猫と惑星系

押し記事 発見された系外惑星の意外な分類。 惑星系、探査機の翻訳他、宇宙少女、ELRIS、花の写真を掲載。

地球最後の生命体

2017-07-16 09:35:38 | 宇宙生物学
ゴキブリよりもクマムシの方がしぶとい。小惑星が地表を剝がそうが、超新星が海洋を蒸発させようが、クマムシは生き残るらしい。以下、機械翻訳。
地球の上の最後の生存者
リリース No. :2017-21
リリースに向けて:2017年7月14日金曜日 - 午前9時45分

マサチューセッツ州ケンブリッジ -
新しいオックスフォード大学協力によれば、太陽が死ぬまで、世界の最も破壊できない種、 クマムシ 、同じく水熊として知られている8脚のミクロ動物、が生き残るでしょう。
科学的な報告書で発表された新しい研究はごく小さい生きもの、がすべての天体物理学のカタストロフィーから絶滅の危険から生き残って、そして少なくとも100億年間存在するであろうことを示しました - 人類よりはるかに長くて。
たくさんの注意が天体物理学のイベントが人命に与えるであろう激変をもたらす影響に与えられたけれども、それが クマムシ を殺して、そしてこの惑星での生命を抹消するために何をするであろうかについて、極めて少ししか発表されませんでした。 研究は一般的なその地球での生活を暗示して、太陽が輝き続ける限り、拡張するでしょう。 それは同じく生命が出現する途端に、それが驚くほど弾力性があって、そして、他の惑星での生活の可能性を開いて破壊することが難しいことを明らかにします。
クマムシ は最もタフで、最も回復力がある形の食物あるいは水なしで最高30年間生き残って、そして最高150度(セ氏)の温度両極端、深海とスペースの凍りついた真空にさえ耐えることが可能である地球での生活です。 水に住む micro 動物は最高60年間生きて、そして最も良く顕微鏡の下で見られた0.5ミリの最大大きさに成長することができます。
オックスフォードとハーバード - スミソニアンセンターの大学からの研究者が天体物理学のために、それらが決して世界の大洋から離れて煮えくりかえるのに十分強くないでしょうから、これらの生命体が多分、小惑星のような、すべての天体物理学の災難から生き残るであろうことに気付きました。

3つの可能性があるイベントが(彼・それ)らの研究の部分であると考えられました、それは下記を含みます;大きい、そして爆発している小惑星影響が超新星あるいはガンマ線バーストのかたちで主役を演じます。

小惑星
たくさん(2x10^18 kg)沸騰するのに十分な大量にただ1ダースの周知の小惑星と小型の惑星だけがあります、どんなにこれらのオブジェクトのいずれも地球の軌道を横切って、そして クマムシ に対する脅威とならないであろうとしても、これらは(Vesta 2x1020 kg)と冥王星(1022キログラム)を含みます。

超新星
大洋を沸かすために、爆発している星が0.14光年離れている必要があるでしょう。 太陽への最も近い星は4光年離れています、そして、太陽の生涯以内に、それの上の生命のすべての形式を消すのに十分地球に近い爆発している大質量星の蓋然性は取るに足りません。

ガンマ線バースト
ガンマ線バーストは超新星より明るくて、そしてもっとまれです。 超新星とほとんど同じように、ガンマ線バーストは実行可能な脅威であると思われるにはあまりにも地球からはるか遠くにあります。 沸騰することが可能であるために、爆発が何光年も離れている40を越えないために必要とするであろう世界の大洋とそれほど近く起こっている爆発の可能性は、再び、マイナーです。

ラファエル・アルヴェス・バティスタ博士、オックスフォード大学においての物理学科での共著者と学位取得後の研究員、は「我々を保護している我々の技術なしで、人が非常に微妙な種類であると言いました。 我々の環境の微妙な変化が劇的に我々に衝撃を加えます。 地球の上に多くのいっそう回復力がある種がいます。 この惑星での生活が、人がいなくなっているずっと後に、続くことができます。
「クマムシ はそれが地球を入れるのと同じぐらい近いから破壊できません、しかし世界のほかのどこかに他の回復力がある種例があることは可能です。 この文脈に一般的な太陽系の火星の上にそして他のエリアで生命を探す本当のケースがあります。 もし クマムシ が地球の最も回復力がある種であるなら、ほかに何か知っている人はそこにいます。」
デイビッド・スローン博士、オックスフォード大学においての物理学科での共著者と学位取得後の研究員、は「多くの前の仕事が地球 - 人類を消滅させることができた超新星のような天体物理学のイベント - で「最後の審判の日」のシナリオに焦点を合わせたと言いました。 我々の研究はその代わりに最も丈夫な種 - クマムシ - を考慮に入れました。 我々が今我々が系外惑星を見た天文学の段階に入っていて、そしてまもなく spectroscopy を行なうことを望んでいるとき、生命の署名を探して、我々はこの最も頑健な生命がただどれぐらいもろいか見ようとするべきです。 驚いたことに我々は、近くの超新星あるいは大きい小惑星影響が人々のために大惨事であるであろうけれども、 クマムシ が影響されなくあり得たことに気付きました。 そのために生活が、それが行ってようになる途端に、完全に抹消することが難しいように思われます。 種、あるいは部類全体さえの莫大な数は絶滅するかもしれません、しかし生命が全体として続くでしょう。」
一般に生命の回復力を強調することにおいて、研究は地球の向こうの、この太陽系の内と外の生命のスコープを広げます。 アブラハム・ローブ教授、ハーバード大での天文学課の共著者と議長、が言いました:「住むに適した惑星からあらゆる形態の生活を排除することは難しいです。 火星の歴史はそれがかつて、極端な条件の下でではありますが、生命を支持することができたはずである大気を持っていたことを示します。 クマムシ としての放射能と温度への類似の耐性を持っている生体がこれらの状態で表面下に長期を生き残ることができました。 Europa と Enceladus に関して、存在すると信じられる表面下の大洋は クマムシ が見いだされる地球、光を欠いた環境で熱を供給している火山の抜け口の深い大洋に類似している状態を持つでしょう。 このような場所での極限環境微生物の発見は他の星の周りに惑星で存在する生命の条件の範囲をかっこでくくることにおいて重要な前進でしょう。」
この作品を詳述しているペーパーが自然の出版社から、2017年7月14日に科学的な報告で、開いている、オンラインジャーナルのように見えて、そして https://www.nature.com/articles/s41598-017-05796-x において利用可能です。
マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を持っていて、天体物理学のためのハーバード - スミソニアンセンター(CfA)はスミソニアン天体物理学 観測所とハーバード・カレッジ観測所の間の共同の協力です。 CfA 科学者は、6つの研究階級の中に組織化されて、宇宙の起源、進展と究極の運命を調査します。

ワード:water bear クマムシ Tardigrade
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イ・ホンギのKiss the Radio... | トップ | 釜山のファンサイン会エリス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL