猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

粘弾性の土星コアと ミマスの拡大する軌道長半径

2016-12-13 20:45:33 | 土星系
地球の自転が月を加速して遠ざけるみたいに土星のコアの回転がミマスを遠ざける。以下、機械翻訳。
粘弾性の土星コアと ミマスの拡大する軌道長半径で周波数依存型の潮汐の消散

(2016年12月12日に提出しました)
文脈:消散に関して土星で、通常、土星の品質ファクターQによってパラメータ化されていて、従来の見積もりと土星の内部の衛星の 天文位置 観察から得られた最近の決意の間に差が残っています。 もしサターンの消散が 天文位置 観察が示唆するのと同じぐらい大きいなら、 ミマス は土星によって及ぼされた潮の 回転力 のために速く移住するでしょう。 このような場合軌道のそのイニシャルは同時の軌道の中に、あるいは軌道の進化モデルを否定している土星のロッシュ - 限度以内でさえ置かれるでしょう。
目的:単純な構造物モデルを使って、そして土星の核心が 粘弾性であると考えて、我々は両方の最新の観察でそして Mimas の軌道の移住と一貫している消散モデルを提案します。
方法:我々は観察された 土星の消散と一貫している厳格と粘性の範囲を計算しました。 制限された 流動的な パラメータの中で、 Mimas の最初の半主要な軸は土星のコアで消散の周波数依存を考えると、計算されました。
結果:もし固体のコアの粘性が観察された消散を生み出すより低い境界の近くでk - ~ {2s} / Q_s - であるなら、^{-5})、 Mimas が同時の軌道の外(に・で)状態でいることができる 4x10 と45億年の進化と Saturnian Qのためのロッシュ限度は10^4より小さくなります。
結論:頻度に依存する 粘弾性の消散的なコアに関しては、観察された 土星消散のより下方境界は Mimas の軌道の拡大と一貫し得ます。 このモデルで、 Mimas の遅い編成の仮定は、最近論じられて、必要とされません。

ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護の日 記念公演その2 | トップ | ユンジョ誕生日おめでとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

土星系」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。