ニューヨークの想い出

ニューヨーク生活20年間の想い出を書いていこうと思います。

3532、2週連続

2017年10月31日 | Weblog
週末の28、29日は台風22号の影響で大荒れでした。
先週末に続いて、2週連続の台風でした。
予報ではは、30日(月)も雨でしたが、秋晴れでした。
関東地方に近づいて速度を上げ、時速100キロで北上しました。
30日は北風が強く、東京と近畿で木枯らし1号が吹きました。

22号は日本列島を沿うように北上しました。
先週の21号と同じようなコースです。
15日(日)も雨でした。
日曜テニスは3週連続で中止。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3531、偽100ドル札

2017年10月30日 | Weblog
今月、東京都内の外貨を両替できる店で、極めて精巧に偽造されたアメリカの100ドル紙幣が相次いで見つかりました。
外貨を両替できる金券ショップ4か所で、数十枚に上るということです。
わずかな手触りの違いに従業員が気付いたそうです。
極めて精巧な偽札で、気付いていない店もあると見られます。

見た目は本物とほぼ同じですが、中央にある青い帯の模様の見え方がわずかに異なるほか、右下の図柄に紫外線をあてると黄緑色に変色することが確認されています。
以上はNHKニュースより。

日本では米100ドル札は馴染みがないと思います。(他の紙幣も)
アメリカでも100ドル札はあまり使われません。
大きな買い物をするときはチェックやカードでします。
私がニューヨークにいた頃は小売店で買い物するとき、100ドル札を出すと怪しまれました。
店員が「ちょっと待ってください。」と奥に行って、店長に確認しました。
当時は偽札も多く出回っていました。
偽造防止のための最新技術が施されたものが4年前から発行されています。
それでも偽札は作られるようです。
昔は給料を受け取ったり、電気代などを支払うときはチェックでした。
最近は振り込みも多くなったようです。
ネットで買い物するときはカード。
「132、ニューヨークのお店」、「270、アメリカ人はチェック好き」、「2479、恐るべしアマゾン」などを参照
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3530、あと1000日

2017年10月29日 | Weblog
28日、東京オリンピックまで1000日となりました。
昨日は各地で1000日前のイベントが行われました。
新国立競技場やエンブレムなど、ドタバタもありましたが月日は過ぎていきます。
マラソンコースがほぼ決まりました。(新国立競技場→浅草で折り返し→新国立競技場)
いまいち盛り上がらなかったムードでしたが、1000日を切って意識も高まりそうです。
東京タワーもライトアップされました。
東京五輪音頭2020」はあまり聞こえませんが。
開幕までの日数を示すカウントダウンボードが披露されました。

ボードを披露する小池都知事ら。
小池氏は都知事だったんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3529、全面公開は先送り

2017年10月28日 | Weblog
トランプ米大統領は26日、ケネディ大統領暗殺事件(1963年11月)に関する非公開資料の公開を指示しました。
しかし、全面公開は先送りされ、一部は機密扱いのままです。
先送りされた資料に真相解明に繋がるものがあるのか?
あまりに重要過ぎて公開できないのか?
暗殺50年目の2013年には「50年目の真実」なるものが多く報道されましたが、新しい情報はありませんでした。
真相は依然やぶの中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3528、プロへ

2017年10月27日 | Weblog
プロ野球ドラフト会議が26日行われ、高校通算最多の111本塁打を放った早実・清宮幸太郎内野の交渉権を日本ハムが獲得しました。
巨人、阪神、ヤクルト、ソフトバンク、日本ハム、楽天、ロッテが1位指名し、史上2位タイの7球団が1位指名する競合でした。
過去最多は8球団に指名された1989年の野茂英雄投手(新日鉄堺)、1990年の小池秀郎投手(亜大)の2度あります。
高校生としては1995年、福留孝介選手(PL学園高)以来最多タイ。
日本ハムの大谷選手は来季大リーグに挑戦する可能性が高く、清宮内野手が日本ハムに入団すれば北海道は盛り上がるでしょう。

今夏の甲子園大会でホームラン6本の新記録を達成した広陵高校の中村奨成捕手は、地元広島が交渉権獲得。
今年は高校、大学、社会人の有望選手114人(育成選手を含む)が指名されました。
その多くがプロ野球の道に行きますが、プロで活躍できるかは?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3527、ドジャース先勝

