猫と惑星系

押し記事 4つの地球級惑星が近くの太陽級恒星を旋回。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

X線の発見は冥王星に新しい光を当てる

2016-09-18 11:05:16 | 太陽系外縁部
チャンドラーX線宇宙望遠鏡で冥王星を観たらX線を出してる。太陽風と大気の相互作用で出してる。弱いとはいえこんなにX線が出るほど太陽風が強くないので、逃げ出した大気がトーラスを作る機構が有るのかも?以下、機械翻訳。
X線発見が冥王星に新しい光をあてます
リリース No. :2016-23
リリースに向けて:2016年9月14日水曜日 - 午後3時00分

マサチューセッツ州ケンブリッジ -
NASAのX線宇宙望遠鏡「チャンドラー」を使っている科学者は冥王星からX線の最初の 発見をしました。 これらの観察は太陽系の最も外側の地域で最も大きい、そして最もよく知られた天体を取り巻いている宇宙環境への新しい洞察を提供します。
NASAの探査機ニューホライズンズが冥王星に向かってそして越えてスピードを出していた間に、チャンドラーは、冥王星の上にミッションが近接飛行の後に比較することができたデータを集めて、準惑星とその衛星に数回向けられました。 チャンドラーが冥王星を指さしたたびに - すべてに4回、2014年2月から2015年8月を通して - それは小さい惑星から低エネルギーX線を発見しました。
冥王星はカイパーベルト、リングあるいは海王星を越えて太陽を旋回している小さい天体の巨大な住民を含んでいるベルトで最も大きい天体です。 カイパーベルトは海王星の軌道から、太陽から地球の距離の30倍、およそ50倍に地球太陽距離を延長します。 冥王星の軌道は全体的なカイパーベルトと同じスパンに及びます。
「我々はちょうど、初めて、X線が我々のカイパーベルトで物体から来るのを発見して、そして冥王星が予想外の、そして活動的な方法で太陽風と相互に作用していることを知ったところです」、とキャリー Lisse 、月桂樹、 APL の同僚と一緒にチャンドラ観察チームを指揮したメリーランドとニューホライズンズ 共同 Investigator ラルフ・ McNutt でのジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所(APL)においての天体物理学者、が言いました。 「我々は他の大きいカイパーベルトオブジェクトが同じことをしていることを予想することができます。」
チームはジャーナル Icarus でオンラインで最近その調査結果を発表しました。 報告書は Lisse が何が、冥王星は - 冷たくて、岩だらけで、そして磁場がなくて - X線を放出することに対して、自然なメカニズムを持っていないとすれば、いくぶん驚くべき発見であったと言うかについて詳述します。 けれども Lisse は、同じく定数がずっと太陽系を速める太陽からの微片を請求されて差す20年前に彗星から最初のX線を検出して、このような惑星の体を取り巻いているガスと太陽風の間に - 相互作用を知っていたチームを指揮して - X線を作成することができます。
ニューホライズンズ科学者は冥王星の大気でのガスと太陽風の間に特に相互作用についてさらに多くを学ぶことに興味を持っていました。 探査機はぐっと近づいてその活動を計測するよう設計された道具 - 冥王星(交換)の周りの適切に名指された太陽風 - を運びます、そして科学者がそのデーをそれが非常に穏やかな、近い - 含む冥王星の写真のためにボウショック、太陽風が最初に冥王星に「出会います」(超音速の航空機より先にできる衝撃波に類似しています)ところと小さい航跡あるいは惑星の後ろの尾翼を巧みに作るために使っています。
即刻の謎はX線の聰明さに関するチャンドラの読みが冥王星の雰囲気と相互に作用している太陽風からずっと予想以上に高いということです。
「我々の観察の前に、科学者が、チャンドラがまったくそれを観察するべきであるかどうかについて、我々が強い討論を起こして、冥王星からX線を発見するであろうことは大いにありそうもなかったと考えました」、と共著者スコット Wolk が言いました、ケンブリッジ、 Mass. の天体物理学のためのハーバード - スミソニアンセンターについて「冥王星の前に、検出されたX線排気を持っている最も遠い太陽系体が土星のリングとディスクでした」。
