Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【くるま】自動車誌NAVI 休刊の衝撃。

2010-01-07 | くるま。



ある意味、ieを作り上げた罪づくりな(汗)本、
二玄社の自動車雑誌、「NAVI」が2/26発売の4月号で休刊するとのニュースが入ってきました。


正直、びっくりです...。



不景気がゆえなのか。


書籍として魅力がなかったからなのか。


自動車趣味の縮小を体現しているのか。


クルマが売れない時代だからなのか。




実のところ、NAVIに関してマニアと称してもいいくらい耽読していたのは
1989年(高校生だ...いやな高校生だw)から1990年代中葉なので、そんなに長くは無いですし、
毎月買わなくなってもう10年以上もたつことになります。


そう思うとNAVIが休刊しても、さして生活に変化は無いのが悲しいところではありますが。



毎月必ず買っていて、発売日がすごく楽しみで、
買ったら期待を裏切らないほど記事が面白かった、NAVIに脂が乗っていたあの頃。


正しい批評の目線で記事を掛けないメーカーのちょうちん持ちのような記事や、
ファッション誌と見まごうような広告もなく、
徳大寺、舘内、大川氏のNAVI TALKの内容も冴えにさえていました。




単なる自動車オタク雑誌にとどまらなかったのは、
ライフスタイルなど記事は無かったにせよ、クルマと文化を結び付けて
なぜその国のクルマはそのような考え方で作られるようになったのか、といった
「クルマが生まれた背景」まで踏み込んでいたことだったと思います。
それは、いまなお他の自動車雑誌の外国車記事には出てくる事はないように感じます。




それにしても当時のNAVIは本当に面白かった。
いま思い出しても、あまたの記事がまぶたの裏に浮かんできます。


下野康史氏の比較記事。
手製?のマネキン「計子ちゃん」で車内の広さを測ってたり...懐かしい...。



珠玉の特集といえば、「嗚呼人生グランドツーリング」という号。
福野礼一郎のキャノンボールの記事は一生忘れない。


フランス車の特集も数年おきに発刊されて、
特に思い出深いのは1994年4月号の「自由!平等!友愛!フランス車」です。
フランス車の奇妙さをわかりやすく説明した名特集だったと思います。
実は拙HP(すっかり更新してない...汗)も、これらNAVIからのインスピレーションを多分に受け、
文章の傾向、内容の多くを参考にさせてもらいました。




平凡に映ったルノーラグナも、
乗ってみればその本質は大川氏がこよなく愛したルノー16となんら変わらないのだ、
最近のフランス車がつまらないというのは間違っている、
なぜなら、あの当時(504やルノー16が生産されていた時)
もこうしてラグナのようなファミリーカーでパリは埋め尽くされていたのだ、
少なくとも、フランス人にとっては当時も今も、何も変わらないのだ...

という珠玉の記事...。
こういう、記憶に残る記事が最近の雑誌には無いように思うのです。






とにもかくにも、NAVIという雑誌は
いまのieのクルマ趣味、いや考え方、いや行き方さえも決定づけたと言っても過言ではありません。

フランス車で遠くに行くこと。
クルマに対する審美眼や、趣味嗜好。
エンスー(@渡辺和博氏...も亡くなられましたね)という言葉への憧れ。
軽妙朱悦なライターさんの記事。
巻末の○×批評の面白さ...。
プジョー505を、「クルマが好きなのに好きじゃないふりが出来る」なんて視点、
NAVI以外の自動車誌ではお目にかかれなかったでしょうw





>>内部のドロドロ、二代目編集長のイデオロギー的発言など問題もあったかと思います。
でも、それがむしろ逆に、NAVIにいろんなところに風穴を開けんほどの勢いと記事のパワーを与えていたように思えます。

>>現在、NAVIの魂は二代目編集長が別の会社で創刊したENGINEに多少感じることが出来ますが、
それでもieはそのENGINEもほとんど買いません。NAVIも、フランス車特集以外は買っていません。
その理由は、自動車趣味が自分の中で固定化されたから、というだけではないように思えます。