2017年10月26日 | Weblog
24日(日本時間25日)、MLBのワールドシリーズが始まりました。
ナショナルリグ優勝のドジャースとアメリカンリーグ優勝のアストロスの対戦です。
7回戦制で、先に4勝した方がワールドチャンピョンになります。
初戦はドジャースが3-1で勝ちました。
ドジャースにはダルビッシュ有投手前田投手がいるので2戦目以降の活躍を期待。(初戦は出番なし)

ドジャースタジアムでの試合前(ドジャーブルーで染まる)

7回裏のドジャース攻撃前に‘God Bless America’と‘"Take Me Out to the Ball Game"(私を野球に連れてって)が歌われました。(‘National Anthem’は試合前に歌われた。)
‘God Bless America’アメリカの第2の国家と言われています。
アメリカ国歌‘National Anthem’は難しくて歌えませんが‘God Bless America’はアメリカにいるときよく歌ったので、今でも歌詞を覚えていて歌えます。

球場全体で‘Take Me Out to the Ball Game’を歌う

マジック・ジョンソン氏(左)とトミーラソーダ氏(右)が一緒に観戦していました。
ジョンソン氏は元NBA(プロバスケットボール)のスーパースターです。(ロサンゼルス・レイカーズで活躍)
1991年にHIVに感染したことを公表し、世界中のメディアで大きく報道されました。
現在、実業家として大成功しているそうです。(52歳)
トミーラソーダ氏(90歳)は1976 – 1996の21年間ドジャースの監督を務めました。
野茂英雄投手がドジャースに入団したときの監督です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3526、クロマグロ資源回復

2017年10月25日 | Weblog
「大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)」が、東大西洋・地中海でのクロマグロの漁獲枠について、現在の2万3000トンを2020年までの3年間で5割拡大できるとする報告書をまとめました。
これまでに実施した漁獲規制の結果、クロマグロの資源量が回復しているためです。
クロマグロ(本マグロ)はマグロ類の中でも最高級品とされ、高級すしネタとして人気があります。
乱獲によって資源量が激減し、国際自然保護連合が絶滅危惧種に指定していて、国際的な資源管理が課題となっています。

クロマグロは主に3つの海域で管理されています。

私がクロマグロ釣りに行ったのは大西洋まぐろ類保存国際委員会(右端)管轄のボストン(赤丸)沖
1970年代後半から規制が厳しくなっていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3525、台風一過

2017年10月24日 | Weblog
22日は台風21号で1日中雨でした。

雨のケヤキ通り。(歌のタイトル?)

23日は0時頃から雨風が強くなりました。
朝6時頃雨はやみましたが風は夕方まで強く吹いていました。

Googleのストリートビューでお馴染み(?)のコスモスは倒れてしまいました。
11:00頃の風速は10キロくらい。

畑は湖のようです。

台風のような選挙戦が終りました。
終って見れば与党圧勝で、元のさやに納まりました。

*週明け23日の東京株式市場は衆院選での与党圧勝を受け、239円01銭高の2万1696円65銭と大幅に上昇しました。
15営業日連続の上昇で新記録
台風のような急落がないことを願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3524、開票0%で

2017年10月23日 | Weblog
昨日22日、衆議院議員選挙が行われ、午後8時全国で投票が締め切られました。
その直後の8時ちょうどにNHK開票報道で、
“自民党勝利”
“単独過半数確実”
“安倍政権継続”
の速報が出ました。
開票0%で約2/3に当選確実が出ました。
なぜ?
各報道機関は独自の取材や調査、分析に基づいた票読みで「当選確実」を出すようです。
電話での「世論調査」や投票所で出てきた人を呼び止めて投票した候補者や政党を聞く「出口調査」などによって判断するようです。
当確を出した候補者が最終的に敗れたことはないのか?
当確を出すのは100%確実な場合のようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3523、隣の人は

2017年10月22日 | Weblog
300万人が毎日拳銃を携帯し、900万人が少なくとも月に1回は拳銃を携帯しているとの調査結果が19日、米公衆衛生ジャーナルに発表されました。
銃携帯状況の全米レベルの調査は20年ぶりだそうです。
調査をまとめた研究者らは、米国内の銃犯罪の90%で拳銃が使われていることから、現状の把握がまず重要だと指摘しています。

道ですれ違う人の中には、懐に銃を持っている人がいるかもしれません。
でも心配しないでください。
ニューヨークにいた20年間にスラム街にも時々行きましたが、銃による危険な目にあったことはありません。
銃を見たり、ライフルを撃ったことはあります。
ライフルを撃ったのは広い農場の敷地内。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加