ニューホライズンズが冥王星の大気が多くの科学者が大気が2015年7月に通り越して飛ぶ前に期待した急速に逃げている、「彗星のような」大気よりずっと安定していたことを見いだしたときから、チャンドラ発見は特に驚くべきです。 実際、新しい視野が彗星より火星、で太陽風を持った冥王星の相互作用がずっと太陽風の相互作用のようであると見いだしました。 しかしながら、冥王星が観察されたX線を発生するのに十分なその大気からのガスを放っているけれども、冥王星の距離において太陽風の強烈さのための単純なモデルで、冥王星においてそれらを作るのに十分な直接流れている太陽風がありません。
同僚 - 同じく誰かが含む Lisse と彼のはプリンストン大学から共同調査者デイビッド McComas 、そしてサウスウエスト総合研究所からヘザー・エリオットを交換します - 冥王星から強化されたX線放射のいくつかの可能性を示唆してください。 これらは新しい視野がその交換道具を使って発見したよりずっと広くて、そしてより長い冥王星をなびかせているガスの尾行者を含みます。 他の可能性は惑星間の磁界が冥王星の周りに太陽風から地域へ予想より多くの微片の焦点を合わせている、あるいは冥王星の距離においての太陽系外縁部を着ている太陽風の低い密度が冥王星の軌道のまわりに集中させられた中立のガスのドーナツ、あるいはトーラス、の形成を可能にすることができたということです。
チャンドラ測定が非常に近接した観察を新しい視野と合わせないことはニューホライズンズ接近飛行のような機会の利益 - そして美しさ - です。 「あなたがいつにおいてチャンスを持っているか」ひとたび冥王星においてニューホライズンズのような生涯儀礼飛行で、あなたが目標に対してすべての一片のガラス - 地球の上そして周りのすべての望遠鏡 - を向けることを望みます」ならば、 McNutt は言う. 「測定は固まって、そしてあなたにあなたが、他のどこからも、他のいかなる時間でも得ることができなかったずっと完全な写真を与えます。」
ニューホライズンズはこれらの調査結果をテストして、そしてカイパー地帯を調査して、そして2019年1月1日にもう1つのより小さいカイパーベルト目的語、2014年の MU69 、に遭遇するその最近認められた拡張されたミッションの一部としてこの遠い地域 - 地球から何十億というマイル - にさらにもっと多くのライトをあてる機会を持ちます。 それは MU69 からX線を発見するために実行可能であることがありそうもありません、しかしチャンドラは新しい地平線がそれが MU69 に向かってカイパーベルトを通して飛ぶ(とき・から・につれて・ように)観察するであろう他のより大きい、そしてより近いオブジェクトからX線を発見するかもしれません。
Laurel 、メリーランド、のジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所(APL)は探査機ニューホライズンズを設計して、作りました、そして操縦して、そしてNASAの「サイエンス」のミッション理事会のためにミッションを管理します。 ハンツビル、アラバマ、のNASAのマーシャル宇宙飛行センターはNASAの「サイエンス」のミッション理事会のためのチャンドラプログラムを管理します。 ケンブリッジ、マサチューセッツ、のスミソニアン Astrophysical 観測所はチャンドラの科学とフライトオペレーションをコントロールします。
対話型のイメージ、ポッドキャストと見解が利用可能な存在しているビデオ:
http://chandra.si.edu
もっと多くのチャンドライメージ、マルチメディアの、そして関連した資料のために、訪問してください:
http://www.nasa.gov/chandra

マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を持っていて、天体物理学のためのハーバード - スミソニアンセンター(CfA)はスミソニアン 天体物理学の観測所とハーバード・カレッジ観測所の間の共同の協力です。 CfA 科学者は、6つの研究階級の中に組織化されて、宇宙の起源、進展と究極の運命を調査します。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナラ ジャングルの法則に出... | トップ | ユンジョのインスタグラム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

太陽系外縁部」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。