※ご指摘いただきました編集長の着任の間違い(初代ではなくて二代目)、修正いたしました。ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【シトロエンC5】LDS漏れ第2... | トップ | 【セダン蒐集癖】Vol.211 デ... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mine)
2010-01-07 02:14:53
こんばんわ。
読んでいた時期も読まなくなった時期も
フランス車特集だけ買っていたのも全く同じです!w

私的には「ちょっと古いクルマ」特集が一番好きでした。この特集の号だけ古本屋で漁ってこようと思います。
Unknown (さとたく。)
2010-01-07 04:15:26
同じく「1994年4月号」手元にあります。つーか今でも体をひねるとすぐ手に取れる位置に・・・この号を読んで「よし、この世界に足を踏み入れよう。」そう思ったモノでした。

NAVIも、ちょっと毛色が違いますがtipoなんかも、結局2.3年に一度同じような特集がぐるぐる回ってくるようになって、買わなくなってしまいました。
Unknown (代行ハミちゃん)
2010-01-07 04:51:17
余計な事かもしれませんが、大川悠氏がNAVIの初代編集長ですよ。
鈴木正文氏は二代目編集長です。

NAVIはさよなら2CV特集(2CVのフランス本国生産終了に関連して組まれた特集でした)の号から鈴木編集長退任の号まで読んでおりました。
ショックです.. (《》 nek)
2010-01-07 08:02:35
昨日このニュースを知りましたがいやー
残念ですね。

ieさんの記事を読んでいて、思えば僕の車好きの方向も、結構NAVIの影響を受けているんではないかと思いました。いつから読み始めたかは思い出せませんが、小学校高学年頃からだったと思います(笑 毎月購読まではしていませんでしたが、立ち読みして気に入ったら、度々買っていました。子供によってはCGよりちょっと買い値段だったってのもありますかねw
懐かしいw  (Gu)
2010-01-07 09:06:15
わぁ、懐かしいNAVI!
ボクが購読していたのもこの頃です。面白かったですよねぇ~毎月楽しみにしてました。

自分のブログでも取りあげようとは思っているのですが、ボク的にはNAVIは自爆したと思っています。不景気のせいなんかではありません。
10年ほど前から、文化人ぶったような記事が目立ちだしたような気がします。読者と同じレベルに立ってくれてたのが、なんだか見下されてるような感じがしました。最近は戻りつつあるようで、数冊購入しましたが・・・。

当時の神保町の二玄社の1階にバックナンバーを直接買いに行ったのが懐かしい・・・そういえば、朝日新聞社も以前同類の自動車雑誌出してませんでしたっけ?あぁ名前が出てこない・・・。
NAVIメンバーで鉄道雑誌作って欲しいな^^;
同じく高校生より (いぬの)
2010-01-07 09:15:08
愛読誌であり 多大な影響受けてましたが
ここ2年くらいは立ち読みですら手に取らなく
なってしまいました

☆☆
アメリカンビーフのベッド

だったかな巻末の○×批評
ビュイックリーガルエステートを
購入したのはNAVIからの影響です
(当時から新潟でアメリカ西海岸文化は
再現不能と断言してたワタクシ)

「クルマが生まれた背景」に
やたら拘るようになってしまったのも
この雑誌の影響も大ですが
その影響で一生楽しめる趣味が持てた事
当時のNAVIには感謝してます
S氏は二代目でしたね(汗 (ie)
2010-01-07 09:20:49
mineさま>
>読んでいた時期も読まなくなった時期も

>「ちょっと古いクルマ」特集
あー、NAVIといえば、の大事な特集ですね、それ!忘れていました(涙
実家にあるかなあ...あされば出てくると思います~

さとたく。さま>
>今でも体をひねるとすぐ手に取れる位置に・・・
同じくですw なのでボロボロ...
仏車はフランス人のアンファンテリズムがつくったのだ、などのくだりとか、ほんとに秀逸です。

