ホトケの顔も三度まで

ノンフィクション作家、探検家角幡唯介のブログ

吉田勝次さんとのトークイベント「『地球探検』大放談!」

2017年06月14日 21時31分02秒 | お知らせ
『洞窟ばか』の著者で、クレイジージャーニーの出演などでおなじみの探検家吉田勝次さんとのトークイベントが新潮社ラカグであります。

このブログでもすこし紹介しましたが、吉田さんとは旧知の仲。その昔、新聞記者時代に富山支局在任中、吉田さんが黒部峡谷の洞窟探査にやってきて、その同行取材をさせてもらったことがあります。これまでに私は人生で何人か、決して忘れることのできない強烈なキャラクターの人物にあってきました。たとえば大学卒業後に参加したニューギニア遠征隊の藤原さん、あるいはシオラパルクの大島さん。吉田さんもその一人で、たった一度の邂逅ではありましたが、そのときの映像がガンコな油汚れみたいに今も頭の端っこのほうにこびりついて離れません。

フィールドは異なりますが、同じ探検家同士、地球の未知の魅力を語り合いたいと思います。一応、吉田さんの本の刊行記念なので、私のほうが聞き役的な感じかな~と想像してます。

7月5日午後7時~8時半。2000円。サインもあります。

イベント詳細とチケット販売はこちら。https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ra1xyxakbn.html

以下、上記サイトからコピペしたイベント詳細です。

---------------------------------------------------

2017/7/5(水) 19:00~2017/7/5(水) 20:30
イベント受付開始時間 2017/7/5(水) 18:30~
la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko


国内外で1000を越える洞窟に挑んできた洞窟探検家の吉田勝次さん。初めて洞窟に入ったのは28歳のとき。完全な暗闇と洞窟が持つ強烈なパワーに圧倒され、「自分がやりたかったのはこれだ!!」と、洞窟の魅力にとりつかれてしまったといいます。
 その後、未踏の洞窟を発見しては挑む「洞窟病」は重症化の一途をたどり、A4サイズの隙間があれば体を押し込み、ロープ1本で400メートルの縦穴を下る……。何度も死にそうな目に遭いながらも奮闘する姿は、TBSテレビ「クレイジージャーニー」などでも取り上げられ、観る者を驚かせています。

 そんな吉田さんと対するのは、探検家かつノンフィクション作家の角幡唯介さん。チベットのツァンポー峡谷の奥地で何度も死にかけ、雪男を探すためヒマラヤ山中に60日間潜み、あるいは凍傷にかかりながら北極圏を走破するといった壮絶な体験を綴った数々の作品で、大宅賞をはじめ、数々の文学賞を受賞されています。

 常人には理解できない境地へと向かっていく吉田さんと角幡さん。いったい何が、二人を駆り立てるのでしょうか。モチベーションから探検テーマの決め方、絶対絶命のピンチから生還できた理由、はたまた大きな声では明かせない話まで、大いに語っていただきます。



※トーク終了後に吉田勝次さんの『洞窟ばか』、角幡唯介さんの著書へのサイン会を開催いたします。書籍は会場でも販売いたします。なお時間の都合上、書籍は1著者につき1冊とさせていただきます。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。



******************************

プロフィール
吉田勝次(よしだ・かつじ)
1966年、大阪府生まれ。洞窟探検家。(有)勝建代表取締役、(社)日本ケイビング連盟会長。洞窟のプロガイドとして、テレビ番組での洞窟撮影、学術調査、研究機関からのサンプリング依頼、洞窟ガイド育成など、洞窟に関わるすべてを請け負う。洞窟をガイドする事業「地球探検社」、洞窟探検チーム「JET」、洞窟探検プロガイドチーム「CiaO!」主宰。

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)
1976年、北海道生まれ。ノンフィクション作家、探検家。早稲田大学探検部OB、元朝日新聞記者。著書に『空白の五マイル』『雪男は向こうからやって来た』『アグルーカの行方』『探検家、36歳の憂鬱』『探検家の日々本本』『旅人の表現術』など。近著『漂流』は自身の体験ではなく沖縄の猟師の人生を追い、新たな境地を開く。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官房長官会見に期待すること | トップ | 書評とかホサナとかメコン&... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む