猫と惑星系

押し記事 4つの地球級惑星が近くの太陽級恒星を旋回。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

UVのTRAPPIST-1系の表面居住性

2017-02-24 11:17:24 | 系外惑星系
紫外線やX線のフレアが頻繁に発生する赤色矮星。水星より恒星に近い場所を公転している系外惑星には厳しい環境です。以下、機械翻訳。
UVのTRAPPIST-1系の表面居住性

要約
岩だらけの惑星の発見で近くの低温の赤色矮星TRAPPIST-1 の温和な住むに適した地域(HZ)でこのような惑星が同じく生活を隠すことができたかどうかの問題は生じます。 赤色矮星星の周りの潜在的に住むに適した惑星が 生命絶滅 表面放射能イベントを起こすことができた放射能環境で旋回することができます。 これらの星からのUVの閃光は太陽フレアよりいっそう頻繁で、そして激しいです。 加えるに、それらの穏やかな HZs は星からより近い分離にいます。 ここで我々はTRAPPIST-1の Hz での惑星のためのUV表面環境モデルを示して、そして生涯にわたって帰結的意味を探究します。
TRAPPIST-1が、長い間に浸食から惑星の大気を危険に陥らせて、高いX線 / EUV 活動を開きます。 もし保護のオゾン層を持っている密度が高い地球のような大気が惑星でTRAPPIST-1の Hz に存在するなら、UV表面環境は地球に類似するでしょう。 しかしながら、 無酸素 の大気、あるいはそこなわれたもっとわずかな雰囲気、がもっと多くのUVが大いにUV - 寛大な地球の極限環境微生物にさえ、表面環境を敵対的にして、表面に達することを可能にするでしょう。 もし未来の観察がTRAPPIST-1の Hz で惑星のいずれの大気ででもオゾンを検出するなら、これらは生命の捜索のための面白い目標でしょう。 我々は我々の分析がTRAPPIST-1惑星の星の、そして大気の観察の詳細な探究が、それらのUV表面居住性を制限するために起点であると予測します。
キーワード:惑星と衛星:地球型惑星 - 惑星と衛星:個人:TRAPPIST-1 - 星:活動

図1。 TRAPPIST-1 系の住むに適した地域。 周知の惑星の最もありそうなポジションが青で図上に記入されます。
保守派 Hz limts が破線によって示されます。 Hz 惑星ポジションのための fluxes は我々の研究でモデル惑星のために使われます。 これらは地球において、それぞれ0.258、0.382そして0.662回太陽束の fluxes を受け取る(Gillon およびその他. (2017))。


図2。 星のスペクトルが我々のシミュレーションで使ったモデル。
太陽のスペクトルは比較のためにグレーでたくらまれます。 両方のスペクトルが1 AU - 同等の距離において不安定を示します。 (挿入図)スペクトルのほとんどUVの部分。 TRAPPIST-1 のためのUV - アクティブなモデルスペクトルは太陽のUVのCのスペクトルと重なるか、あるいは超えます。

関連記事:TRAPPIST-1の周りに岩石惑星7個を発見
     TRAPPIST - 1のX線UV照射       
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lovelyz ”WoW!” ... | トップ | 超低温矮星と7つの惑星 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

系外惑星系」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。