代行ハミちゃんさま>
>大川悠氏がNAVIの初代編集長ですよ。
たいへんお恥ずかしい...そうですよね。
敬愛する大川氏が初代でした。さっそく本文修正しました。ありがとうございます。

《》 nekさま>
>結構NAVIの影響を受けているんではないかと思いました
クルマの楽しみ方として、雑誌で言えばカーマガほどコアじゃないし、
さらっと乗りつつも(クルマに詳しくない人にはクルマ好きに見えないような感じ)、
実はこころはどっぷり、みたいなポジションのまわり方に、NAVIの影響を受けたと明言する方多いです。

Guさま>
>ボク的にはNAVIは自爆したと思っています。記事に首肯できるようなものも少なかったですしね。
ライター層の厚みとか、いろんな要素があの当時のNAVIを面白くしていたのでしょうね。
そうです、リーガルはそれでしたw (ie)
2010-01-07 09:23:42
いぬのさま>
>アメリカンビーフのベッド
ひとことでそのクルマを言い当てるあの○×大好きでした。
>「クルマが生まれた背景」に
やたら拘るようになってしまったのも
そうなんですよね。それがあるから外国車は面白いのに、
その点に触れないメディアのいかに多いことか...。
青春のひとつ (LANDY)
2010-01-07 11:24:29
こんにちは。コメントたくさんですね。

私も高校生のころから読んでました。このときはもう大川さんが編集長をされていましたが、一歩先ゆく自動車感を求めた内容に毎月感嘆していました。フラ車好きになったのも、大川さんの影響大です。

最近は広告記事が増えていたので、厳しいんだろうな、とは思っていましたが、このタイミングで休刊とは思いませんでした。
驚き (CAMERA)
2010-01-07 19:13:16
NAVIの休刊、今、ieさんのこちらのブログで知りました。
驚きました。自分も何冊か持っていて、たまに読み返したりしています。
残念な気持ちです。
残念です (こぶらん)
2010-01-07 19:38:21
個性的な本が生き残れないこのご時世、悲しいですね。
でも、没個性な車ばかりが売れる日本だから仕方ないのでしょうか。

A-carsはいつまでもつか。。。
おんなじ気持ち (プレネル)
2010-01-07 21:49:10
NAVI休刊・・・ただもう残念で・・・

発売日が待ち切れなかったあの頃のNAVIを読みながら、山中湖のギャラリーアバルトで車談議をしていた時代が懐かしいです。

ここ最近のNAVIは確かに読む気になりませんでしたが、それでもやはり気になってしまう。
そんな存在の雑誌が無くなるのは、ただただ残念です。
Unknown (そらまめ)
2010-01-07 22:02:53
学生の頃、チンクエチェントに乗っていた先輩の家に泊まりにいったら、
NAVIが当然のように並んでいました。
当時の私はCGばかり読んでいたオタクでしたが(今もあまり変わらない)、
その先輩というよりもむしろNAVIと出会って価値観が変わったような気がします。
(といっても、未だにCG的価値感に憧れ、NAVIは遠い世界に感じていますが。)
NAVI的な生き方って、そう簡単ではない気もするし、
やっぱお金ないと厳しいなあとか、センスとか、経験とかないと着いていけない気がするし、
そんな価値観がきっと、飽きずに読み続ける魅力だったんだなって、あらためて考えました。
CGだけは、続いて欲しいです。
急にいとおしくなって・・ (Gu)
2010-01-07 22:59:31
今出てるNAVIを立ち読み(←この時点で・・汗)したのですが、来月号からNAVIのロゴを換えて、編集長も変わるそうです・・・断末魔の改革だったんでしょうねぇ・・・。皆さん寂しがってますけど、きっと復活すると思いますよ^^;あの時のNAVIで帰って来てくれれば毎月購入したいです~。
Unknown (ぱとらしゅ)
2010-01-07 23:00:17
一昨日のニュースで知りました>休刊

ワタクシも,車に乗り始めた93年頃から読み始めたクチで
フレンチに染まることはなかったのですが
結局乗り続けているスバルをはじめとして
当時のマイナーしかし良心的な国産車をも多く扱っており
(徳大寺先生がE24キャラバンを試乗したりして驚いた)
またそれ以外の様々な記事など,明らかに
他の雑誌とは違ったセンスに感化され
惚れ込んだものです.

