くの太陽級恒星を旋回。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

ガス惑星のマイグレーションと堆積

2016-11-07 08:56:53 | 惑星形成論
素人考えだと原始惑星系円盤の中を移動する時に惑星材料を全部吸い取っていきそうだけど、相互作用で原始惑星の移動速度も変わるし、原始惑星が散乱して惑星材料を拡げる。以下、機械翻訳。
巨大な惑星を移動させることについての付加物

要約
文脈。
目的。 大きい惑星の成長と進展に関するたいていの研究が同様それらの堆積あるいはそれらの移住のみに焦点を合わせます。 この仕事で我々はそれらがどのように相互に お互いを 放出 するかもしれないか調査するために同時に両方のプロセスを調査します。
方法。 我々は中心的なスターに間断ない付加物流れで 2次元ディスクを設計して、そして5.2au で木星の質量の惑星を埋め込みました。 ディスクは地域的に 等温です、そして粘性が一定 を使って設計されます。 惑星は少数の百の軌道がディスクがギャップを改変して、そして刻むことを可能にするために固定されている軌道の上に持たれます。 この期間の後に、惑星は解放されて、そしてガスディスクで重力の相互作用に従って動くことが自由です。 惑星への大量の付加物は、ガスのほんの少しを内部のヒル領域から取り除くことによって、型取られます、そして取り去られたやまと勢いは惑星に加えられることができます。
結果。 我々の結果は高速の移動している惑星がより遅い移動している惑星より多くのガスを加えることが可能であることを示します。 追跡者液体を利用して、我々は高速の移動している惑星のために主に内部のディスクに起源している加えられたガスの起源を解析しました。 より遅い移住に関しては、外のディスクからのガスの分数は増加します。 我々は同じく非常に高い付加物レートでさえ、ある場合にはガスが内部のディスクから外のディスクに惑星のギャップをクロスさせることに気付きました。 我々のシミュレーションは、移住レートが減退するように、ガスを渡ることが移住プロセスの間に変化することを示します。 惑星が粘着性の吹きだまりレートで移動する、そしてガスがギャップをクロスさせない従って、古典のタイプ2移住は一般的なプロセスではないかもしれませんしかしただ特別なパラメータのために、そしてある惑星の軌道の進展の間の時に起こるかもしれません。
重要な 言葉。 惑星と衛星:形成 - 惑星と衛星:ガスの惑星 - 原始惑星系円盤 - 惑星ディスク相互作用- 付加物、付加物ディスク

図1。 惑星(赤い点)の周りの格子とその赤いサークルであることを示されたヒルラディアス RH のセクション。 破線サークルが半径を持っているより小さいもの
RH = 2と RH = 4。 我々が使う付加物メカニズムはガスをもっと明るい、そしてもっと暗い陰にされる留置場から取り除きます。 もっと暗い陰にされる留置場で付加物分数は2の要因によって増やされます。 惑星が格子で動くことを可能にされるから、それはセルに集中しはしないか、あるいは細胞の境界で位置しています。


図11、追跡者の後の異なった時におけるトレーサー密度がシミュレーションで紹介されました。 両方の横列、低い面密度を見せてください(88g/cm^2) 低い付加物分数 facc = 0.01でより低い列で上のものと facc = 3.0の中で. これらのモデルは図10で低い面密度モデルに対応します。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EPIC220674823... | トップ | borneon run2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。