最近の本屋を見ても,ここまで高尚に自動車を扱った雑誌は見当たらず
時代が変わったんだと思わされます.

肩身が狭くなる思いです
クルマ趣味の意志をついで頑張ります。 (ie)
2010-01-08 00:32:41
と、大げさに宣言してみる...(汗

LANDYさま>
>一歩先ゆく自動車感を求めた内容に毎月感嘆して
そうなんですよね。名特集、名文、忘れられない号。
そんなものがある自動車雑誌ってすごいです。

CAMERAさま>
>自分も何冊か持っていて、たまに読み返したりしています
ワタシもずいぶん処分してしまいましたが、これは!というものは残し、読みふけっていました。

こぶらんさま>
>でも、没個性な車ばかりが売れる日本だから仕方ないのでしょうか
自動車はもとからなんでもいいという人が多いなかで、さらにクルマ自体が家電化まっしぐらですものね。趣味の対象ではなくなってきたのは悲しいことです。
クルマはその人のあらわす、最後の衣服なのに...。

プレネルさま>
>発売日が待ち切れなかったあの頃のNAVIを読みながら、山中湖のギャラリーアバルトで車談議をしていた時代
いやー目に浮かびます、その光景!
>ここ最近のNAVIは確かに読む気になりませんでしたが、それでもやはり気になってしまう。
まったく同感です。買わなかったけど、目を通さなかったことは一度もありません。
Unknown (ie)
2010-01-08 00:39:36
そらまめさま>
>NAVIと出会って価値観が変わったような気がします
とっつきにくいところと、親しみのあるところの硬軟のバランスが良かったのですよね。
いろんな価値観の人が読んでも面白いんです。
>CGだけは、続いて欲しいです
ほんとです。CGが無くなったら、日本の自動車趣味の何かが壊れます...。

Guさま>
>来月号からNAVIのロゴを換えて、編集長も変わるそうです
そうみたいですね...これから期待していたのですが。最近は昔ぽい記事も多かったので、残念でした。

ぱとらしゅさま>
>当時のマイナーしかし良心的な国産車をも多く扱っており
なんというか、良識的だったのですよね。
でもなぜかNAVIが褒めると売れないんですよね、日本車...マキシマ、アプローズ、いろいろ思い出します(涙
残念 (○ほ○)
2010-01-08 00:46:15
NAVI休刊ですか。
唐突すぎて言葉が見つかりません。
ただただ残念・・・。

現在の編集部員に、昔の職場で肩を並べて一緒に仕事をした人がいます。
彼の今後の活躍を祈ります。
残念ですね (EVE)
2010-01-08 07:24:44
>プジョー505を、「クルマが好きなのに好きじゃないふりが出来る」なんて視点、
NAVI以外の自動車誌ではお目にかかれなかったでしょうw

いやー これには参りました。
プジョー505購入の指針にもなりましたっけ。
一時代を築いた雑誌 (オクラ)
2010-01-09 02:42:12
それこそ2CV乗ってた時代はバイブルでした。
画像の「フランス車特集」は切り取って、今でも保存版です。
NAVI TALKも「良心とセンス」があって良かったですね。
輸入車ひいきとか言われてましたが、
ビートやアバロンなど、通好みな国産は褒めてましたね。
自分の感覚とも近いものがありました。

今は保存版にしたい雑誌ってなかなかありません。
NAVI以外ではマガジンXの総括は良心があると思います。
あとは高速有鉛が最後の砦かも(笑)
創刊時、社会人1年生でした (yasu)
2010-01-09 02:53:11
このニュースは、ちょっとショックでした。
クルマ趣味に結構大きな影響を受けただけに、残念です。
写真の大川さんのラグナ1の記事は、僕が買う時、何度も読み返しました。Laguna購入の最後の一押しの記事でした。


同様の方が多くいらっしゃるようで、ブログに書かれている方多いですね。
僕の日記はmixiに。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1383104669&owner_id=13495714
私も愛読者でした (獅子丸)
2010-01-09 10:25:15
私も、この本に育てられたクチです。
’84年からの10年間くらいは、本当に「NAVI」の黄金期だったですネ。
かつての「NAVI TALK」には、クルマを評価する切り口の斬新さのみならず、クルマに対する愛情がふつふつと感じられたものです。特に、大川さんが中和剤的な役割を果たしておられたのが印象的です。
その他、フランス車の特集記事や、下野康史さん、今尾直樹さん、松本葉さん等のライター陣も素晴らしかった・・・
ああ、数年前に廃棄してしまったバックナンバー。捨てる決断をしてしまった自分を、大いに恨んでいます。
最初に手にしたNAVI (とく@Twingoな日々)
2010-01-09 14:09:28
ワタクシも初めてNAVIを手にしたのは高校生の頃。
CGTVの視聴者プレゼントで貰った1冊でした(笑)。
思えば、下野さんの国別イッキ乗りシリーズで、伊仏英のマイナー車のことをあれこれ知った気がしますなあ。
クルマメディアの世界、相当ヤバいです。他人事じゃないのよコレが・・・
Unknown (ie)
2010-01-09 22:59:52
○ほ○さま>
>現在の編集部員に、昔の職場で肩を並べて一緒に仕事をした人がいます
編集をされていた方々はどうなっちゃうんでしょうね...
他の雑誌?同じ社内で違う冊子の編集なのでしょうか。木になりますね...。

EVEさま>
>いやー これには参りました。
これ以外にもアルピーヌV6を「官能移動体」とか書いてましたよね。最高!

オクラさま>
>バイブルでした。
そうですね、バイブル!そのいい方はぴったりです。
>輸入車ひいきとか言われてましたが、
そうなんですよ、国産もちゃんと評価していたのですものね。
>あとは高速有鉛が最後の砦
高速有鉛、最近読みふけりですwあれは面白い!

yasuさま>
>写真の大川さんのラグナ1の記事は
大川さんの記事は記憶に残るものが多いんですよね。CGのADIEU DSも秀逸です...。

獅子丸さま>
>クルマに対する愛情がふつふつと感じられたものです。
そうなんです!性能指数やサーキットを何分で回れるかを競った雑誌よりも、よほど未来を危惧し、提案をしていました。
NAVIは、その思いで市場を、ユーザーを変えることが出来ないまま、時代に負けてしまった...さみしいです。

とく@Twingoな日々さま>
>思えば、下野さんの国別イッキ乗りシリーズ
カバタさんの記事も好きでした。最近ですが鉄道以外の運転の記事も面白かった。
>クルマメディアの世界、相当ヤバいです
そ、そうなのね、やっぱり...。でもBC誌とかでFT86に期待!とか書いているのを見ると、危ないなあ...って思いますよね...。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
NAVI休刊 (from X to G)
既に多くの方が記事にしていらっしゃいますね。 共通しているのは、昔は読んだけど今
さようならNAVI. (【平   凡】)
クルマ雑誌「NAVI」の休刊が発表されてから1週間くらい過ぎたでしょうか。ニュースを見た時は驚きでした。ボクが高校生の頃、おそらく最盛期であったろう頃の「NAVI」を毎月購入しては読んでいました。ホント、毎月楽しみでしょうがなかった。 子供の頃からクルマが好き...